怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

「藁の盾」ドイツ市場版

2016年06月18日 | 日本
応援してね!人気ブログランキングへ

アジア映画が好きな友人が貸してくれたDVD。

アルファベットで書かれているタイトルを読んでも全くピンと来なかった。
ワラノタテ?? その下のDie Gejagten は獲物か犯人を追う人たちという意味だと想像できた。

ネットで検索せず、前知識無しで観た。
面白かった。
持ち主の彼女は「暴力的なシーンが多くて、ちょっとね」と言っていたけれど、昨今、この作品程度の暴力シーンは普通じゃあないか、と思った。ん?日本の作品はそういうのが多くて、私は子供の頃から慣らされてしまっている可能性がある?

こちら市場向けの日本の作品は、日本で買うより安く手に入る様子だ。ちゃんと、日本語音声でも聴けるので嬉しい。まあ、私は買ってまで、日本映画を見ようとは思わない。また、彼女が何か買ったら貸してもらう予定。
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ人に日本食を広める方法 | トップ | 半袖ワイシャツ、心は錦 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本のドラマがうっているんですか (突撃工兵)
2016-06-18 12:35:33
凄いな、アニメも海賊版しかなくて
みんなDLばかりしているものだと思ってましたw

コメントを投稿