怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

10歳児の所有物が欲しくなる。

2018年01月13日 | カテゴリー分けするのに飽き
10歳になったばかりの男児のおもちゃが素晴らしい。

これはあまり上手く飛ばなかったのだが・・・

ヘリコプター型のこれは凄かった。

こういったものが自分の子供の頃にあったら夢中になっていただろう。女児も好きになる子は多いと思う。

室内で遊べるというところもいい。

まるで鳥のような大きさだな。


こうして書いているうちに「自分はこれを所有する資格がない」と考えていることに気付いた。
①年齢が高すぎる。
②男性が好むものだ。
自分自身のこうした思考に驚かされる。なんでもあり、をいつも気をつけているのに、それでも自分自身を縛っているんだ!
さて、気付いたのはいいけれど、やっぱり、これを手に入れることをしないだろう。
シンプルな生活を心がけているのでね。
ミニマリストにはなれない自分をよくわかっている。まるでリスのように生活必需品は溜め込んでいるんだ。
だからこそ、楽しみのための物資はなるべく少なく所有しようと努力。

そうだ!夫が自分のために買わないかしら!?
そうなってくれると嬉しいな。触らせてくれないだろう・・・うううう・・・・






『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 環境に優しくないと感じてし... | トップ | 夫は少し休まなくては本当に... »

コメントを投稿