福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

「グランシップアートコンペ2014表彰式」

2013年12月29日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

銀座和光さんのグループ展は無事に終了致しました。
関係者のみなさま、足を運んでいただいたみなさま
ありがとうございました~。


さて、最終日は私はこちらの方に行っていました。
(写真はグランシップのスタッフの方が撮影した物をお借りしました。)

静岡グランシップアートコンペ2014の表彰式です。

1


受賞者のみなさま。

左から4名がグランシップ賞のcircle sideのみなさま。
その隣の男性がグランシップ賞の大西康明さん。
そして奨励賞の小俣知子さん、館長賞の白鳥真帆さん。

2

審査委員長の金沢21世紀美術館館長の秋元雄史さんの総評。

3

グランシップ館長の田村孝子さんから表彰状や賞金が授与されました。

そして、今年も参加させていただきました。
アーティストトーク!   

4


秋元館長と私、受賞者のみなさまとトークさせていただきました。

5


館長賞の白鳥さんは地元静岡の学生さん。19歳です。
ヘタしたら、もう私とか母親世代(笑)。

6

奨励賞の小俣さんは元獣医師だったということで、
細胞分裂からイメージしたおもしろい絵を描かれていました。

もう一人の奨励賞は、かなり気になる作品の
福本さんという方が受賞されていたのですが、
この日は欠席でしたので、会えずに残念。
ぜひお話ししてみたかったです。

7

こちらはグランシップ賞の1人、大西康明さん。
来年のトップバッターになります。

私、この方の作品はすでに東京の展示にて見ており、
とても面白いと思っていたのです。
グランシップのアートコンペに参加して下さるなんて光栄です!

すでに実力実績のある方です。

どんなウィンドウの展示にしてくださるか、
秋元館長共々非常に楽 しみにしています!

8

そして、もう1つのグランシップ賞のcircle side。

9

こちらも実力ある方々。

関西と関東のメンバーでやり取りしているグループなんですって。
メールとかスカイプがあれば遠距離でも可能なんですね~。

作品もとても面白くて、特に夜がきれいそうなので、
後半の夜長の冬に展示していただきます。


私は、この日制作が立て込み2時間しか寝ておらず静岡入り。

乳幼児を抱えて着物を断念しようかと思いましたが、
今年も頑張って着てみました。
(まあ、実家に着物があり母が着付けしてくれるので・・・。)

ボケボケで授賞式ぎりぎりの時間になんとか滑り込みました。
関係者の方々、ご迷惑おかけしました~。

10

みなさま受賞おめでとうございます!

今年は本当に力作ぞろいでした。
審査委員長の秋元館長と喜び、そして感心しました。

「上質を届けたい!」と願い、
このアートコンペを開催した田村館長も本当に喜んでおりました。

来年はまた通常の4作品選ばれますので、
選ばれなかった方々もまた来年是非!チャレンジして下さい~!


グランシップの作品は、またコチラのブログでも今後
ご紹介していきたいと思っています。



さてさて、
もう年末ですね~。

クリスマスはどう過ごされましたか?

私は12月に入ってから毎週の締め切りと夜中の授乳で
意識朦朧な毎日でしたが、
無事にクリスマスを子どもたちと迎えることができました。

11r0179699

またまた、人形劇を見に新宿のプークの劇場へ。

12r0179700

演目は12の月のたき火。

あいかわらず娘は集中して見ていました。
クリスマスらしい演目でよかったです~。

そして、その後はSWEETCHにクリスマスケーキを取りに行きました。

13r0179705

今年は白いニット帽のクリスマスケーキ!

14r0179709

ひつじのサンタさんがついています。

帽子のボンボンの中にひつじサンタさんに足りない物が入っているというので
「なんだろうね~。」と娘と考えました。
すると、意外と「帽子じゃないかな~!?」と真っ当な答えをのべる娘。

15r0179707

当たりでございます~!

SWEETCHのケーキは、毎回美味しいのはもちろん、
ユーモアがあっておもしろいお菓子なんです~!
甘いのが苦手な主人も大絶賛です。
今年のケーキも洋梨とクランベリーで甘酸っぱくて絶品でした!


年内はこれで最後のブログになると思います。

年末年始は実家などでちょっとゆっくりしてこようと思います。

今年は、何といっても第二子の出産がありました。
ポーラの展示もありました。

年の初めには妊娠なんてまったくしていなかったのに、
年の終わりには、もう1人産まれてるって言う・・・。
すごいな人間(笑)。

では最後に、
まさかの娘画伯による「サイババ」にて本年を終了したいと思います。

16r0179712

学生時代に戯れに買ったこのマグネットを
「捨ててほしい~」と言ってくるのですが
「お母さんの大事な(おもしろい)物だから」と言うと
急に無言で描いてくれました。
おもしろすぎです。


では、みなさまよいお年を~!!!!








 

 
   


この記事をはてなブックマークに追加

「銀座和光」

2013年12月13日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

銀座の和光さんでの
『伝統を更新する「承」』展
今週末の15日までです。

R0179648

こちら、和光さんの1階のショーウィンドウにて。
みなさんの作品が展示されています。

私は「菊」を。

R0179650

搬入、設営の様子。
息子も参加(終始おやすみでした)。

増賀さんと和光のスタッフさんが並べて下さっている所。

R0179654

素敵な控え室をご用意していただいて、
こちらでのびのびとゆったり展示準備しました。

途中、額が合わなくて伊東屋さんに買いに行ったり、
便利な銀座でございます~。

さてさて、今回の展示販売に合わせ、私が新たに制作したものは・・・。

R0179656

こちらの「鯉」。

実は3作目。
今までのは、すべて売れてしまったので再構築しております。
微妙に3作とも違うのですが、
2作目から細かさがグーンとアップしてしまい、大きさも大きくなっています。
今回は紙の色が微妙に紺色です。

R0179659

こちらも、直木賞作家の木内昇さんの小説の挿絵でしたが、
色つきにして再構築。
私が最近気に入っているものです。   

R0179660

来年は「午年」っていうことで、
こちらは新作。

フクロウや白い菊、鯉など白い生き物があしらわれています。
午(うま)のモデルは京都上賀茂神社の白い神馬です。

R0179661

こちらは、静岡の駅ビルカードで制作した物が
きれいだったのでそのまま販売させていただいています。

「菊」も再構築して新たに作りましたが、
こちらは2点とも売れてしまったようです。

R0179662

他にも、小説家桐野夏生さんの連載で制作した物の抜粋した物。
まんなかのアキラくんのするどい目線が、私はお気に入り。

R0179663

私のブースはこんな感じ。
こちらの壁です。

R0179678

他の方の作品もどれもすばらしくて、
特に金魚の深堀さんの作品は、
熱烈なファンたちによってオープン前から並ぶ人が!

作るのにとても根気と時間が必要なので、
作品も少なく抽選になったようです。


本当に感動です~!
見た方がいいですよ~!

他の方の九谷焼や照明、染色、鎌倉彫りなど、
お財布に余裕があったら買いたい物ばかりで危険です・・・。

R0179679

銀座和光の6階ホールでお待ちしております。



先週末は私も家族で来たのですが、
中には100万越えのものもあるので、
娘に、触らないよう、走らないよう伝えておいたのが気にくわず終始グズり・・・。
暑いとかで上半身下着姿になるし・・・。

深堀さんの金魚に触りたがるし。

スタッフさんたちの優しい声がけも無視・・・。

さっと見て退散しました・・・。


私は週末仕事で行く事ができませんが、
他の方はいらっしゃると思います。
みなさん素晴らしい物ですので、是非気に入った物があったら
お家に連れて帰って下さいね~。

まあ、気軽に買えるほど、けしてお安くはないですが・・・。


さて、家に帰ると
息子の頭がこんなことに・・・・。

R0179680

青と黄色のリボンが・・・。

娘が、最初は蝶ネクタイと作っていたのですが、
頭にセロテープで貼っていました。

授乳のとき、こちらが目に入り笑いが止まりません。

R0179681

バウンサーの色と合っていました。

R0179685

それでは銀座に「おいでやす」。

          


この記事をはてなブックマークに追加

「銀座和光にてグループ展」

2013年12月06日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

こちらのブログの右側のお知らせスペースで
すでに告知を出させていただいていたのですが、

銀座の和光さんでのグループ展

伝統を更新する「承」

2013年12月6日(金) ~ 12月15日(日)

 12月6日(金)~12日(木)10:30~19:00
 12月13日(金)・14日(土) 10:30~20:00
 12月15日(日) 10:30~17:00

こちらに参加させていただきます。
本日スタートです。

Wako2

参加アーティストは

九谷焼 上出惠悟(かみで・けいご)さん

手描きの金魚 深堀隆介(ふかほり・りゅうすけ)さん

染織家 染司よしおか(そめのつかさ・よしおか)さん

鎌倉彫の老舗「博古堂(はっこどう)」さん

和照明の興石(こうせき)さん

切り絵 福井利佐


アートと工芸をテーマに
すばらしい作家さん達とご一緒に展示販売を行います。

私は過去の物と、新作をちょびっと出して
20点くらいの作品を出品いたします。

詳しくはこちらから

http://www.wako.co.jp/exhibitions/367


お近くにお越しの際はぜひどうぞ~。


さてさて
今年もやってまいりました。
静岡のグランシップショーウィンドウ審査会。
今年は応募数もぐっと上がりさらに力作ぞろい!

しかも、いつも1 作品3ヶ月ごとの展示で1年間なので、
4作品を選ぶのですが、
来年はグランシップの改修工事があって長く閉館時期があり、
2作品しか展示期間がなく、こんなに良い作品が多かったのに惜しいです~!!

本当に悩みました~。

1r0179611

今年も左から2番目、田村孝子館長、私、
秋元雄史さん(金沢21世紀美術館館長)、佐井国夫さん(静岡文化芸術大学教授)
のメンバーで審査させていただきました。

2r0179623

ファイルなどもじっくり観させていただきました。

3r0179630

う~ん。

4r0179634

できればいろいろ選びたかったです。

毎年4作品選べるので、季節に合わせたり、
平面、立体、インスタレーション、映像などさまざまな手法を選びました。
しかし、今年は2作品!
難しかったです。

5r0179638

何とか、最終的には選びました。
奨励賞も合わせて4作品。
今年は特別に館長賞もつけることにしました!

本人たちにはもう発表がいっているはず。
授賞式にお会いしましょう~!

6r0179607

こちらは、行った当日の展示。
lemoco-layco(れもこ-れいこ)さんの作品「昨日みた夢」

こんなに大きな作品は初めてと言いながら、
すばらしい作品に仕上がっていました。

R0179602

こちらは、今年のトップバッター浅野暢晴さんの彫刻作品が
そのまま植え込みに展示されました。
自然に溶け込んでいて素敵です。

Photo_2

分割で焼いているとか。
根気のいる作品です。

8r0179643

そして、入り口ホールには今までの受賞者の中から選ぶ
クリスマスのツリーに前澤妙子さんのデコレーションが。

鰯のトルネードをイメージしたとかですが、
ちゃんとクリスマスになっていました。
素敵です。

今年もすばらしい作品を堪能し、良い刺激になりました。
授賞式で受賞者のみなさんと会えるのが楽しみです。

9r0179644

そして、たまたま審査員で帰った日に静岡新聞でみつけました。

私の記事(笑)。

芋版で年賀状をつくる企画にチャレンジしました。
こちらは共同通信さんの取材だったので、
いろいろな新聞紙に掲載されると思います。

芋版、懐かしかったです。
小学生依頼かな。
作った後は、それ以外の部分を焼いて、美味しく頂きました。

10r0179647

静岡出張は、この方も同行。
生後1ヶ月にして新幹線日帰り。


いろいろな女性から「失礼ですが何ヶ月ですか?」と聞かれました。
「1ヶ月です。」と答えると、みなさん驚かれていました。
里帰り出産から戻って来たと思われたようです。

まあ、審査中は実家に預けたので、
まあ里帰りかな~(笑)。


ではでは、和光さんで絶賛展示中!
お近くの方は、是非、銀座・和光6階の和光ホールへ!
見る価値有りです。


この記事をはてなブックマークに追加