リサの大人のおもちゃ考察記

最近密かなブームの“大人のおもちゃ”。その歴史、種類、使い方からリサの日常のエピソードまで、綴っていきたいと思います。

ロシアのラブホテル事情

2006年08月09日 12時47分43秒 | 世界マメ知識
こんにちは。リサです☆

クーリエ・ジャポンの『SEX特集』から、最後にもう一つ御紹介します。

ロシアでは、近年ラブホテルの建設が急速に進んでいるそうです。

例えば首都モスクワの場合、近年古い大型ホテルの取り壊しが進んで宿泊先の選択が少なくなり、高級ホテルに泊まる余裕はないものの、不倫やSM志向の人々のニーズはかなりあることがわかってきたのが、大きな理由だそうです。

モスクワ中心部にある、2年前にオープンしたエロティックフェティシズムホテル『誘惑』の場合、なんと磔用の十字架や拷問台、足枷などSMプレイ用の道具が備えつけられています。

部屋代は、1時間390~1100ルーブル(約1,700円~4,700円)とのこと。

従来のロシアのイメージとは、ほど遠い一面ですよね。

でも考えてみると、人間の本質はそう変わらないわけですから、ニーズのあるところにビジネスは成り立ちます。

プーチン政権になってから一番経済復興の早いモスクワでさえこのレベルですから、ロシアのセックス産業の成長余力はかなり大きいのではないでしょうか。

来年あたりモスクワに行って、その辺を是非調べてみたいと思っています(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NY発『ケーキ・パーティ』 | トップ | 最近のエロティック小説事情 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
SM映画・本【NO.179「SM-CLUB」】 (MドリームのBlog)
(エスエムクラブ) <テーマ選択ポイント>  うーん、ロシアに行ってみたい  ロシア人女性とプレイしてみたい   <あらすじ>  ロシア素人直輸入!!海外直輸入でしか実......