goo

綺麗な瞳

今日、障害者施設でお亡くなりになった方をお迎えに行きました。そこの施設は仏教系のもので入所者は60人以上です。到着したときに皆さんで園の中でお別れ会をして一人づつ焼香をして別れを惜しんでいました。最後に皆で園歌のようなものを合唱したときに私は深い感銘を受けました。

決して上手でもなく歌もバラバラでありながらも故人に対しての皆さんの思いがストレートに伝わってきたからです。確かにこの場所は健常者が生活する一般社会とは違います。彼らの行動範囲や生活形態も本当に与えられた少ないものでしかなく、一般人にはとうてい受け入れられない生活かもしれません。しかし、心の純粋性としての魂の観点から考えれば障害者の方々の方が真に輝いていのではないかと思えてくるのです。

私達はオギャーと生まれてきたら皆、天使のようにキラキラした瞳をもっています。それが子供から大人になるにつれて瞳の輝きが薄れてきます。まるで透明だった湖が汚れてしまうように。
もし大人になってもそのような目をしている人がいれば逆に不思議に思われてしまうでしょう。

「何故、あの人はあんなに子供のような綺麗な目をしてられるのだろう」と。

そういえば私を心の病から救ってくださった先生は本当に綺麗な目をしておられました。とても魅力的で吸い込まれるような瞳で「頑張れ」といわれたら、私はなんとかなると勇気がわいてきました。私を害そうつする私の中の悪魔はその瞳に見つめられると縮こまってどこかへ退散するのです。その瞳の奥底には何とも言えない強固な意志も感じられたからだと思います。

「私は負けない。どんな困難にも。人を救いたい。この道で精一杯生きて見せる」

先生はある時、私にこう言ったことがあります。
「今日はどうしても調子が悪くてめまいがするから点滴を打ってきたの」
私が「どうしてそこまで頑張る必要ないじゃないですか。お休みになったら」と心配すると「お役目だから」と一言。

そう私のような藁をもすがる思いで来られる方のために何十年と普通の喫茶店で人生相談をしておられました。私もふくめて多くの人がそこから命を助けられたに違いありません。

先生は僧侶になった私を弟子として誇りに思ってくれていました。その意志をこの世界で少しでも多く還元できたらと思います。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 本当のやさし... 心の若葉 »
 
コメント
 
 
 
澄んだ瞳とお心で (麗華)
2017-03-15 22:18:24
わたくしも障害者の方と接する機会がありますが、本当に澄んだ綺麗な瞳をしています。障害者の方は何かしらのコンプレックスをお持ちなので他人の気持ちを汲み取れる優しい心も持ち合わせています。

わたくしも日々見習うことが多いです。

あなた様もとても綺麗な瞳をお持ちですね。瞳だけでなくお心も。

これからもたくさんの方々の為に澄んだ瞳とお心でお勤めなさってください。
影ながらエールを送らせて頂きます。

本日も1日お疲れ様でございます。
 
 
 
Unknown (M★)
2017-03-15 22:19:04
純粋な心。
正直でいたい。素直でありたい。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。