怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

傾聴で家賃を支払う。

2016年09月19日 | カテゴリー分けするのに飽き
南米在住時に妙に感心したのは食べ物の供給量が豊富だったことだ。
街路樹としても植えられているマンゴーが熟して道に落ちていたものだ。
誰も拾ったりしなかったのを覚えている。
日系人などは「こちらの人たちは怠惰だからできすぎたマンゴーで商売をしようなどという気を起こさない」と陰口を言っていたものだ。
今でもマンゴーは道端で腐っているのかなぁ。あくせく働かなくても食べることができる生活が、そこではできるという証拠なのではなかろうか。
もっとも、現在の生活は食べ物だけでなく、もっといい服、もっといい自動車、もっといい家、などもっともっと、と欲張りになっているものだから、自動車やコンピューター、航空機などを売って儲けている国々の豊かな生活がうらやましくて仕方がないのだろう。
さて、ドイツ。

老人ホームの敷地内のリンゴが落ちてそのままになっている。
この様子をみて、南米のマンゴーを思い出したんだ。
施設で働く人は忙しいし、入居者たちもリンゴを集める気力が無いのかな。
ウチのように、落ちるたびに拾っておかないと、すぐに腐っちゃうぞ。

この程度の量だと、入居者の食事に使うくらいかな。
拾って、洗ってなどの作業は職員たちには面倒だろうな。仕入れた食材を使うほうが早くて便利。

今日の昼食は頂き物の餃子だった。
近所に住むポーランド人が半年ほど前に母国で買ってきてくれた品だ。
 
冷凍保存しておいたのを茹でた。私はそれを自分の皿に二つばかり取った。
義母はソースを作って、その餃子を入れていた。
中はひき肉。本当に餃子。昔々、中国大陸から伝わったのかしら、と思いを馳せてしまう。

パッケージはポーランド語。
あれ?日付が日本式?
疑問に思って義父に尋ねてみた。
 
「ああ、これは英国式だ」
といつものように長々と講釈が始まったので、私は後悔した。
途中で私が「日本や中国などもこのように表記します」
と言っても、まったく、全然、聞いていない。
自分の話すことしか注意が向かなくなってきているのだろう。
彼のもともとの性格もあるのだろうが、高齢になって、他者の発話を聞き取りながら会話を進めることが難しくなってきているとも感じる。
義母などは、義父の長話に耐えられず、途中で「くだらない!」などとひどいことを言っている。
私は家賃として、義父の話を聞いている。
傾聴ボランティアはまだ日本にあるのだろうか。
家庭内でもせっせとできるぞ。身内だと、なかなか耐え難いものがあるだろうが、将来に支払われる報酬は高い利息が付いてくる、とでも想像するとなかなかワクワクする仕事でもある。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 集合住宅の規則破り | トップ | 建築物のテキトー修繕 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。