リスパドール

リスパダール歴11年

視力

2016-12-31 21:08:17 | 日記
仕事をして夕方になると
文字がほやけるようになったので
眼科に行った。
視力は落ちています、と言われ
先生に会うと、コンタクトレンズの度を上げましょうか、と言われる。
生活状態を聞かれ
車の運転とテレビの視聴をしないことが分かると
貴方の場合はこれでいいですね、と言われる。
私のメガネは「近くが見えやすいレンズ」というのを買ったもので(仕事にいいかなと思った)
老眼鏡と同じく眼鏡の下の方、視界の下の方の度が弱くなっている。
この眼鏡をはめたとき
眼鏡屋さんは「遠くも見えるように合わせてあります」というが
実際遠くはぼやける。
コンタクトレンズでも、車の運転をする人は
こんなに弱くは合わせません、ということで
作ったとき車の運転について申告してはいなかったが
機械で計った視力よりも
実際に視力表に間を空けて対すると見えてしまったことでこの度数になった。
その実際に視力表に対したときの視力が
前回よりも落ちており
私は最近生活していて
歩いているときに看板などが読めない。
視力表を見ているとき
1分ごと位で見え方が変わり
急にはっきり見えてくるときと見えなくぼやけるときとある。
これで今後出てくる問題は
少し遠くにいる人の表情が細かく読めないということである。
表情が読めないと
「あの人は私が嫌いだな」「私の失敗を願っているな」と判断してしまうことは減るので
よいのかもしれない。
結果的に私はぼうっとした人となり
人当たりがよい人になるかもしれない。
しかし母も視力が悪くて
白内障の手術前
視力表を見たときまばたきして頑張ると見えてしまうと言っていたのだが
その母の人生を経た性格の変わりようを見ると
自分の性格の変遷も心配になる。
普段人と接する機会がそんなにないのではあるが
これでいいんだろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CDプレイヤー | トップ | 年賀 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。