goo

身体にしみ込ませる

今年のお正月は実家に帰らず家族で過ごします。また仕事が入ったのでお休みは1日までです。しかし29日からお休みできたので今年の忙しい日々を締めくくるようにゆっくり出来ました。連日、いろいろな用足しをしながら娘の相手をして過ごしています。

毎年思うのはこの時期は身体がウズウズすることです。初詣の準備やお迎えに長年携わってきたのでその習慣がなかなか抜けません。それでも今年は十分働いたので気分的には納得しています。

早朝、暗いうちに起きて走りこんでいますが今日は高校時代のことを思い出しました。精神の悩みを克服するためにお寺に毎朝通うようになった私は目覚ましにステレオをセットしてリックアストリーの曲で起床し眠い目をこすりながら自転車を走らせました。とにかく救われたい一心でした。人は死ぬほどの悩みを背負っても努力し続けることはとても難しいことです。寒い朝、まだ17歳くらいの私は懸命に毎朝かかさずにお護摩焚きに通いました。その日々がなければ今の私が存在すると思うとそんな自分がなんだか懐かしく、愛おしくなります。

本当に治るのか。もうダメなんじゃないか。そんな不安の中でひたすらに仏さまにすがる姿は純粋で輝いていました。
なんでも何かのせいにする人がいます。「自分がこんなに悩んで不幸になるのは先祖の因縁のせいだ。何かの霊にとりつかれているせいだ。本当の自分はこんなのではない。そんな妨害がなければもっと活躍できるはず」

でも多分、そんな人は因縁が切れようが霊が退散しようが努力を続けることはないでしょう。続けるのは三日坊主ではだめなのです。身体にしみ込ませなくては。その状態になるのはあくまでも自分の血と汗と涙です。

紅白歌合戦が始まりました。今年ものこり僅かです。しかし明日がきても変わらない努力の日々の繰り返しであることには変わりありません。
今年、応援してくださって誠にありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 時代に愛される 花束を君に »
 
コメント
 
 
 
Unknown (M★)
2017-01-01 00:52:51
お疲れ様でした。
この1年、大変でした。看板を抱え、走る姿。大変ですね。
お正月くらい、のんびりしてください。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。