りさの苦手日記

りさには苦手な事がたくさんあります。

課題の分離

2017-06-18 12:30:04 | 日記
アドラー心理学では、「課題の分離」、例えば、親が「勉強しなさい」と言うことは、子どもの課題に踏み込んでいる状態だという考え方をします。

勉強は、「子どもの課題であり、親の課題ではないと分離して考える」ということだそうです。

確かに、そうですね

ですが、私にとって、これは「りさの課題」であり、「私の課題」ではないと分離して考えることは、まだまだ難しく、ついつい口出ししてしまいます。

結局、叱ってしまい、一時的なコントロールをしてしまっています


アドラー心理学のポイントは、「叱らず、『勇気づける』と自信が持て、自らやってみようという気持ちになれる」ですが、これが理想で一番良いとわかっていても、実際は、一番難しいと感じます


高校受験を前に、私が、課題を分離することが難しくなっています。


まずは、りさに、「頑張っていることを見ている」ことを伝えることから始めてみます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息抜き | トップ | 課題の分離 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL