ライズのつぶやき

☆ライズの色々な出来事を紹介します☆

東京へ 2017.4

2017年04月25日 | Weblog
初めて訪れた国立代々木競技場

コンサートやファッションショーなどで良く耳にする会場ですね。


この日は‘世界フィギュアスケート 国別対抗戦 2017’



6カ国(日本、アメリカ、ロシア、フランス、中国、カナダ)が4種目(男女シングル、ペア、アイスダンス)で戦うフィギュアスケート団体戦です。
お世話になっている方に招待いただき、初観戦!

会場の美しいリンクを見るとわくわく


モニターに選手達の紹介、うっすら見えるのは羽生くん。



モニター前に各国応援席、その1番前に‘Kiss and Cry’があり、そこにはドラマがありますよね。
モニター裏には、選手達がアップしたり待機する場所が見えていました。

観戦日は‘ペア フリー’と‘女子シングル フリー’
この試合で国別対抗戦の順位が決まり、‘表彰式’があります。現時点、日本が1位
‘ペア フリー’は3組ずつ2グループに分かれて始まりました。女子が空中で3回転や、スローで回転、着氷! アクロバティックなバランス滑走など観ていてすごい迫力でした。思わず手に汗握ってしまいます。
ペアは、日本と世界の技術差がかなりあり結果は残念でしたが、世界のトップスケーターの滑りが観られて良かったです

‘女子シングル フリー’は、各国2名ずつ出場、6人が2グループに分かれて滑ります。前半グループは、まずまず良かったな~と落ち着いて観戦。中国の‘シャンニン・リー’選手、スケーティングが綺麗、ジャンプもこなしてこれから伸びるだろうなぁと注目。中国の‘ズージュン・リー’選手。背が高く立ち姿が美しいですが、線が細く不安定なイメージでしたが、ジャンプの安定感が増していてすごく上手くなっていました。

2グループ目に、日本選手2名が出場! 強豪ロシアも2名出場! です。 6分間練習始まりました!
とたんに1グループ目との滑走スピードの圧倒的な違いを目にしました。とにかく「早いっ!!」 双眼鏡では追いつけません。

‘三原舞依’選手

‘樋口新葉’選手

‘エレーナ・ラジオノワ’選手

‘エフゲニア・メドベージェワ’選手

以上4名が私の注目選手です。(写真はネットより抜粋)

アメリカの‘アシュリー・ワグナー’選手、ベテラン選手で表現力と圧倒的な存在感、この人の演技 好きですね。


あ、個人的に1番応援しているのは‘グレーシー・ゴールド’ 

今回出場選手ではなかったですが、華やかな演技をいつか観てみたいです!

始まりました、‘樋口新葉’選手。。 ジャンプ、完璧! あ、次も! え、全部いけてる! 凄い! そして得点もすごかった!

そして、‘三原舞依’選手。。 ‘シンデレラ’けなげな雰囲気がイメージぴったり、一生懸命さが伝わってきて、どきどき。 ジャンプ できた! スピン 綺麗! 「頑張れ~!!」 その演技に感動して自然とうるうるしてしまいました。 私だけではなかったようですが。。
舞依ちゃんのKiss and Cry 席では、‘まおちゃん、ありがとう’の寄せ書きのメッセージもありました。

そして、ラジオノワ選手。若くてもこの高貴な雰囲気をかもしだした美しさ、皆が魅入る表情をします、ジャンプの転倒があり 残念でしたが、それでも高得点でした。

ラスト、メドベージェワ選手。。 高い演技力で冒頭から観客を引き寄せます、練習から完璧なジャンプを見せていましたが、本番でもミスが見当たらない、ジャンプは片手だけでなく、両手を挙げたジャンプにグレードアップ、しかも連続! あ~完璧!! 残念ながらこの素晴らしい演技と技術には勝てない・・ 結果、最高得点でした、すごいっ

日本、ロシアの女子シングル、ペアの高順位の選手には、拍手喝采&スタンディングオベーションで会場は大盛り上がり! フィギュアスケートは演技中も拍手で選手を支え、会場が一体となって応援する競技なんだなぁと実感しました。

団体戦の結果は、女子シングル2名の活躍もあり、‘日本 1位’ 
素晴らしい感動の体験! こんな機会をいただき、ありがとうございました~
今度は、機会を作って試合応援に行こうと思います!

東京勤務のお世話になっている方々と食事会‘BISRTO MARX/ビストロ マルクス’にて
パリの二つ星レストランの総料理長ティエリー・マルクス氏が、世界初出店したビストロです。銀座にあるのですが、店内はカジュアルな雰囲気、オープンキッチンが楽しめ、外国のお客様も多かったです。


まずは、再会を祝して乾杯


ロゼのスパークリングとアミューズの‘豚肉テリーヌ’だったかな。

私は、いつものぶどうジュースでしたが、良く合いました

前菜から ‘ズワイ蟹の炙りとアスパラ、タマネギのカプチーノにコンソメのジュレ’


‘カンパチのマリネ カラスミ添え’


‘佐賀県産ホワイトアスパラガスの茹で上げ
      ムースリーヌのソースに生ハムとミモレットのパウダー’

どれも美しい盛りつけで、手のかかった前菜 美味。

ミニバゲットとバター
写真はありませんが、全粒粉の入ったバゲットとミルキーなバターの相性
こちらは、‘ブリオッシュ’というパンが有名ですぐに売り切れてしまうほど人気だそうです。

主菜から ‘白身魚のポアレ アーモンドのチュイールと彩りミニ人参のロースト 白ワインソース’


皮の焼き目が香ばしく、白身はふんわり、さくさくのチュイールと一緒に楽しめます。


お肉には皆さん赤ワイン ほぼフランス語しか話さないフランス人の方にオーダー

‘マグレ鴨のロースト ピマンドエスプレットの香り 春野菜添え’

肉厚で歯ごたえさっくり臭みのない鴨ロースト

‘国産牛ホホ肉の赤ワイン煮 温野菜添え’

ナイフを入れるとふんわり、歯がなくても食べられるくらい柔らかなお肉、ソースが見た目より軽く美味しかったです。

デザートから ‘赤い果実のヴァシュラン’


‘白木果樹園の土佐分旦とブランマンジェ’


‘マルクスフレンチトースト’

ブリオッシュを使った温かいフレンチトーストに冷たいバニラアイス、テーブルに運ばれてから上からメープルシロップをたらした絶品デザート! 
本格的なお料理だけど、気軽な雰囲気の店内は居心地良く、皆様にもおすすめします
                  ( 小池  )

*お持たせ いっぱい
ご一緒した方々からお持たせ いただきました。


LAの‘コンパーテス’、千疋屋のジャム、東京ミルクチーズ工場のソルト&カマンベールクッキー

美味しい物 詰めあわせでいただきました

中村屋の月餅 円果天

伊勢丹新宿本店限定商品とのことで、中々手に入らない一品

‘Fica/フィーカ’のハッロングロットル&ドロンマル

こちらも伊勢丹新宿本店限定ブランドの北欧菓子専門店のお菓子 

気持ちのこもったお持たせ とても嬉しいです、また東京、滋賀や京都で会える日が楽しみです、ありがとうございました

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜桜 2017.4 | トップ | 東京へ B級グルメ 2017.4 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事