goo

感応力

暑さが結構こたえます。今日は屋内での仕事が多かったのですがなんだかスッキリしません。

今日ふと父親のことを思い出しました。ガンの宣告を受けた時のこと。父親は直す気満々でしたが、私の知り合いの外科手術の名医の先生からだいたいの余命を教えてもらったときに背筋が冷たく緊張が走ったのを憶えてます。

あとまだ十何年かは元気で今まで通りに過ごしてくれると思ったのに「え、もう会えなくなるのか」。正直にそう思いました。
あの世とこの世は壁一枚だけで隔たれた世界だと私はよく皆さんに説明します。しかし生きている間はそこに存在していることの意味をそれほど意識しないでいるのにいなくなるということは心の中に空洞ができてしまうのも事実です。

人は多分、他人と思っていてもこの世に存在している中で他人の生命の息吹も自分の生命に呼応しているように感じます。つまりこの世を生きる運命共同体みたいな、同じ船にのっている仲間、同じこの世という劇場を作り上げている同僚。

魂になると心と心で繋がりあうことができますが、あくまでも修行場であるこの世にいることからはあの世の魂は離れてしまっているような気がするのです。

その意味で私は「寂しい。いかないで」と率直に感じたのかもしれません。
単なる自分本位なのかも。
今は離れた場所から応援する父親の波動を時々感じます。結構、助けてくれてありがたいです。

この世に生きる意味はこの世でしか本当に感じることはできません。だからこそ、ここに生きる意味があるのです。私の存在が少しでも多くの人と感応できるよう努めようと思います。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 私ならでは良さ? 根を張る »
 
コメント
 
 
 
頑張れる活力になりました。 (麗華)
2017-07-15 00:28:33
この世で生きる意味はこの世でしか感じられないからこそ今を精一杯生きるのですね。

明日からもまた頑張れる活力になりました。

世間は明日から三連休ですね。大変な猛暑のようです。屋内でも十分気をつけて乗り切って行きましょう。

本日(7/14)も1日お疲れ様でございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。