春の息吹!!山梨は、気持ちが良い5月を迎えています。桃の予備摘果(てっか)作業が始まりました。

おはようございます\(^o^)/

桃の花が終わり、元気な葉っぱで畑一面がグリーンになる季節がきました。これから、農作業は忙しくなります。

今日は、圃場で、桃の実を落とし作業をしています。

えーーー

なんで落とすの、と思われる方も多いと思いますが、この時期に、実を落とす作業をしないと、大きな桃が収穫できません。1回め落とし終わった桃の枝の様子を紹介します。

写真の枝には、約25この桃の実が付きました。1回めで、空を向いている桃の実を全て落とします。約半分になります。この作業は桃の花が咲く前の3月に行います。

花が咲き、散った4月下旬~5月下旬に2回め粒落とし(摘果作業)を行います。

この作業を終えると、写真の桃が約3分の1になります。

桃の実を拡大しました。

これが、すくすく多くなるんです\(^o^)/

高い場所は、作業用のリフトを使いこの作業をして行きます。

この作業を繰り返し、桃を栽培していきます。

写真の畑には、日川白鳳と言う品種です。7月1日前後に収穫を迎える桃になります。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 温室桃の収穫... 桃と葡萄の専... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。