リスパドール

リスパダール歴11年

雨と靴

2016-09-19 21:22:01 | 日記
防水の布や革を使った靴でも
縫い目があると雨のとき
糸や縫い穴のところから水が浸みてくる。
糸を水を通さない糸にしたら
縫い穴とのすき間が0であれば大丈夫だろうか。
繊維を束ねた糸だと
表面の凸凹により
縫い穴とのすき間ができるだろうから
束ねない水を通さない糸にする。
あんまり天然ぽさがでない糸になりそう。
一枚皮(革?)という靴の説明文句も見かけるけど
そういうのはあまり強度がないイメージで
面から水が浸みてきそう。
「防水の革」の靴を持っているが
それは塗装のようなものが剥げて色が薄くなっている。
皮が革になるために塗られているもの(?)に
防水の機能を持たせているんだろうか。
縫い目のところを重点的に防水スプレーをかけることにより
防げるのなら良いことだ。
防水スプレーは最近透湿通気性を謳っているので
防げないかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その後 | トップ | 台風【更新】 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。