怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食を食べなくなって数年。義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら、今日も行き抜いてやるぞっ

ニュルンベルクの賃貸物件

2017年04月20日 | カテゴリー分けするのに飽き
ニュルンベルク在住の友人が、彼女の息子さん所有のアパートを貸したいので、りすブログで紹介して欲しいと頼んできた。
さっそく、現地へ赴いて、その物件を撮影した。
その集合住宅の外観はこんな様子。道路側からと内側から。
 
車庫はないので写りこんでいる道路に路上駐車だそうだ。近隣住民の駐車が優先されているそうだ。
ニュルンベルク旧市街内に位置していて、徒歩で日常の買い物を済ませることができる。自動車のない生活も充分に可能だ。
エレベーターは自宅の鍵を使わないと作動しない仕組みになっている。欧州式の5階、日本の6階だ。

それに乗って上がってくると、広いベランダ。もちろん、ここもプライベートスペース。
ここに置くテーブルと椅子は揃っていて、たたんで隅に置いてある。
 
寝室。鏡張りになっているのは衣類ダンス。

ドアのほうから撮影。写りこんでいる家具はほとんどすべてそのまま残して貸したいそうな。

居間。シャッターを開けて撮影するべきだったな。

はい、明るくして別方向からもう一度。書籍類はさすがに貸すことになったら撤去するだろう!

台所。窓側に洗濯機が見える。洗濯機が台所にあるのはドイツでは普通のようだ。
ウチは、地下室にあるので洗濯機が台所にあるのを目撃するととても驚かされる。
食器類も揃っているとか。(和食器はさすがにない)鍋があるかどうか確認していたが、残念ながらなかったみたい。

トイレ、浴室。残念なことにトイレは別ではない。ちゃんと浴槽があることで許して欲しい~

すべての物資は数年しか使用していないほぼ新品だ。

 
台所を別方向から撮影。小さいテーブルがあって、そこで食事をすることもできる。
階段から上がってきたときの正式な玄関。

 
窓から道路側を覗いたときの風景。

居住部分の広さ、賃貸料などの詳細は「ブログ記事にしてもらうためにちゃんと書きそろえて送る」と彼女は言っていたのに、まだ来ない。彼女の友人が病気で先が長くないとかで、忙しいらしい・・・

私の印象では、単身者、または成人二人、小さい子供がひとりいてもまだ大丈夫そうな広さだ。
家具が揃っているので買い物などで余計な時間を使うことがない。数年の駐在生活にはとてもいい住まいだと思う。

もっと詳しい情報をお求めの場合、PC版ブログ右側のメッセージを送るで私にご連絡ください。

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)

中古価格
¥1,299から
(2017/4/20 20:59時点)





『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 質素なウチの食卓 | トップ | 普段の健康チェック »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。