怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

放送禁止用語を習う

2017年03月29日 | カテゴリー分けするのに飽き
良いお天気が続くウチ周辺。
予定外の急なお招きで、ドナウの川岸で日向ぼっこをすることになった。
 
街中から川岸を自転車で10分も走ると、こんな風景になる。
雨が降らない日々が続くので、水量は少ないそうだ。
ここではゴザではなく、毛布を敷いて座るんだ。地面が冷たいからね。

仲良しのMさんはビールを、私はジュース、このとき知り合ったドイツ人女性Dさんは私のおにぎりをおいしそうに食べてくれた。
隣には20歳代のドイツ人男性ばかり5人のグループが日向ぼっこをしていた。
日本人の同年代の男性が、川岸に座り込んでビール片手に語り合うって、やるのかな?

うるさい水鳥。あれは求愛の叫びだったのだろうか。水切り遊びは世界各国にあるようだ。ドイツ人にしては小柄なMさん、器用に川原の小石を投げていた。
 
彼が日本留学時代に勉強に使ったテキスト。
パラパラとめくった瞬間に、私はこの言葉を0.5秒で見つけた。

「Mさん、こ、これは誰に教わったのですか!?」
Mさん「センセイですよ」
その「先生」が女性形だったので、さらにたまげた私。
Mさん「センセイの写真を見せてあげます」
彼の携帯を覗くと、か、かわいい!
おい、先生じゃあなくて、彼女だった??

MさんはDさんに、この放送禁止用語を何度も発音して教えるものだから参った。
彼らにとっては感情のない記号のような言葉だろうが、我々日本人にとっては密室の言葉だぞ。
せいぜいドイツで広めてくれ。

18時を過ぎ、日が陰ってくると急に寒くなった。
我々は再び自転車に乗って街中へ戻った。
僅か一時間だったけれど、楽しい体験だった。まだまだ知らないドイツがたくさんある。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予定はコロコロ変わるドイツ生活 | トップ | 葱油餅の朝食 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はいじ)
2017-03-30 10:41:26
おったまげますね!
そのような言葉がテキストに書いてあるという違和感…(笑)
外国語は悪い言葉とエッチな言葉は覚えやすいと言いますよね~
Unknown (ゆきこ)
2017-03-30 11:13:05
日本語を勉強していた韓国人の友人のテキストには「最近夫の帰りが遅い。部下の女性との不倫を疑っている」という例文がありました。やっぱりそういう事例のほうが頭に入るのかもしれませんね〜。
Unknown (PeachJello)
2017-04-08 02:53:13
かなり笑わせていただきました。きれいに書かれた日本語の文字が、「どういういきさつでそんなことに・・・?!」と、ミステリーを深めてますね。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。