福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

「静岡新聞広告賞表彰式&展示!展示!」

2011年10月28日 | 過去のBLOG記事

先週は、1週間に2度目のin 静岡してきました。

静岡新聞広告賞の表彰式があったのです。

こちらが、今回募集ポスターを制作させていただいたもの。

1r0175293

図らずも、テーマが「静岡LOVE」ということで
この叙情的なポスターの雰囲気も相まって(一倉マジック!)、
震災後の故郷愛を考える、すばらしい公募展になりました。


静岡新聞社の松井社長から、広告部門の大賞の方に賞状などを授与。

2r0175289

私も、審査員の一員として参加させて頂いています。(今年で4年目。)

3r0175284

私は公募部門の表彰をさせていただきました。

3r0175298

受賞された皆様、おめでとうございます!!


そして、表彰式の最後は、
恒例の、コピーライター界の巨匠一倉宏先生の講義があります。

4r0175299

毎年、すばらしいのですが、今回も
本当にすばらしかったです。

今年はやはり「震災と広告そして言葉」というテーマでお話しされたのですが、
一倉先生自身が、震災後すぐに、お友達の声優の方からの依頼で
歌詞を書き、応援の歌をインターネットで配信したり、
アートディレクターの箭内道彦さんのプロデュースしたバンド
「猪苗代湖ズ」の震災チャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」
のPV出演(全国47都道府県の方が歌い繋いでいきます)など、映像を交え、
感動的な時間を過ごさせていただきました。

5r0175300

「I love you & I need you ふくしま」は、ダウンロードしていただくと、
被災地の義援金として寄付されます。

一倉大先生は、震災後の広告「MY FIRST AOMORI」シリーズで
で今年のTCC賞のグランプリにも輝かれました!

すばらしい~。


表彰式後は、受賞者の方がたと懇談会。

6r0175303

公募部門の受賞者、
若いピチピチの専門学校生さんと記念撮影をしていたら、
一倉大先生も飛び入り参加!

7r0175307

ほんと、
おちゃめな一面も持ち合わせいている巨匠なのです(笑)。


サインなんかも書いてみたりね。

7r0175312

そして、今回は懇談会の締めは、私へのインタビューだったのです。

8r0175310

インタビューは気が楽で助かりました。
お気使い、ありがとうございます(笑)。


そして、その後は次なるお仕事の打ち合わせへ~。

静岡市美術館で友人と待ち合わせ。
いいところだわ~。

9r0175315

敏腕マネの増賀さん!

ショウガの入ったお茶と、茶葉のはいったチョコ。

10r0175317

お菓子の敷紙が「富士山」です。
いいですね~。

11r0175319

待ち合わせの時間にすっかりリラックス。


その後は、怒濤の打ち合わせ。
個展の会場見学しつつ(市美術館ではありませんよ)、
業者さんなどの顔合わせしつつ、
友人おくちゃんに空間デザインなどのお話ししました。

おくちゃんは、高校と美術予備校が一緒だったお友達です。
卒業後も、女バス以外の唯一親交のあるお友達です。

写真は、打ち合わせ後に夕食を。

12r0175321

おくちゃんは恥ずかしがりやさんなので、
なんだかしんみりした写真になっていますが(笑)、
楽しいお食事だったのですよ!。


来年のことですが、徐々に進行中です。
どうなるかな~。
楽しみです。

この週は、2度の静岡出張でややお疲れ。

娘との週末は遠出をする気がなく、家でまったり過ごしました。

まったり・・・。
と言いつつ、午前のグラム散歩を終えた午後は
娘のエプロンを作ってしまいました。

13r0175327

娘の通っている保育室で、
保育師さんが手づくりしたこどもエプロンを着て
おままごとしている様子をみていて、
「こどものエプロン作れるんだ~。」
と漠然と思っていたのですが、決行。

今回は、何となく採寸して型紙無しで作ってみましたが、
意外と作れてびっくり!

娘が、「ピンクのエプロンで~。」とか
妄想のおしゃべりをしていたので、
「ピンクね~・・・」と、
家にあったハギレの中からピンクものをチョイス。

こどものエプロンは丸いフォルムのものが
可愛いと思っていたので、
バイアステープを購入して、ミシンでさくっと作りました。

14r0175328

ごらんのご機嫌顔。

これで保育室に行くと言いはじめてしまい
やんわりと阻止しました(笑)。

ポケットはピンクの水玉ですが、
肩ひもは青の水玉(ピンクがなくなったから)です。

15r0175330

これが、まめしぼり風でなかなかかわいいのです(←自画自賛)。

あきらかに着物柄ですが
(おそらく大学生くらいにハギレで購入していたと思われます。)
こどものものって、本当にハンカチ程度の大きさで作れるので
簡単で安上がり。

16r0175331

あんまり凝った事はできないけど、
作るのはこちらも楽しくていいですね。

こどもがそばにいるのに針仕事とかできないよ~!
とか思っていましたが、意外とハギレやリボンで遊んでみたり、
近くで楽しく過ごしてくれました。

けっきょく休日も何か作ってしまった私なのですが、
本業の方はかなりの切羽詰まった状態でした(笑)。

しかし、それもなんとかクリア!
無事に搬入してきました!

デザインタイドの会場にて。

17r0175337

設営中。

新作と、私のルーツのものを展示する予定です。

デザインタイドでは、
ランデヴープロジェクトのスローレーベルで手がけたものも
展示・販売予定です。(TIDE MARKETにて)

私の作品は、「JP/UK Mark-ing」というタイトルの
日本のアーティストとイギリスのアーティストの作品展示のコーナー、
そしてランデヴーの2カ所で参加です。

そして・・・・。
無事に搬入を終え、娘を保育室からピックアップして
家に帰ると・・・・。

さらに翌朝、個展搬入を控えたMAXに忙しい&寝不足で
朦朧としている主人がいるのです。

18r0175340

トンカチをもってお手伝い中の娘(壊し屋)。

19r0175343

強制退去してもらいました(笑)。
ごめんよ~。
シャレにならないから。

結局、娘の寝付いた深夜から私もお手伝い。

20r0175346

朝になりました・・・。

21r0175345

こちらも無事に配送屋さんと主人を見送りました・・・。

そして、今日は主人の個展とデザインタイドのオープニングがまるかぶり!

どのタイミングで、娘を迎えにいき、
六本木と代官山を行き来するのか、敏腕マネ増賀と思案中です・・・。


主人の個展はこちら
↓↓↓

今井トゥーンズ「TOONZ MORE CAMP」
10.28(金)- 11.9(水)
http://www.galleryspeakfor.com/

   
 
         
       


この記事をはてなブックマークに追加

Mark-ing

2011年10月21日 | 過去のBLOG記事

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「Mark-ing」


日本と英国で活躍するデザイナー16名を紹介する展覧会を、
DESIGNTIDE TOKYO 2011において開催します。
家具や建築、インタラクティブデザインなど幅広い領域で
実験的な取り組みに行うデザイナーに焦点をあて、
実際の作品展示に加え、それぞれのインスピレーションの原点を
デザイナー自身が語るストーリーと共にご紹介します。


参加デザイナー

織咲誠 / Makoto Orisaki 
岡本光市 / Koichi Okamoto   
長坂常 / Jo Nagasaka   
中村竜治 / Ryuji Nakamura   
福井利佐 / Risa Fukui   
二俣公一 / Koichi Futatsumata   
スズキユウリ / Yuri Suzuki   
黒河内真衣子 / Maiko Kurogouchi 

モーリッツ・ウォルドメイヤー / Moritz Waldemeyer 
イズミニ・サマニドゥー / Ismini Samanidou  
ポール・コックセッジ / Paul Cocksedge  
マックス・ラム / Max Lamb  
ジェフリー・マン / Geoffrey Mann  
ヘレン・エイミー・マリー / Helen Amy Murray
ハンナ・マーティン / Hannah Martin    
ベンジャミン・ヒューバート / Benjamin Hubert  

Organised by : British Council / E&Y co.,ltd  

Curation : 松澤 剛 / マックス・フレイザー
Art Direction & Design : 尾原 史和
Exhibition coordination : 佐藤 拓
Project coordination :  須藤 千佳  (British Council)
Planning : 湯浅 真奈美 (British Council ),松澤 剛 (E&Y co., ltd)


開催日   :2011年10月29日(土)~11月3日(木・祝) 
開催時間:10月29日(土)~11月2日(水)11:00~20:00
     /11月3日(木・祝)11:00~17:00
会場 :東京ミッドタウン・ホール

入場料、開催時間などの詳細はデザインタイドトーキョー2011の
ウェブサイト(https://designtide.jp/)でご確認ください。


http://www.mark-ing.info/ (準備中)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



Marking_card1



この記事をはてなブックマークに追加

「静岡県立美術館ワークショップ」

2011年10月20日 | 過去のBLOG記事

本題の前に、お知らせー。
別冊文藝春秋です。
11月号、発売されています。

1r0175283

高殿円さんの時代小説「剣と紅」にて、
扉絵を担当させて頂いています。

今月で3話目のお話になります。
前回と前々回のお知らせをしていなかったかもしれません。
すみません。

遠州の名門、井伊家のお話です。
とってもおもしろくて、私も毎回続きが楽しみです。


秋の夜長に是非どうそ~。



さてさて、本題。
静岡県立美術館の実技室にてワークショップしてまいりました。

一日目は親子参加でもできるワークショップ。

2r0175164

またまた鯉を泳がせるのですが、

2r0175173

今回は、県立美術館の過去のポスターを利用します。

3r0175163

お母さん、2人の息子さんと一緒に。

3r0175174

チョキチョキ。

4r0175176

大人は凝って。

5r0175179

できてきた。

6r0175187

アドバイス。

7r0175192

カッターが初めてな子には、ご指導いたします。

できたら、泳がせます。

8r0175195

この日は、午前と午後と2グループ開催しました。

県立美術館常連のご年配グループ。

9r0175215

最年少2歳から、70代まで
幅広い年齢層の方が参加して下さいました。
(2歳児はおかあさんのそばで遊んでいました。)

こんなになりましたよ~!!!

11r0175224

素敵~。
こちらは、今後館内に貼り出される予定です。

さてさて、ちょっとばかりお話を。

12r0175228

先日、家族の肖像画を制作させて頂いたご家族も
愛知から参加して下さいました~!

13r0175229

わーい。
ありがとうございます。

数ヶ月会わないだけで、ずいぶんお子様が成長されて驚きます。

14r0175220

ボランティアさんが制作した鯉。
静岡県立美術館といえば、ロダン館が有名です。
考える人、のっちゃってます!


ワークショップ終了後は談笑。

15r0175232

スタッフさんとも談笑。

15r0175233

参加者の方の作品をチラリ。

15r0175254

こどもって思い切りが良くて、どんどん作っていくのです。

15r0175256

みんな面白い作品ばかりでした。

15r0175258

あれダメとか、これダメとか思うのは大人で、
こどもはそういうの関係なしです(笑)。

15r0175259

人面魚がこうなった(笑)!

15r0175260

1日目、怪我もなく、楽しく終了。


2日目は本格的な切り絵です。
こちらは中学生以上の参加です。


はじまりました~。

16r0175239

後ろにいらっしゃるのは、今回お声掛けしてくださった、
講座担当の鈴木さんです。

最初にちょこっと、切り絵の試作をしていただき、本番。

17r0175241

今回も線と丸のみで遊んでいただきます。

しかし、今回は参加人数30人越え!
枠は総勢36枠で制作する事になりました。

黙々・・・・。

18r0175244

昼休み後に戻ってきたら、もうすでにこの状態(笑)。


作業の早い方から、グループにわけて
色付けの仕方を指導します。

19r0175248

そしてまた黙々・・・。

20r0175249

こちらは県立美術館実技室スタッフチーム。

21r0175253

和気あいあいの仲良しチームです。

こちら、年配チーム。
ここの方みなさん70歳越えと思われます。

22r0175262

そして、なんと奥の中学生君!

23r0175263

4年前、静岡で開催された「大御所四百年祭」の
切り絵行灯ワークショップに参加してくれた方!!!

わー、大きくなっていてわからなかった!
ありがとう!!!

4年前は小学4年生だったそうで、
この成長の著しさはなんだろう!

嬉しい限りです。

彼はその後も、行灯の展示会場に
お母さんと一緒に見に来てくれてお花をくださったり、
東京・浅草の私の個展にきてくださったり、
こうして中学生になっても参加してくれて、
本当に嬉しい限りです。

あの「大御所~」の時のこどもたちって
その後どうなったのか気になったりするのですよ。


そうこうしているうちに、こちらもいよいよ完成!

みんなの作品を組み合わせていきます。

24r0175264

みんなが見守る中、ちゃんと絵柄が組合わさっているかチェック中。

25r0175267

この一見組合わさっていないかのような絵柄が、
実はつながっている感がたまりませんね。

26r0175274

みなさん、満足していただけたようで、よかったです。
パチパチパチ~(拍手)。

こちらも企画段階で、静岡のアイテムをいれて・・・とか
いろいろ思考したのですが、
人数の膨らみ加減から言って、
シンプルに線と丸だけで十分と判断させて頂きました。

お時間もたっぷりあったので、
「何でも答えます、質問コーナー」させていただきました(笑)。

27r0175275

新聞社の取材の方がまだいらしてなかったので、
後ろで鈴木さんが「話をのばすように~~」と、
テレビのディレクターばりに合図していたのですが(笑)、

みなさん熱心に質問して下さって、
取材も忘れ長々と喋らさせていただきました。

28r0175278


というわけで、無事終了。

私も楽しませていただきました。

「ワークショップ」って、
「講座」というニュアンスとは違うと思っているので
常に団体でできる楽しめる要素を盛り込もうと考えています。

この「線で遊ぶ」は、切り絵の基本も体験できて、
かつ団体での制作、出来た時の喜びが組み込まれていて、
普遍的な内容だと思っています。(自画自賛)

参加していただいた皆様、本当にありがとうございましたー!!!



美術館では、こちらのグッズコーナーも
設置していただいています。(10月末まで!)

29r0175247

問い合わせ多数の画集「KI RI GA」ですが・・・・。

本当にこちらの持ち合わせも完売してしまい、
置く事ができずにすみません(涙)。

ワークショップの参加の方々のみに
サンプルを見ていただく形になってしまいました。

来年も展示がもろもろあるので、
どうしようか増賀マネージャーと思案中です。


こちらは美術館のレストランでの昼食。
駿河の魚介パスタ!

30r0175245

美味しかったです。

県立美術館はとってもいいところで、
近くには県立大学の芝生の広場もあり、
参加者の方々はお昼は外で食べたり、
本当に気持ちのいい所なんです~。

ロダン美術館も必見です。
デッサン会もあるのです。

是非、一度足をお運び下さい。


この日は、実家に預けてあった娘を
早々にピックアップして、東京へトンボ帰り。

新幹線待合室にて。

311

静岡駅ホームにて。

35

新幹線にて。

323

お写真を撮っていただいたように、
増賀マネがいたので新幹線も大助かり。
ありがとうございます~。


トンボ帰りな理由はもちろん忙しいから。


制作!制作!です。

33r0175139

パネル干してます。

34r0175129


頑張らねば~。




 


この記事をはてなブックマークに追加

「尾行」

2011年10月14日 | 過去のBLOG記事

3連休は、娘が金曜の夜から体調を崩したため、
遠出は避け、ほぼ自宅で過ごしました。

最終的に熱がガッと39℃でて、
デトックス的に大量の汗で毒素を出したようで、
ようやく復活しました。

途中、声がかすれて、
2歳児なのにガラッガラの貫禄ある声を出していて
おもしろかったです。

その後の咳は、かわいそうでしたが・・・。

無事に元気さは取り戻して一安心です。
この週は、2日しか保育室に通えませんでしたが。


さてさて、
わたし、
家にいる間、
常につけられているみたいなのです。

新聞を読んでていても、仕事していても
何をしていても、ふと気づくと視線を感じるのです。


階段先から視線を感じるんです・・・。

1r0174741

そう、あのヒトです。

2r0174740

なんか見てるよねー。

3r0174775

真剣・・・・。

4r0174773

よく見て下さい。手すりの先です。

5r0174995

ズン!

6r01749941

ズン!ズン!

6r01749943

そうです!

7r01750811

イニシャル「G」の例のヒトです。

8r01750813

どこにいたって、常に監視されています。

9r01751091

まさかっ!っていう位置からでも見てるんです。

10r01751093

なんなんでしょう。

11r01750021

何をそんなに期待しているのでしょう。

12r0174772

そんなにあなたの思いどうりに、
行きたいお部屋の方へ私がいくわけありません!

13r0174774

家事とか家の仕事もいろいろあるし、
始終あなたの「行く?」みたいなテレパシーに答えられません。




人間って忙しいの。




ごめんね。



そして、この私を見ていない時と言えば・・・。


14r0175011

緊張感のある背中です。

15r0175006

「よし!」の合図を一瞬たりとも聞き逃さないための
全神経を研ぎすませているのです。

16r0175008

ごはんの時のこの緊張感ったらないです。

17r0175010


ごはんは一瞬でたいらげます。
噛んでいません。



そんなイニシャル「G」ことグラムさんですが、
グラムに会いたいと言う奇特な方が遊びにいらしてくれました。

先日、作品をお買い上げさせて頂いた村橋君が
この度入籍された相方の岩瀬さんを連れて
作品をお届けがてら
我が家にやってきてくれました。

岩瀬さんはポリティコン展で、
搬出のお手伝いなどをしていただいて
夫婦ともども、お世話になっております。

岩瀬さんが前々から、グラムに会いたがっていたのです。

と、遊びにきてもらったのにクッキー作りに参加させる私(笑)。

18r0175089

娘がお風邪でお外遊びができないのでねー。
友好を深めていただければと思います。

この日は、雑誌「クーヨン」に載っていた米粉ドーナツにも挑戦!

19r0175094

なんか、段々うまくなってるわ。

20r0175097

本当、村橋夫妻お休みの所すみませんねー。


なんか、モノ作りな場でしか会った事なくて、
こういった感じが自然かなーと思ったり、
自分がクッキー食べたかったからとか、
思ったりしてねー(←自己中です)。


できあがって、お庭で食べました。


21r0175098

ドーナツは私の揚げが失敗しましたが(笑)、
クッキーは美味しかったです。


ドーナツはまた再挑戦します!


娘は、一仕事終えて早々に眠りにつき、
大人タイム。

ちょっと席を外したすきに村橋君がグラムを抱いていて、
羨ましがる岩瀬さん。

22r0175100

岩瀬さんも抱いて、大満足!!

23r0175101

グラムもよかったね!
(ほんと、カメラ面線なんですけど・・・。)

また遊びにきてね。
何か、作るの考えておくわ(笑)!


寒くなってくると人肌恋しいよね。(真夏でもベッタリされますが。)

24r0175076

寝ているヒトがいると、チャーンス!とばかりに
いい隙間に入り込んできます。

寝返りしようとすると、いたりしてびっくりしますよね。


蚊もいなくなってきたので、グラムの好きなお庭を開放。

25r0175085

平日はあまり散歩できなくて、申し訳ない。
こちらで我慢して下さい~。


         

             


この記事をはてなブックマークに追加

「花火」

2011年10月12日 | 過去のBLOG記事

まずは宣伝から。

婦人画報11月号!発売されています。
今号はなんと1300号!!!!

えーと・・・月刊誌って1年で12冊出るとして・・・。
1300って!!!!

すごいことですねーーー。
106年前に創刊ですって。

1r0175113

めでたい!めでたい!ってことで、
樋口可南子さんのまわりに鳩を飛ばさせていただきました。

樋口さんもドレスでのポーズを軽やかに
美しく決めて下さり、すばらしいです!

女優さんて,本当にすごいなあと毎回感心させて頂いています。

内容も、すっかり秋!
京都、食、優雅な一冊です。
ヨダレ必須です。

是非~!。

そして、またまた家族で登場。
フランスのお洒落キッズファッション誌「Milk(日本版)」。

2r0175112

ちょろっと載せていただいています。

以前、切り絵のお仕事でファッションページに参加させて頂き、
今回は家族で取材させて頂き、
本当にお世話になっております。

家族写真ですが、グラムもうまいこと写っています(笑)。
いいとこ入ってくるよねー。

というかカメラマンさんの腕がいいのですが(笑)。

お洒落&かわいすぎて、毎回うっとりな内容です。
こちらも是非!



さてさて、本題の花火です。

昨年同様、指出家に集合させて頂きました。


花火前にひとしきり遊びます。


1r0174836

娘は、昨年同様、産着を浴衣代わりに着ました。

2r0174830

昨年はまだ裾や袖が長かったのですが、今年ぴったりに!

帯も昨年はてぬぐいでよかったのですが、
今年は兵児帯を買いました。

生地がガーゼの2重になっていて、真夏は暑かったのですが、
今年は花火大会が10月にずれこみ、ちょうどいい気候になりました。


今年は、指出さんの釣り仲間のバンドマン小松家とご一緒。

3r0174838


5歳の娘さんがいらっしゃいます。

この娘さんとお父さんの関係が本当に
自然な感じで仲良しで、羨ましい限りです。

うちの主人も、羨ましがっていました。
(現在の娘は、私以外をまったく拒否する時代に突入。)


さてさて、花火開始!

4r0174847

今年は、時間も40分と短縮で、
短い時間に一気にドカンドカンとうち上がり、
間延びする感じがなく、なんだかいい感じ!

娘も喜んでみていました。

しかし!

小松家の娘さんが鼻っから花火の音が嫌だそうで、
部屋の中で見るということで、
指出家の息子君2歳とうちの娘と
より近くに見に行ったのですが・・・

まさかの息子君が怖がってわめき叫ぶという事態に(笑)!

別の花火大会は大丈夫だったそうで、急にこの変化・・・。

こどもってわからないですねー。

むしろ、色々気がついてきて大人の階段なわけで、
うちの娘が鈍感なのかも・・・(笑)。

娘も息子君を真似て怖がったフリとかしてみたり。

それそれの個性があって、おもしろいです。

そして、花火が終われば指出さんの奥様の
おいしい料理とお酒(私は飲めませんが)、
子どもたちもお腹が満たされて元気爆発です。

そんな中、なんとうちの娘が指出家の廊下に
ピンクの色鉛筆でお絵描き・・・・(涙)。

本当にすみません・・・。

指出家はのびのび大らかな一家で、
すでに息子君の大きな青いクレヨンのお絵描きが
廊下にツツ~とされていたわけなのですが、
(奥様曰く「何で消そうかなって思ってて、そのままなの」笑)
それを見て、描いていいと思ったのでしょうか?
やってました・・・。

本当に重ね重ねすみません・・・。

旦那さんもいい人で、「むしろ、どうぞどうぞー。」
とか言ってくださるのです(←神!)。

そして、奥様がいつ出そうかなと買ってあった
段ボールの「お絵描きハウス」を出してきてくれて、
それに思う存分描くことに!(←本当に神!)


5r0174851

息子君のものだったのに、すみません・・・。

そして、大興奮・・・・。

6r0174855

でも、うちの娘&小松家の娘のガールズはちゃんと描くのですが、
指出家息子君は段ボールハウスに大興奮!

「壊し屋」と化して、この日でボッロボロに(笑)。

7r0174856

常に規定外な入り方をするご機嫌な息子君の図。


あー、おもしろかった。

息子君が破壊して、
ガールズが「組み立てて~!」となるので、
また一緒に組み立てるのですが、
その間、息子君は自分のおもちゃスペースで電車や車などに一人没頭。

そして「できた~完成!」と聞きつけるや否や、
スクッとたちあがり満面の笑みを浮かべ、
「できたー!!」と、段ボールへ突進してくるのです。

男の子って本能のおもむくままなんですね~。
自由だわ~。



そして、廊下を3人で走ってきたりするのですが、
おかっぱで田舎着物風の娘の走ってくる姿は「座敷童」っぽくて、
子どもが走り回る中、

大人たちはテーブルで「座敷童って本当にいるらしいよ」っていう
座敷童ネタで盛り上がりました(笑)。

8r0174854

あー、本当におもしろかったです。

指出家のみなさま、小松家のみなさま、
素敵な時間をありがとうございました。


座敷童ではないのですが、娘は家の中では
いまだに「こどもの城」でつくった帽子を被っています。

そして、首からいただいた手づくりポシェットを
つり下げるのがトレンドのようです。


9r0174825

これは、鯉のぼりのリメイク作品で人魚風な娘。

10r0174827


玩具などから素敵なジュエリーに変化させる
コンテポラリーなアーティスト嶺脇美貴子さんの作品です。
ラグマットになっています。


そして、またまた素敵な家族取材をしていただきました。

111

この写真は取材中の1コマを増賀マネが撮ってくれたものです。

いい写真でしょ~。

グラムいいとこ入ってくるよね~(笑)。
わきまえてるわ~。


   


この記事をはてなブックマークに追加