リスパドール

リスパダール歴10年

隣りの2人

2016-10-19 20:53:42 | 日記
最近ブログを書いている中盤から
アップロードするときにかけて
隣りのおじさんが感想を言う。
昨日など「自分が変わらなあかんのやわ」。
私に不足があることは自覚があり
それをユーモアにして出していることが
他人の楽しみになるのは目的にかなっているが
隣りの2人を楽しませる気はなく
彼らと一緒に自分が成長する道を探ったり
感情を共有したり
彼らから導いてもらったりする予定はない。
仕事をしているときや読書をしているときなど
沈黙の中で女が「嫌い」と言い出すことや
おじさんが「あほやな」と言い出すことや
「嫌われているのも(見ていれば知れることで十分に)分かる」
「もうほんっっとに」「もうほんっっとに」
など
生活中の随所で耳に彼らからの要らぬ感想がさしはさまれる。
彼らが私の部屋の中を見ているのは
違法な手段を使ってである。
隣に住んだくらいの関係で
相互に依存もしていないのに
自分たちの感想を言って聞かせたり
悪いところを自分たちが育てて修復しようとしたりなど
する権利は彼らにはない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 注意力 | トップ | 筆跡 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。