怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食を食べなくなって数年。義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら、今日も行き抜いてやるぞっ

庭に石を敷く計画

2016年10月12日 | カテゴリー分けするのに飽き
将来、庭をどうするかということを真剣に考えると気が滅入ってくる。
夫も義姉も義両親の熱心な庭仕事ぶりを見て育ったはずなのに、ほとんど関心がないのはどういうわけだろう。
人は必ずしも育った環境に影響されるわけではないいい例だな。

在独日本人仲間からのアドバイスがあった。
野菜や花を植えるより、芝生や石を敷きつめるほうが楽だ、と。
芝生は定期的に刈らなくてはならないけれど、石はもっと簡単だそうな。
石は安くないらしいが、それでも手入れにかかる時間などのコストを考えるといいらしい。
そういえば、事業所の建物の周辺などは石が敷きつめられていることが多い。
防犯で家の周囲に石を敷きつめるという話は実家生活で聞いたことがある。
ここで、この写真の石の上を歩いていても、音はほとんどしなかったぞー。
 
土がむき出しだと雑草が生えるし、芝だと刈る手間がかかる。
石でも少しは手入れが必要だ、というシーンも発見。

日本だったら事務やっている従業員に「ちょいと抜いてくれ」と頼むことができるのだろうが、
ここは難しいのかもしれない。
「アタシは庭師ではありません」とか言うのかなぁ。
彼女は自宅の庭の手入れはせっせとするに違いないが。

私が買い物などでときどき訪れるこの地域は多くの企業が集まる場所だ。
はっきり言って、空気も臭い。
ここに居住している人もいるんだ。ドイツでもみんなが環境問題に熱心でないということがよくわかる。

飯時に外を歩いている男性たちが着用しているのは、だいたいジーンズだ。
男性のスーツや工場作業用の制服姿もほとんど見られない。
パン工場もある。食品工場の作業着で外出するのは不可能だろうな。

庭のこと、家屋のことなどが実際の問題になるのはもう少し先になるだろう。
ヨメの私がひどく気にしてもどうにもならない。
黙って、義両親の庭仕事ぶりを観察しておくことにしよう。





『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 室内暖房は28度 | トップ | 欧州人の髪の量 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私はみました (ジェイ)
2016-10-14 18:36:41
ドイツの役所に行く用事があり、そこでギョッとしました。棒の先からブォーと火が出ているので雑草を焼いてるのを。危ない!ガスですよ。石の間に生えた雑草は難しいのはわかるんだけど‥。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。