怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食を食べなくなって数年。義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら、今日も行き抜いてやるぞっ

ミュンヘンで日本食を食べる贅沢

2017年05月20日 | カテゴリー分けするのに飽き
長いこと夫に禁止されていたミュンヘン行きが解禁になった。
田舎生活も慣れてくると特別に都会に憧れる感覚もなくなってくる。行くな、と言われると行きたくなり、行ってもいいとなるとどうでもよくなるこの感覚。
とはいえ、さまざまな用事でミュンヘンに行かなくてはならないことは多い。夫にはっきりと「今日はこれこれのためにミュンヘンに行きます」ときちんと伝えることができるようになった今は安心できる。以前はウソ言ってでかけたものねぇ。
在インゴルシュタット市友人に頼まれ、ミュンヘンのナビゲーション担当をした。

日本食レストランでご馳走してくれた。資金提供はJ子さんの旦那様のRさん、ダンケシェーン。
長い間、店の前を通るだけだったものね。

私が注文したノンアルコールビールのグラスはインゴルシュタットのビール会社のロゴが印刷されていた。うううう。

メニューの写真と実物。
 
日本の外食時には量が少ない、と感じることが多い。何気なくここでも「これじゃあ足りないかも」と思っていた。
実際に食べてみると、かなり量が多くて食べ切ることができるか心配になったほどだ。たくさん食べられて幸せな気分になった。
普段、義母の料理を彼女の食え食え攻撃で食べさせられるのとは大違い!





ヤヨイ 業務用 どんぶり屋 豚丼の具(キムチ味) 1食(110g) (丼の具)(冷凍食品)

新品価格¥319から(2017/5/19 16:28時点)



【ドイツ 乾杯セット】 シェッファーホッファー ヘフェ ヴァイツェン 330ml ボトル 6本 + 専用グラス 2個 セット

新品価格¥5,100から(2017/5/19 16:36時点)



ダイエットこんにゃくラーメン(蒟蒻ラーメン)等こんにゃく麺お試しタイプ・12種類セット

新品価格¥1,934から(2017/5/19 16:44時点)


『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それは偏見でなく正直な感覚... | トップ | 一人にしてくれ »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本食って (おやまのさいとー)
2017-05-20 19:56:56
高価な食事なんですね…。
どれも1,500円近くする。。。
使ってる食材だけじゃなくて、醤油、みりん、料理酒、味噌などの。
日本ならではの調味料は、日本で調達するのとは訳が違うからでしょうか。
日本で牛丼食べるには、500円あれば十分ですものね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。