怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

欲しいと思ったワンピースは子供服

2017年06月14日 | カテゴリー分けするのに飽き
先日のバルカン半島出身者パーティで持ち帰ったバナナ団子を、今日の訪問先に持参した。
カップケーキの真ん中に置かれたのがそれだ。

お母さん中国人、お父さんドイツ人の両親を持つ7歳と4歳の女の子たちはこれがとても気にいって、あっという間に平らげてしまった。
バルカン半島の人たちには受けないバナナ団子。ドイツ・中国食文化圏の人々にはOKなのか。あるいは単に子供に好まれる形状と甘さだったのか。
 
7歳の彼女が着ていたワンピースが旗袍風だった。7歳にしてすでにかなり色っぽくポーズを取ってくれた。

彼女が脱いだところでそれを撮影。
ああ、これ、欲しいな、と思ってしまった。

脱いだのは、私の撮影に協力するためではなく、庭で水遊びをするためだった。ご安心を。

白いシャツのお母さんは大柄な人で、ここで衣類を調達するのは全然不自由がないそう。
中国北部には大柄な人が多く、南部は小柄なのだそう。したがって、販売されている衣類も北部と南部ではサイズ展開が違うのだとか。
ドイツ人の旦那さんも非常に背が高い人だ。この二人の子供たちも大きく育つことになるだろう。
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インゴルシュタットお祭りの記録 | トップ | とうとう洗濯機を買った »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みみーな)
2017-06-14 15:56:11
あ、こっちの方がりすさんに似合いそう。
お姿拝見したことも無いのに、そう思ってしまいました。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。