goo

存在の意義

昨日、ふと考えたのは過去は美化されてとてもいい時代だったように思えるけれど、じゃあもう一度その時代に帰って人生やり直してくださいといわれればいいかなーになるということです。

私は過去は良かったこともあれば苦労したことも多くありまが、もう一度あの思うようにならない苦しみを味わえといわれたらこれから来るであろう新しい苦しみの方を選びます。同じ修行をもう一度するのは退屈なのかやはりその必要はないと感じてしまうのです。

またテレビドラマであるように今の自分のまま過去にタイムトリップして実力を行使してやり直し活躍するという方法もあります。もし今の自分が高校生になったらまわりがおさな過ぎて馬鹿らしく思えてくるし、余裕のあるその雰囲気から女の子にもててしまうかもしれません。当時はまるっきりできなかったことが今の自分だから普通にこなせてしまう。やはりそう一日はなってみてもいいかなーと思いますがずーとと言われれば勘弁してほしいが本音です。

つまり私はこうして現在を生きて未来に向かっていることに悦びを感じているのだと思います。未来がどんな苦しみがまっていようとも着実に進んでいることに対する悦び。

皆、良かった頃に戻りたいのです。そっちの方が真実だと思いたいのです。でもかりそめの悦びよりもリアルタイムの方が楽しいはずです。

神仏は今を生きる私達が愛おしいと愛情を注いでくれます。過去や未来の自分ではなく今の自分です。
そこに存在の大きな意義があるに違いありません。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 縄文時代の奇跡 私たちのルーツ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (megu)
2017-03-06 21:57:19
明日のことは、もう決められていると、良い事が起きるのか、悪いことが起きるのか。何があっても感謝で受け止められる自分でいられるのか、喜びも苦しみも同じなんだなと私は思ってます。今日も素敵なお言葉をありがとうございます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。