福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

【お知らせ】 切り絵ワークショップ@駿府博物館

2012年06月27日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

8月4日からスタートする
「切り絵を魅せる~福井利佐の世界~」に合わせて、
ギャラリートーク、ワークショップを開催します。
たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしております!

参加申し込み・お問い合わせは駿府博物館までお願いします。
電話:054-252-0111 FAX:054-252-7011


■ギャラリートーク

各作品の制作秘話など、作家自身が解説しながら作品を鑑賞します。

日 時/8月11日(土) 14時00分から
会 場/駿府博物館講座室・展示室(聴講無料。但し、入館料が必要です。)
定 員/50名


■ワークショップ「切り絵で遊ぼう」

福井利佐がデザインしたアイテムを切って簡単な切り絵を
体験してみませんか。夏休みの自由研究に、楽しい思い出に!!

講 師/福井利佐
日 時/8月11日(土) 10時00分ー12時00分
会 場/駿府博物館・講座室
参加料/無料
定 員/20名
対 象/小学校高学年ー中学生
持ち物/カッター、カッターマット、鉛筆、水性ペン(細・太)、はさみ、定規、消しゴム
水分補給用に水筒などを持参して下さい。


■ワークショップ「福井利佐の切り絵入門講座」

自由に線をつなげて下絵をデザインし、ひとつの切り絵を
作り上げます。福井利佐と一緒に、楽しい時間を過ごしましょう。

講 師/福井利佐
日 時/8月25日(土) 10時00分ー15時00分(お昼休憩あり)
会 場/駿府博物館・講座室
参加料/500円(お一人)
定 員/20名
対 象/どなたでも
持ち物/カッター、カッターマット、鉛筆、水性ペン(細・太)、はさみ、定規、消しゴム、(必要な方は)眼鏡、水分補給用に水筒などを持参して下さい。


「切り絵を魅せる~福井利佐の世界」展覧会特設サイト
『Risa's Atelier』随時更新しています。
ぜひご覧ください→ http://fukuirisa2012.com/web/

01_3


この記事をはてなブックマークに追加

「友人達」

2012年06月25日 | 過去のBLOG記事

先日、インタビュー前半をお知らせしました
WEBサイト「All About Human Dept.」
インタビュー後半もアップされました。

引き続きよろしくおねがいします。

http://allabout.co.jp/human/special/s1/120612/index3.htm

そして・・・・
先週は、久々な友人達に会う事ができました。

まずは、こちらにて待ち合わせ。

1img0714

羽田空港です。


娘は初めての飛行場。

飛行機の離着陸の見えるレストランで昼食です。


余裕を見た時間ではあったのですが、
なんせ2つの事は同時に出来ない2歳児。

お外に気を取られているうちにご飯が進まず、
時間もなくなってきたので、私が隣に移動。
急ピッチで食べさせます。

2cimg0732

そして、友人ファミリー到着~!!!!

2r0176739

昨年11月に誕生した長男くん。
激カワッ!!!なんですけど!!

左が大学時代の同級生いずみちゃん。
右が旦那さんのイタリア人大道芸人のミケーレ。

3r0176734
イタリア在住のファミリー。

今回はミケーレ初の西日本ツアーで、2年ぶりの来日。
いずみちゃんは帰国となったのです。


ワンピースの女の子が長女のNちゃん。
これまたかわいい!!娘と同じ2歳です。
以前会ったのは、産まれて2ヶ月の時でした。

4r0176732

西日本ツアーを終えて帰国するので、山口から羽田に到着。
翌日に成田からイタリアへ出発です。

上の写真は、ソフトクリームを食べるNちゃんに
「モウ1ッパイ!!」と
何度もアイスクリームをねだるミケーレ(笑)。

やはりイタリア人、ジェラートが大好きです。

1ヶ月ほど日本にいたので、なんとなく日本語がわかります。


今回は東京には乗り継ぎにしか降りないと言う事で
束の間の再会を空港で果たしました。
5cimg0786

今回の来日はミケーレにとってはトラブル続きで大変でしたが、
ポジティブシンキングなミケーレは変らず元気でよかったです。

6r0176722

そして、せっかくの帰国ということで、
同じく同級生のあやちゃんも呼びつけてしまいました。

7r0176723

あやちゃんは、今や某大手電子メーカーの
チーフデザイナーなので大変忙しいのですが、
平日の真っ昼間に調整つけて駆けつけてくれたのです!!

ありがとうございます~!!

日本語がほとんどしゃべれなかったNちゃんですが、
日本滞在でかなりわかるようになったとかで、
主人がひとこと
「こっちおいでよ。」
と、声をかけると
「コチ オイデヨー!」と真顔でオウム返し、
「コチオイデヨー!」と言いいながら向こうに走って行き、
そこでぐるぐる走りながら
「コチオイデヨー!」と連呼していました(笑)。

8r0176731

いずみちゃんに
「ママ コレミテ!」と言う事もできていました。


その後も
「こっちきてー!」と言う娘と
「コチキテー!」と言うNちゃんで、
互いに呼び合いながらも
意味もわからず平行線に走りあっていました(笑)。

9cimg0793

最初は話しかけても反応のないNちゃんに、
無視されたと思い、怒り気味の娘でしたが、
次第に仲良くなり最後は手をつないで、成田行きのバスまで行きました。

10r0176742

本当に会えて、よかったです。
ありがとう~!!!

幼子2人抱えて、大変な日本滞在だったと思いますが、
今頃イタリアでゆっくりしてくれていることを願います。



そして、こちらも1年以上ぶりの再会だと思うのですが、
アーティストの松井えり菜ちゃん。
11r0176746

我が家にて夕食を共にしました。

世界を飛び回っているえり菜ちゃんから、
上海土産のパンダクッキーなどをいただきました。

そして、この日はカツラを被っていたのですが、
おもむろに机に置いてあるので、一瞬ビックリします(笑)。

12r0176744

娘も、目の前で頭を装着するえり菜ちゃんに釘付けです。

13r0176747

こちらは、同じギャラリー所属のアーティスト
小谷元彦サンに変身中のえり菜ちゃんを囲んで。

14cimg0800

うちには革ジャン、サングラスがなくて申し訳ありません(笑)。

小谷サンの前には主人に変身していました。


まともな集合写真?

14cimg0812

タイマーでの撮影会、楽しかったです。

8月に山本現代で個展して
その後はドイツ留学らしいので、次回はドイツで会う約束をしました!

たーのーしーみー!


そして、、
翌日は娘の家庭訪問があり、
その後、テレコムスタッフの渕辺さんがいらっしゃいましたー!

15r0176749

娘にかわいいクッキーをいただいちゃいました。

16r0176748

いつでも激務な渕辺さんですが、
2年前のNHKBS太宰治短編集のお仕事から仲良くしていただき、
交流が続いております。

パワフルな渕辺さんと毎回爆笑トークをかまして
楽しい時間をすごすのです。

いろいろ学ぶ事も多く、かつ元気になれる女性なのです。

先週はそんな再会で、あっという間の1週間でした。



蚊の出る季節になってきましたね。
主人が虫除けを買って来てくれて、
娘と付属のシールを貼っていましたが・・・。

17r01767511

魔除けの効果もありそうです・・・・(笑)。


今年の夏の個展「切り絵を魅せる―福井利佐の世界―」
展覧会特設WEBサイト、公開中です。
会場は、静岡駅徒歩3分の駿府博物館です。
こちらもよろしくおねがいします。

http://fukuirisa2012.com/



この記事をはてなブックマークに追加

「駿府博物館WEB スタート」

2012年06月18日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

ブログでは初の告知となるでしょうか?

今年の夏、8/4(土)~9/17(月・祝)の日程で
地元静岡にて個展を開催させていただきます。

会場は静岡駅からほど近い、駿府博物館。

それに先立ち、特設サイトができました!
すてきなサイトになっております。
ご尽力いただいたみなさま、ありがとうございます!

こちらです。↓
http://fukuirisa2012.com/

展覧会のお知らせ、
個展準備に関する事などを順次UPさせていただきます。

展示内容は、
「個人的識別」という、
私の切り絵創作活動のスタートにもなった「顔」シリーズ作品から
現在に至るまでの作品を抜粋したもので構成される予定です。

意外にも「個人的識別」作品は、
卒業制作展以来、まとめて展示した事がなかったのです。

私自身も楽しみにしていますので、
みなさまもどうぞどうぞお越しいただけるとありがたいですー。

立ち上がったWEBサイト共々、
よろしくおねがいします!


Risa_fukui_sumpu

切り絵を魅せる~福井利佐の世界~

開催期間:2012年8月4日(土)~9月17日(月・祝)
場  所:駿府博物館
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休  館:月曜日(9月17日は開館)
料  金:一般500円、高・大学生300円、
       駿府博物館友の会会員250円団体(10名以上)2割引、
       中学生以下・障害者手帳呈示の方は無料
  


この記事をはてなブックマークに追加

「富士山麓」

2012年06月14日 | 過去のBLOG記事

別冊文春7月号、発売されました。

扉絵を担当させていただいている
高殿円さんの「剣と紅」最終話でございます。

女地頭の生涯たった一度の紅のすべてが完結しました。

1r0176709

どうぞご堪能あれ~。



さてさて、週末は小旅行へ。

こんな車内ご機嫌な感じの娘。
フジサン特急にて。

2r0176634


どこへ行ったかと申しますと・・・。

まあまあ、これは富士山ソフトクリームなんですが~。

3r0176635

(せっかくオシャレしたのに、到着間際に麦茶をこぼし、全取っ替え・・・。)


山梨県の富士山麓のホテルに福井家集合したのです。

これは庭の一部。
4r0176639

森林浴、すごすぎました。

庭の中に川が流れてます。

5r0176643

どこまでが敷地なのだか、見当がつきません。


私のおじいちゃんの誕生日会と、
父の日を兼ねた宴が開かれたのです。
6r0176652

それぞれが、色々な所からこのホテルに現地集合でした。

おじいちゃんも90歳を迎えたのですね~。

おめでとうございます!

ますます長生きして下さいね~!!!

まあ、こんな広い宴会場なら
ほぼ100%、小さい子達は走り回りますよね。

幼児3人女子たちは元気に走り回って、
私達に叱られていました(笑)。


さてさて、ここは富士山の麓ということで
それはそれは富士山が大きく見えちゃうはずなのですが・・・・・。



どんより・・・・・。

7r0176657

すぐ目の前の、あの雲の中にドーンといるはずのあの方は、
とうとうお目見えせず・・・・。

夜の蛍鑑賞も中止だし、ちょっと残念です。

しかし、温泉サイコーで、ご飯もおいしくて、よいホテルでした!


次の日は、前々から機会があったら行ってみたかった
「一竹辻が花」の久保田一竹美術館に行ってきました。

門からしてすーごーいー!

8r0176662

一竹さん、これ作っちゃったなんて本当にすごい~。

9r0176664

もちろん「辻が花染め」すばらしかったです!


私は、学生の頃、一竹さんがご存命の頃だとおもうのですが
「光響」の30連作かな?
東京の丸の内デパートの美術館で目にする機会があり、
本当に素晴らしかったです。

着物で絵がつながっている作品なのですが、
すべて絞り染めの手作業とは信じられない物でした。

たしか、学芸員実習の美術館レポートの一つに入れて
感想を提出した憶えがあります。

その時にすでにこの美術館はあって、来たかったのですよね~。

特に、ここが好きでした!

10r0176666

作品展示会場の横に佇む茶房「一竹庵」。

もともと一竹さんのプライベート空間だったものが、
茶房として解放されているのですが、
目の前に富士山麓から引いて来た湧き水で池が作られており、
これを自分一人の観賞用の為に作ったのかと思うと、 すごいです。

調度品も、お父様が骨董商だったとかで
インドのものや素敵なものばかりでした。

11r0176667

これは、アフリカ?のどこかの民族のベッドだったものが
机として使われていました。

12r0176669

奥のでっぱりが枕になっているようです。
男性用とか。

もちろん、ここでみんなでお抹茶やぜんざいで一服。

13r0176672

前日も、ホテルの茶房でお茶をたててもらい、
連日のお抹茶で心清らかに~。

と、言いたい所ですが、

娘は金平糖と落雁に感激で
小さいお皿を私に渡して
「おかわりって言って来て!」と言われました。
(もちろんおかわりしませんよ。)


さらに裏庭も探索~。

14r0176675

裏庭と言うか、山の一部なのですが、素敵です。

こんな洞窟まで作り、ご母堂の像を祭られています。

15r0176677

天然の洞窟かと思うくらい、すてきで神聖な場所でした。

さてさて、あとはもろもろ自然を堪能しつつ見てきました。

河口湖美術館横の緑の空間が素敵すぎです。

16r0176680

奥が河口湖。

「忍野八海」という、富士山の湧き水からできた
自然の八つの泉もみました。

17r0176682

かなり観光地化されてはいましたが
国の天然記念物で、名水百選に選ばれているそうです。

時間がなくて、メインの場所だけにしましたが、
この水深8mの所は、本当に美しくて怖かったです。

18r0176683

なんか、青いのです。

優雅に泳ぐ、ニジマスが神々しかったです。


この日も、富士山は全貌を見せてはくれませんでしたが、
大変良い旅行でした。

19r0176679

(娘の着ていた素敵なお洋服は
Gapのダイアン・フォン・ファステンバーグとのコラボ商品です。
発売と同時にすぐ売り切れるデザイナーコラボ商品、
いただいてしまいました!
Fさん、ありがとうございます!!!)



この記事をはてなブックマークに追加

「All About」

2012年06月07日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

「All About Human dept.」というWebサイトで取材していただきました。
「プロの流儀-mode-」というコーナーです。

作品作りの事やいろいろ話させていただきました。
ありがとうございます。

前半がUPされたので、よかったらご覧下さい~!http://allabout.co.jp/human/special/s1/120605/index.htm

またー、グラムもチラチラ出ちゃってます(笑)。
今は、すっきりサマーカットなので、
ちょっとボサボサなグラムがすでに懐かしいです。


さてさて、先週末はいろいろ出歩きました。

恵比寿のNADiffのギャラリーにて
アーティスト鈴木康広さんの展示を見てきました。

鈴木康広さん「本の消息」
1r0176617

とってもよかったです~!
なんか、癒されます(笑)。

展示マップも手書きなのが素敵です。

詳しくはご覧になられた方がいいと思いますので書きませんが
素敵な作品でしたよ~!
おすすめです。

NADiff
2r0176616

この日は、デザイナーの原研哉さんとのトークショーがありました。
3r0176614

子連れな私は残念ながら、トークショーは参加しませんでしたが、
面白そうだなあ。

この日は、ご本人もいらして、お忙しい中
楽しくお話しさせていただきました。

ありがとうございます~。

そして、こちらが昨年の浜松市美術館での
個展の際に出版された初の作品集。

4r0176619

「まばたきとはばたき」鈴木康広   青幻社


こちらの本のデザイナーが原研哉さんなんですね。

アイデアスケッチなどを交えて作品をご紹介されているのですが、
おもしろいです。
こんなこと、ほぼ毎日考えているんでしょうね~。

日々の中でふと見落としてしまうような些細な事の
発想の転換といいましょうか
とってもシンプルな事の気付きが素晴らしいです。

永遠の少年ですね(笑)。
素敵な事です。
うらやましいです。

こちらもお家に仲間入りしました。
5r0176620
りんごのけん玉です。

間伐材などを使用したmore Treesから出ている
鈴木さんデザインの商品です。

以前から美術館のミュージアムショップで見かけては
気になっていたのですが、ついに購入しました。
素敵すぎて、使えないです(笑)。

NADiffギャラリーでは、7月1日までやっていますよー。



この日の午前中は
赤荻徹さんが主催するアトリエAにお邪魔しました。

こどもたちと同じ人数くらいのスタッフがいるのですが、
主人共々知り合いが多くて驚きました(笑)。

ゆるゆると、その子にあったペースでアート活動に取り組む姿が新鮮でした。

私は娘と参加したので、あまりお手伝い出来ず。

こどものいっぱいいる初めての所では、私の膝から降りない娘です。
620120603_112736

こちらは、初参加の子が作る、エコバックへのお絵描き。
最後に自分の作品の発表をします。

皆の前で発表出来て満足の娘です。
(上の写真は指出さんが撮って下さいました。)

7r0176618

かわいくできたので、この日の主人は
このバックを肩にかけて過ごしました。

ほかにも、代官山や清澄白河へギャラリー巡りな日でした。



普段の日曜日は、たいがい近所の緑地ですごしています。

とりあえず、おにぎり持ってピクニック。

8r0176598

へびいちごを摘むのに忙しい娘。

9r0176599

木陰では、ハープとか奏でる若者達などがいて、楽しいです。

10r0176601

先日はフェレット散歩の方と遭遇しました。


手前の娘。
とりあえず、すぐに大物の枝を発見して持ってきます。

11r0176601

枝好きよね~。


こちらは保育園後に、娘がご執心のお友達と仲良く公園で。

12r0176609

以前の保育室でのお友達ですが、
園が別々になる前は、
毎日、夫婦としておままごとをしていたようです。

娘は未だに彼の世話を焼く事がとても好きなようです。

しかし、彼はもうおままごとは卒業したようで、
微妙に温度差が生じてきました(笑)。



もう蚊が出てますものねえ。
緑地を堪能出来るのはそろそろ終わりですね~。
残念。


この記事をはてなブックマークに追加