福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

「ストーリー311」

2013年03月19日 | 過去のBLOG記事

私のブログでも何回かご紹介させていただいた、
漫画家さんたちによる被災地復興支援プロジェクト
漫画で描き残す東日本大震災「ストーリー311」が、
いよいよ1冊の本として震災2年目の、3月11日に発売されました!

1r0178745

昨年から、講談社さんのWEB上で、毎月様々な漫画家さんが連載し、
1年のリレーを経て、いよいよ刊行となりました。

参加漫画家さんはいずれも超売れっ子の方々で、
何本も連載を抱えるお忙しいスケジュールの中、
実際に被災地に赴き、取材を重ね、有志で描いてくださったそうです。

参加漫画家さんは

ひうらさとるさん
上田倫子さん
うめさん
おかざき真里さん
岡本慶子さん
さちみりほさん
新條まゆさん
末次由紀さん
東村アキコさん
樋口橘さん


こちらのプロジェクトの発起人でもある
超売れっ子漫画家のひうらさとる大先生は、
娘さんが同じ妊娠時期だったこともあり、
仲良くさせていただいています。

マネージャーが同じということもあり、
以前、被災地ボランティアに行って来た増賀マネがぼそっと
「被災地でのお話を漫画にしてもらえないかな・・・。」という言葉が、
あれよあれよと実現された
すんばらしいプロジェクトなのです。

私はその言葉を聞いていたので、
今回のプロジェクトは、とても応援していました。
(実際には私は何もしていませんが・・・。)

私が応援するまでもなく、確実に「やる」方々なので、
見届けただけ、というのがふさわしいかもしれませんが(笑)。

そして、その出版イベントが、先日講談社さんで開催されました。

2r0178738

左から

ひうらさとるさん
岡本慶子さん
さちみりほさん
新條まゆさん
うめ/妹尾朝子さん
うめ/小沢高広さん

この日は、漫画にも登場した被災地の語り部をしている
「かっちゃん」がいらしていて、
震災当日のエピソードや、今の現状についてお話くださいました。

漫画家さんたちは、描いた時の苦労や
取材時のエピソードも交えて、色々なお話をしてくださいました。

漫画家さんって、絵も描くのはもちろん、
お話も作れる方々なので(すごいことです~ほんとに~)、
なんせお話も上手。
とても聞きごたえのある有意義なイベントでした。

質問者の
「描けなかった取材時のエピソードとかありますか。」
という質問のお答えで印象的だったのは、

南三陸など漁師の町に取材に行ったチームは
「漁師さんたちのブラックジョークというか、
第三者からすると笑うに笑えない、
被災地での自虐的な笑いなどもおっしゃったりするんだけど、
そういうのは今回の漫画には組み込めなかった。」
というのに対し、

福島取材チームは
「取材時にあんまり笑いはなかったですね。」
という言葉でした。

漁師さん達は元来明るく前向きで、
厳しい状況ではありますが、訪れてくる方々を温かく迎え、
笑いを交える余裕も出て来ていたそうですが(取材は震災1年後から)、

福島の一部地域でお話を聞いた方の中には、
いまなお大変な状況におられる方もいらっしゃった、
ということです。

福島取材時の夜、漫画家さんたちが地元のお酒で過ごす輪に、
地元の案内役の人が加わった際、
「久しぶりにこんなに笑った。」とおっしゃったそうです(涙)。


参加した漫画家さんたちは、
みな「このプロジェクトに参加して良かった。」とおっしゃっていました。
みなさんが行かれた先の取材地PRもかなり熱かったです(笑)。

この日、あまりにも海鮮の美味しさのお話があったので
帰りに海鮮丼を買って夕食にしていました(笑)。

そして、このプロジェクトは
こちらの本が売れることによって
その利益が被災地に寄付されるので、
ここからが実質的な支援になります。

ぜひぜひご購入ください!
(といっても、アマゾンでは当日完売でしたが・・・。)
お近くの大きめの書店などにはまだあるかと思います。

私は何冊か購入して、知り合いに配ろうかと思ったら、
近くの書店にかろうじて1冊。
出版イベントでも売り切れでした!

これからさっそく重版される予定とのことです。
ぜひぜひご購入ください~!

本が手に入らない方は電子書籍でも読めるそうです。
Yahoo!ブックス「ストーリー311」
Amazon Kindle版「ストーリー311」

「ストーリー311」WEBサイトはこちら



話は変わって・・・・。

そんな先週、ついに
会田誠さんの「天才でごめんなさい」を観に
森美術館へ行ってきました~!

3r0178731

いやいや、本当におもしろかったし、うまかった!
すばらしかった!
常時おもしろすぎてにやけっぱなしの私でしたが、
まわりが真剣に見ていて、
笑いをこらえて見ていました。

4r0178732

新作、おにぎり仮面の「考える人」。
ここは撮影OKです。

「日本に会田さんがいて良かった。アーティストがかっこつけたり、
世間体から言えない本音をちゃんと作品にしている。」と、
一緒に行った主人もいたく感動。
何度も見に来たいと大絶賛していました。

本人解説の音声ガイドもおすすめです~!

今回の展覧会もいろいろ物議をかもしたようですが、
実際の所、会田さんとは社会学者の父と教員の母をもち、
芸大の油画科の院を卒業し、
NYに国際交流基金での滞在制作もし、
いうなれば普通に芸術家としてはエリート。

作品や言葉にはちゃんと歴代の芸術家たちの言葉や哲学を踏まえ、
社会的に知的に語っているのです。

ご本人とお話したことありますが、
普通に筋の通ったまともな事を言う方です。

確実に歴史に名を残す方だろうし、
現代を生きる日本の芸術家としてとても頼もしく感じました。




と、他の方のことばかり語ってしまいましたが、
私の近況は、ひたすら制作・・・。

そして取材。

5r0178741

カチンコにビビるグラム。

6r0178740

ロンドン土産で、雛祭りにプレゼント予定だった物を開封しました。

7r0178734


そのくらいかな・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

「VERYと小南さんと和の会」

2013年03月11日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

あっというまに3月でしたね。

いろいろと告知がでてきましたのでお知らせします~。

まずは女性ファッション誌「VERY」4月号です。

1r0178729

「母ゴコロ エコゴコロ」のコーナーです。

今月は特別なのでしょうか、
本の厚さが2cm近くあってすごいことになっています(笑)。

そして、今回もうまいこと写真にはいりこむグラムに驚き・・・。

2r0178730

しかも、私が別部屋でいない間に写真撮影を終えていました(笑)。

もしかしてグラムも写るかもな~、
と目の周りの毛だけ切っておきましたが、
まさかメインに入り込んでくるとは!
洗ってあげればよかったかな(笑)。


すごく人気の雑誌なので、さすがに充実の内容です。
おしゃれママさんにおすすめの雑誌です~。

どうぞ~!



そして、そして、
もう告知がでていました。

小南泰葉さんというミュージシャンのアルバム発売の告知です。

ジャーン!

3r0227_

CGのように見えますが、実際に切り絵をつけ、
手にも持ってもらい、光を当てて撮影しております。

テーマはアルバムのタイトルでもある「Chimera(キメラ)」。

キメラの語源でもある、
ギリシャ神話に出てくる空想の動物、
頭がライオン、胴はヤギ、そして大蛇の尾をもつ 「Chimaira(キマイラ)」の
マスクをつけた小南さんがビジュアルを飾っています。

キマイラは火を吐く生き物だそうで、
炎も切らせていただきました。

4r0227_

こちらは以前のブログでも紹介した、
カメラマン 皆川聡さん
メイク YUKIさん
ヘアー 今泉亮爾さん
そしてアートディレクターの戸崎正浩さんという
すんばらしいスタッフの方々と楽しく撮影させていただきました~。

発売は5月ともう少し先ですが、
メジャー初アルバムなのかな。
ぜひとも売れてほしいです!

いろいろな音楽サイトでは発表になっておりますので、
どうぞどうぞお見知りおき下さいませ~!



そして、今年もやってきました~!

宝生流「和の会」定期公演です。
今年で5年目なのですね~。
私のビジュアル制作も5作目に突入しました。

今回の演目は「葵の上」。

5r01_2

元皇太子の妃でもあり、光源氏の愛人であった
六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)が、
正妻の葵の上に嫉妬のあまり怨霊となって取り憑くお話です。

今回も、能「葵の上」にちなんで
他の連吟が「須磨源氏」、舞囃子「半蔀(はしとみ)」など
源氏関連の物が上演されます。
狂言は「梟」です。

みどころは、六条御息所は元皇太子妃ですので
般若となっても気品を失わないということろです。

楽しみですね~。

今回は、女が嫉妬のあまり鬼へと変貌してしまう
その2面性を一枚の絵の中に表現しました。

当日はこちらも会場にてお披露目です~。

チケットのお求めはこちらからどうぞ! [ 和の会 サイト ]

今年もよろしくおねがいします。



そして・・・。
我が娘の近況です。

先日、「ぬりえ」なるものを与えてみました。
いつも保育園の帰りにある文房具屋さんで見るだけでしたが、
まあたまには1つ買おうかなと(2年くらい見てただけ・・・)。

キャラクターだらけだったので買う気はなかったのですが、
まあ唯一良いかなと思っていた
ディズニーの動物シリーズが(リス、ネコ、ゾウなど)
お気に入りのようだったので、それを買おうと思ったのですが、
いざ買う事を伝えると、予想外の物を選んできました。

娘が選んだのは「り◯ちゃん」でした(笑)。

しかも表紙は、人形の写真だったので
どうやってぬりえなわけ~?と中身をみると中はイラストでした。

まあ、本人が選んだんだし、
私も「今日は買う」と言ってしまったからには買うか~、
と渋々買って帰りました。

さっそく頑張って塗っていました。

初ぬりはこちら(笑)。

6r0178726

わーい!
おもしろいー!

7r0178727

パパとかサイコー!
青いのはヒゲなのか、なんなのか・・・。

8r0178728

主人曰く、「両手が磁石のN極とS極みたいだね~。」

想像もしない配色具合に目からウロコ(笑)。

おもしろい結果が得られて
私も大満足のぬりえでした(笑)。


この記事をはてなブックマークに追加