Risa’s 音楽雑記

ピアニスト 山形リサのブログです。
音楽の話を中心に、日常の出来事などを気ままに綴っています。

小林調律事務所

2007-02-20 22:16:44 | Weblog
私が大変お世話になっている、札幌の調律師 小林雅巳さんのご紹介です


http://www.icho.com/piano/

一緒に写した写真が無くて残念!

ジョッキーの武豊さんにそっくり(声まで似てらっしゃるんですよ~)で、物腰やわらかな素敵な調律師さんです。


小林さん、とってもピアノがお好きなんです。
ご自身も調律の際、ショパンのノクターンなんかをさらさらっとお弾きになります。

この演奏、お人柄がでていて、とっても柔らかくて上品

ちょっとお付き合いするとわかるのですが、かなり「ピアノ」を愛していらっしゃる感じです

なので、細かい要求にも、とっても丁寧に対応してくれるんです。
人間的にやさしい方なのですが、妥協の無い方でもあります。
演奏者としては、そんな調律師さんの'こだわり’が嬉しかったりします。


小林さん、状態の悪いピアノや、難しい要求に応えるのがお得意なんですって。


最近では、東京・横浜方面にもちょくちょくお仕事でいらっしゃっています。


もし、ピアノでお悩みの方がいらしたら、一度お問い合わせしてみてください。

安心してお願いできますよ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの違い | トップ | deep seeded ~mois cafe~ s... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
右腕 (マサ)
2007-02-22 01:11:16
我々、弦楽器も専属の職人がいるものです。
私もそうですが・・。 ピアノも調律の腕は重要で
演奏のカギを握っているのも事実です。
人の力でなりたっているのは音楽も生活も同じかもですね
まさに!! (Risa)
2007-02-22 09:43:09

そうなんですよ!!

調律師さんによって、まるで別物のようにピアノが変わるんです!!

私、愛知県にもお気に入りの調律師さんがいるんですけど、そういう方に出会えるか否かで、奏者の運命って変わりますよね。

弦楽器の方たちの方が、持ち運びが多い分、メンテナンスは大変かと思いますが・・・

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事