福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

猫近況・・・

2016年06月29日 | 日記


と、まあ早速うちわ作品のモデルに大抜擢されたレオ様(猫)なのですが・・・。




レオ様(くれぐれも猫です)の近況をお知らせしたいと思います・・・。




レオ様、名古屋の主人の実家から捕獲救出され
早1ヶ月が過ぎたのですが・・・・。






えーと・・・。








そのですね〜。






そうですね・・・。


ちょうど1ヶ月くらいからでしょうか・・・。








ハゲ出しました・・・。






特に首回りひどいです・・・。








いや〜

猫って毛が抜けるもんだな〜って思って驚きつつ
毎朝トイレの砂を取り替える時などに
床掃除なんかもするのですが、

ある時から、抜け方が束単位で模様ごと落ちてるようになりまして・・・。





(頭もきてます・・・)




救出後に後ろ足あたりに赤いつぶつぶがあったり、体をかゆがったりしていたので
ノミ?あるいはダニ?が名古屋のお家でいたのかしら?


と思いましたが、外に出ない猫ちゃんですので
ノミという可能性は低く、
小さい頃から犬を飼っていた私はノミの発生している感じはなんとなくわかりますし、

一緒に住んでいるグラムちゃんは痒がっていない様子です。



まあダニかな〜?


と思いつつも、首回りの毛の抜けているところは
何かに刺されている感じはなく、スベスベ・・・。



ああ、ストレスかも・・・と思いつつも
しばらく様子を見ていたのですが、
ひどくなる一方。





ついに動物病院へ〜。











結果


下半身の方はダニの可能性もあるのですが
そこまで酷くなく




首回りの抜け毛は


まあ、ストレスのようです・・・。






でしょうね〜。






あちらからいらっしゃるあの方もストレスの一因ですよね。
(グラムちゃんサマーカットになりました。)





レオ様がすこしでもゲージで音を出すと吠えるし、
ご飯中、おこぼれ目当てで徘徊されますものね・・・。    
落ち着かないですよね。


そしてやはり



この2人ですよねーー。


騒ぎまくるし、触りにくるし、
何をするか得体の知れない恐怖を感じていると思います。





すっかりリラックスしていて、慣れたと思ったのですけどね。


突然飼い主のおばあさんがいなくなり、
2ヶ月間一人で過ごし、
捕獲器で捕まえられ、去勢手術して
東京でゲージ生活、子供や犬のいる賑やかな暮らし、と
環境変化がすごかったですものね。




もともと家の中で自由に過ごされていた猫ちゃんですので

徐々にゲージ以外にも出してあげることにしました。


最初は外に出ることの恐怖から「シャー!」と牙を剥くレオ様でしたが

一度出てみると、あら快適。




1日最低1回はゲージから出し
触れ合いタイムを作り、そして体も血行をよくするため
ブラッシングを設けることにしました。












うふふふ。









ちょっと吐いたりともかもあったので
猫の草を育ててあげましたが、全く食べず・・・。

しかし、ベランダの鉢植えの中にある雑草や鉢に溜まった雨水なんかは
飲んだり食べたり。




まだまだ謎が多いです。




抜け毛は捕獲ショックからしばらくたって出てきたので

治るのもしばらく時間が必要かもしれません。





毛のないところが擦れて血がにじんでいるので
それがかわいそう・・・。




今やすっかり甘えん坊のレオ様で、
私にベッタリです。


ゲージに近寄るとニャンニャン鳴いて手を必死に出してくるので
ついついゲージから出してあげてしまいます。


寂しかったんだな〜
人に甘えたかったんだな〜と不憫に感じ、
かわいがっております。

(しかし、嫉妬なのかグラムの粗相も増えた気が・・・。)




子供達と犬はしょうがないので、この環境に慣れて


無事に毛が生えて、以前の堂々としたレオ様に戻って欲しいと思います。




また生えてきたらお知らせします(笑)。




頑張れレオ様!!!











この記事をはてなブックマークに追加

夏のうちわ展2016

2016年06月27日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


今年も昨年にひきつづき


横浜のギャラリー
FEI ART MUSEUM YOKOHAMAさんの

「夏のうちわ」展に参加させていただきます。




http://www.f-e-i.jp/exhibition/2420/





今年は

レオ様(猫)がうちに来られた記念に


早速オールレオ様をモデルとした猫シリーズにしてみました(笑)。




私も気に入っています〜。



ご興味のある方、どうぞお問い合わせくださいませ。





「猫と蛙」





「猫と紋白蝶」





「猫と揚羽蝶」





「猫と金魚」






夏アイテムと猫さんのシリーズになります。


こちらの会場では色々な作家さんのうちわが展示販売されます。




FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

「夏のうちわ展2016」

2016年  7月7日(thu.)〜7月24日(sun.)  

10:00〜19:00
(最終日17:00)

月曜休廊


になります。




昨年は、会期が始まると同時に完売してしまったので
もし無くなってしまったらすみません〜。


問い合わせ、販売はすべてギャラリーさんにお任せしています。



http://www.f-e-i.jp




ではでは、よろしくお願いしまーす。

























この記事をはてなブックマークに追加

ファシリティドッグ写真展

2016年06月24日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


ファシリティドッグの写真展

「小さな勇者としっぽの仲間」


が、静岡市の駿府博物館で開催されます。





こちらの展覧会のタイトルとロゴマークのデザインを切り絵で制作させていただきました。




展覧会では、ファシリティドッグの活動を写真でご紹介します。


タイトルとロゴの切り絵原画も展示予定です。





ファシリティドッグというのは

いわゆるセラピー犬といわれている
ストレスを抱えた人々に愛情と安らぎを与えるよう専門的に訓練された犬のことです。


静岡には
全国でも有名な静岡県立こども病院があります。

入院中のこどもたちを支え、前向きに治療を受けられるよう
2010年1月に日本初となるファシリティドッグを導入しました。


その効果は素晴らしくて、とてもいい結果を残しているのですが
なかなかファシリティドッグの育成、ハンドラーの育成が難しい現状です。



多くの方にご理解いただき、もっと普及するために
今回の写真展が開催されます。




ぜひ、一人でも多くの方に足を運んでいただき
ご理解、ご援助いただければと思います。



展示に関する内容の
詳しくはこちらのサイトからご覧ください。


http://sbs-bunkafukushi.com/museum/2016/03/post-30.html




ファシリティドッグの活動についてはこちらから


http://sokids.org/ja/programs/facility-dog/







先日のSBS学苑の会場でもポスターが貼られていました。









こちらのデザインです。


ロゴマークは
ファシリティドッグ第一号の「ベイリー」がモデルです。

ラッキーアイテムのクローバーをバックに
幸せの青い鳥を頭にちょこんと乗せております。
青い鳥が加えているのは「S」。
ファシリティドッグの活動を支える母体のシャイン・オン・キッズ!の「S」です。





ファシリティドッグは手術を怖がるこどもたちのために
一緒に手術室に同行してくれたり、
長い入院生活で内向的になっていたこどもたちを
前向きな気持ちにさせてくれます。


どの子にも幸せの青い鳥が来てくれるようファシリティドッグは今日も
こどもたちの気持ちに寄り添っています。


そんなファシリティドッグの活動をイメージしてデザインしました。




私が今回のデザインをするにあたって読んだ書籍はこちらです。
ベイリーの活動について書かれています。

ご興味のある方はぜひどうぞ〜!






小学館

「ベイリー、大好き」
セラピードッグと小児病棟のこどもたち

文 岩貞るみこ
写真 澤井秀夫





写真展は夏休みもはさみますので
ぜひご家族でご覧になられるのもいいと思います〜。





この記事をはてなブックマークに追加

父の日

2016年06月23日 | 日記


父の日は私がお仕事で遅くなる可能性があったので

前日に祝わせていただきました。




主人は一も二も無くお刺身が大好き!



刺身さえあればずーーーと食べて飲んでられるそうです。


というわけで、誕生日に引き続き
毎回お世話になっている近所の魚屋さんにお願いして

お造りを作ってもらいました。







すーーごーーいーーー!




豪ーーー華ーーーー!!!!





あーーりーーがーーとーーございます!








毎回お造りを単品で撮ると大きさがよくわからないので
娘と撮影して大きさを比較していただければと思います。



主人は3月の個展後は、お母様の認知症関係など諸々で
本当に大変でございました。



なので今回は奮発させていただきました(笑)。



お疲れさまです!



このお造り、子どもはほとんど食べないし
私もそんなに食べないので(歳のせいか生モノがあまり食べれなくなりました 笑)
ほぼ主人が平らげました。



凄いね。


本当に好きだよね。



そんな主人大満足の父の日でした。




ちなみに私はちょうど父の日は静岡に行ったので
母が駅に来てくれて、父の日のプレゼントを渡すことができました。


父はサイクリングが趣味ですので
サイクリング用の靴下がご所望とのことで揃えさせていただきました。


大変喜ばれたそうでよかったです。



そんなわざわざ駅に来てくれた母が
帰ったらすぐ焼ける状態のハンバーグを作ってきてくれ
知人から届いたばかりのサクランボを持たせてくれました。



これは本当にありがたかったです。



父の日だけど、本当に母に感謝しました(笑)。





こちらのサクランボ、子供達大喜びでした。



私が帰ったら、甘えからか
悪態つき放題の娘とわがまま全開な息子で
ちょっと夕食時が大変だったのですが(苦笑)


この食後のサクランボで全てが大団円。



笑顔で仲良く食べてるので
さっきまでの騒動は何なの???


という、魔法のサクランボなのでした。




私の実家は、私が生まれるずーーーと前
学生さんにお部屋をお貸ししていたそうで

その時の学生さんが卒業してご実家の新潟に帰られてから
毎年、この時期にサクランボを送ってくださるのです。


私が小さい時からずっと何十年も毎年送ってくださるのです。


おそらく、もう結構なご年配な方だと思われます。

とても律儀で義理堅くて素晴らしい方だなあと思うと同時に、
御世話した祖父母の人柄が偲ばれ、祖父母を尊敬します。



結局、父の日なのに
母と祖父母を讃える内容になってしまいました・・・(笑)。


私の仕事を理解してくれている主人、
子供達の面倒をよく見てくれる父には

本当にとてもとても感謝しております。
(とってつけたようですみません・・・笑。)








この記事をはてなブックマークに追加

「雨」してきました。

2016年06月22日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


静岡のSBS学苑さんの駅ビル「パルシェ校」にてワークショップを行ってきました。


年に2回くらい不定期で行わせていただいています。



今回はあえて梅雨の時期に

「雨」


という漢字でデザインする切り絵のワークショップを行いました。


その様子です。



















切り方の指導、切る練習が終わり、
いよいよ本番。






みなさん集中していらっしゃいます。



今回は、すでに切り絵で作品を作られている
かなり切り慣れている方々が3名参加されていて

レベルの高いものになりました。







2時間しか時間がないので
申し訳ないのですが、途中でも講評に入らせていただきました。







「雨」は風情があっていいですね〜。


みなさん本当にとても素敵な作品になりました。







いそうでいなかった、水玉のドット柄の作品(左上)。

「雨」の漢字の中も点々の部分が水玉になっていて、素敵です!



左下の作品はとても繊細で、あと周りを切ったら「雨」の字が出てくるところで
タイムリミット!

残念。


完成が楽しみですね。



6月ってことで、「鮎」も登場して
日本ならではの風物詩がいろいろ登場してたのしかったです〜。

よいですね「雨」!



朝、東京を立つときは晴天でしたが
新幹線移動中にどんどん雲行きが怪しくなり
ワークショップ中には雨が降り出していました。


そんな窓の外は「雨」の中の
「雨」を切り絵するワークショップでした!




みなさまお疲れさまでした。




そういえば「雨」という漢字、

実は息子の名前にも入っている漢字でとても親近感があります。

(ワークショップ中はすっかり忘れてたけど 笑)



そんな息子くん、この日は日曜日で
朝から出かける私に
「おしごとち(し)ない!」
と、足にひしっと巻きつき必死で止める姿がとても可愛かったです(←ドS)。



そんな時の娘といえば
TVを見ていて、出かける私が声をかけても一瞥もしないのでした・・・(涙)。


休日しかTVを見れないので
集中しすぎています。
(そしてTVに関して口うるさい母親がいなくなるので、好都合。)



息子もいつまですがってくれるやら・・・。





次回のSBS学苑のワークショップは、昨年同様「干支」の切り絵ワークショップを
12月に予定しております。



もう来年の話か〜・・・・。



早いな1年・・・。



またみなさまにお会いできるのを楽しみにしております。









この記事をはてなブックマークに追加