怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

まだまだ知らないドイツ

2017年04月05日 | カテゴリー分けするのに飽き
どこのスーパーでも売られているチーズ。

ウチでは基本的に義母が選ぶ食材しか食べない。義母の選択肢にこの製品は含まれない。
そういうわけで、私は数週間前の外出時にやっとこれを口にする機会があった。
ビニールの包みを開けると、赤いチーズが。
いや、はがすための白い部分が見えるのでこれを引っ張るんだな。

うふふ、チーズが出てきたぞ。

味は日本でよく売られているチーズと似ていて、懐かしくさえ感じた。


さて、実を言うと、初めてこれを食べたとき、この赤い部分も食べてしまったんだ!
誰かと一緒に食べれば、その部分が食品でないことをすぐ知ることができたはずだ。
新しい物事や食べ物が大好きな私だ。始める前にはちょいと注意を払うことを自分に諭したものだ。

まだまだドイツの知らない物事が多い。
新たにここに住む日本人在住者たちに質問を受けても、大抵答えられない私だもの。



『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこでも住める気合 | トップ | 言い返す技術と勇気 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャンドル (jay)
2017-04-05 20:31:31
家の息子は、このワックスの部分を利用し、新聞紙で芯を作り、キャンドルを造ります。においはよくないけど、いざと言うときにも使えますよー。
いつか (どこかで)
2017-04-05 21:46:02
 食べた、遠い遠い記憶があります。あれ、へんだな。なんで味しないんだろうと思いながら、、、、、、、違う食品でしたが。日本だったら、きっとこの部分は食品ではありませんと、目立つところに表示するでしょうね。
 国民性の違いは確かにあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。