リスパドール

リスパダール歴11年

テオ・ヤンセン展

2017-07-15 21:36:01 | 日記
今日は早起きして
市国際交流センターのガーナ紹介に行った。
女性の英語は私には分からないところもあった。
周りの人はみんなうなずきながら聞いていて
小さい子もいたが全部理解している様子だった。
「コーヒーブレイク」という名前だったので
紹介のあとに歓談の時間が取られていた。
話すのは苦手なので
座ってアンケート用紙を書いたり
脇に置いてあったフライヤー群を見たりしていた。
小さい姉弟が近くに座って顔を合わせてきて
微笑み返したが
どうも話したかったのかもしれない。
所在なく立っていたところ
隣りに女性も立っていたので話しかけてみると
日本語を教えるボランティアに通っている女性で
イベントごとには参加するようにしているという。
日本語教えるボランティアやりませんか、人が足りてないのです、と言われ
ボランティアについて質問する形で
しばらく会話をした。
その後もう少し所在ない時間があったが
終了予定時刻前に「もう帰ります」という参加者の人が出てきたので
その流れで私も出た。
エレベータのところで待っていた人と
あとから乗ってきた人が
私と話したくなさそうな様子だった。

時間が早いので
県美術館に行く。
『テオ・ヤンセン展』
プラスチック(?)パイプの人口生命体の展示だったが
かなりおもしろかった。
実際に砂浜に置かれていたという汚れもよい。
私が入ったとき
たぶんテオ・ヤンセンさんご本人による紹介が
通訳の人の進行で大勢のお客を連れて行われており
少し先を行っていた。
これを聞けるタイミングだったらよかったな。
見るのはそんなに時間がかからなかったので
駅に戻り食事をする。
昨日沢山食べて太ってきているのに
しっかりおいしそうなものを取って食べた。

電車での帰りは待ち時間がなく運よく接続し
15時には帰宅する。
電車でローカルに乗っていたとき
自分のまわりの人がみんなきれいななりをしていて
いい感じだなと思った。

昨日から本を読んだり
家のちょっとした整理をしたり洗い物をしたりする時間がとれていることが
嬉しい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生産業 | トップ | 無に帰す »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。