福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

「井の頭自然文化園」

2011年02月28日 | 過去のBLOG記事

三鷹市にある井の頭自然文化園に行ってきました。

ひどいピンボケようで、何書いてあるのかわかりませんが、入り口です。

1r0172708

案の定、着いたらお昼時刻だったので、まず腹ごしらえ。

2r0172714

この日は雪の後だったので、とっても寒くて、
水筒にはお湯を入れて持っていき、
フリーズドライのスープを作りました。

おにぎりを作って公園で食べるということは、
よくやっていましたが、
娘の分も作るようになって、
本当に家族が一人増えたと実感。

娘は、かつお節のおにぎりが好き。

さてさて、
和み系の動物オンパレードで、本当に楽しかったです。

まず、モルモットのお触りコーナーで和みます。

やぎ。

3r0172725 

うさぎがうさぎを見ています。

4r0172726

カピバラ。

5r0172730


たぬきやワラビー、鹿など、和み系が続きます。
娘も大興奮。

そして、なんといってもアジアゾウのハナコさん!
御歳64歳!!   

6r0172736

本当に神々しいです。
色んな物を超越している感じです。
すごいなー。

写真で大きさ比べ。

6r0172743

おおきいな~。

温室には鳥の楽園。

6r0172747


この温室も雰囲気がたまらなく良いです。

リスの園舎で、縦横無尽に走り回るリスを間近で堪能しました。
他にも、井の頭文化園の歴史みたいな
展示もあっておもしろかったです。


分園のほうで、水生動物も堪能。 

7r0172749

娘は最近、金魚が好き。
「きんと(きんぎょ)」を連呼。
お魚はみんな「きんと」らしいです。

大きいオオサンショウオがいたのですが、20歳らしいです。


ここにきたら、ほとんどの人がやると思われます。

「産まれたー!」

8r0172734


ここは、猛獣系がいないのと、
手頃な広さで子連れには最適。

それでいて、わりと珍獣もいて見応えがあって満足です。

暖かくなったら、また行きたいと思います。




現在の私は、お休みなど無く、
打ち合わせで外出する以外はひきこもりな生活です。

この動物園レポートも
かれこれ2週間くらい前の出来事だったような・・・。


その代わり、娘の一時保育代経費節約のため、
午後から入れたりしているので
午前中は、家事をしながら
娘とちょっとゆっくり過ごしたりしています。

もろもろのお仕事が同時進行で重なっているので、
今日はあっちやって、明日はこっちやってと、
なんだかバラバラお仕事をしていて、
落ち着かない日々です。



先週は娘をお迎えにいった後、
六本木のギャラリーオープニングに行ってきました。

9r0172798


六本木の麻布警察署のすぐ裏の、
アーバンなビルなのですが、
こちらのピラミデビルの所有者、
森ビルさんのはからいで、
現代美術を展示・販売するギャラリー5店舗がオープンしました。

10r0172799


「オオタファインアーツ」、
「禪フォトギャラリー」、
「タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム」」、
「ワコウ・ワークス・オブ・アート」
です。

なんだか凄い人だかりができている所があって、
よくみたらアラーキーこと荒木経惟さんの展示で、
本人がいらっしゃっていました。

作品も本人もさすがの貫禄です。


その後、六本木ヒルズで開催の
「G  tokyo2011」にも行ってきました。

11r0172809


あまりアートフェアなどは行かないのですが、
すごい活気があって楽しかったです。

日本のトップギャラリーが集結していて、
お祭りのような賑わいでした。

最近、アート市場も厳しいと聞きますが、
こちらの活気のある様子をみるとほっとします。

ミズマさんでは、
天明屋さんが新作ずらりと展示していて素敵でした。
水で書いた龍がおもしろかったです。
(キャンバスには何も残っていません。)


そして、再び新幹線。
娘の足が同化しています。

13r0172825


今度は、名古屋で法事です。

この日は娘が熱が出て、行くのが危ぶまれたのですが、
昼には下がったので夕方出発しました。

次の日には帰ってきたのですが、
どうも新幹線移動が重なりすぎていて、
帰ってきてから熱をだしてしまうことが続いています。

新幹線の中では寝ないんですよね。
落ち着かないのでしょうね。



さてさて、お知らせ。

横浜の象の鼻テラスにて、
「横浜ランデヴープロジェクト展」
私も参加しています。

14r0172836


昨年の秋くらいから、
横浜市の福祉作業所を何件か訪問して
一緒にモノ作りをすることを模索していました。

何園か候補があって、
今は2つの作業所と取り組んでいます。

作業所とアーティストが協力してモノを作り、販売します。
売り上げで、作業所の方達の生活を支援します。

まだ私のチームは試作段階ですが、
とりあえず、今の段階の物を発表します。

28日には、アーティストトークに参加予定です。

展示は3月27日までです。
お時間のある方は、ぜひぜひお立ち寄り下さい。


     


この記事をはてなブックマークに追加

「グラムと娘」

2011年02月21日 | 過去のBLOG記事

最近のグラムは、やや毛がのびてフカフカ犬になっています。

1r0172577

私としては、夏冬関係なく手入れがしやすく
短めにカットしたいところなのですが、
周囲の反対にあい、仕方なくのばしてあげています。

こっそり顎のラインと耳だけ、切りそろえました。

玄関の階段下から熱い視線。

2r0172575


みんなでおでかけ。
自転車で公園まで。

3r0172661

いいなー。

4r0172658

いいなーーー。

5r0172657 

じゃあ、グラムもね。

6r0172659



公園後は深い眠りへ・・・。

7r0172665

これ、完璧娘の足に顔を置いています。



なんだか、スフィンクスポーズでおすまし。
 
8r0172774

写真撮ってあげるよー!
と近づいたのですが・・・。

9r0172775

10r0172776 

11r0172777

12r0172779

ね、寝ちゃうんだー・・・・。





ネギ星人あらわる・・・。(やめてー!)

13r0172693

家の中でもお気に入りのコートを着たがります。



仲良し。

14r0172671

   


この記事をはてなブックマークに追加

「ポリティコン発売!!」

2011年02月16日 | 過去のBLOG記事

遂に!
桐野夏生さんの小説「ポリティコン」が発売になりました!
文藝春秋社から、2月16日に発売です。

特設サイトもできています!
http://bunshun.jp/pick-up/politikon/

かれこれ3~4年前に、
週刊文春での連載に挿画をさせていただき、
1年半の連載を終え、
そのまま別冊文春の方に移行して、
つい昨年の秋に完結した所です。

単行本になるにあたり、
装丁画を制作させていただきました。

本当に最初から最後まで一緒にお仕事させていただいたのです。

ありがとうございます!
嬉しいですー!


上下巻で、かなり厚めに仕上がっています。
こちら!

1r0172782

帯がない状態。
上巻

2r0172785

下巻

2r0172786


実は先月はこちらの制作がかなりの山場でした。
が、がんばった私。

上巻は男性のイメージ。
下巻は女性のイメージです。

これは、読むとわかるのですが、
本当に主人公が入れ替わっています。

現代社会のいろいろな闇の部分が折り込まれています。
有機栽培とか無農薬とか、そういったブランドが流行る昨今。
そして、北朝鮮問題。
こうして書くと難しそうですが、一青年と一少女のお話です。

桐野さんの作品は本当におもしろくて、
あっという間に読めてしまいます。

是非是非、多くの方に読んでいただけたらと思います!

おそらく桐野さんのサイン会などもあるようです。
桐野さんファンは多いから凄い事になりそうですねー。

作品もすごいのですが、桐野さんご自身がべっぴんさんなので
そのお美しさを拝めるチャンスですよ!

「ポリティコン」関係は、これからもろもろありそうなので、
ひき続きお知らせします。

よろしくおねがいします。

そして、私の最近の日々です。

雪が降りましたね。
雪と梅を撮りたかったのですが、あまりうまく撮れず・・・。

でも、梅にたくさん花が咲いた様子をお伝えします。

3r0172678

茶菓子は梅に鶯。

4r0172676

寒椿。

5r0172675

バレンタインはもちろんSWEETCHのチョコ。
今年はカヌレ風な塩キャラメルとコーヒー味のチョコでした!

6r0172780 

もちろん、美味しかったです。(毎年恒例、私が食べている・・・。)

7r0172781

バレンタインの前日は、主人の誕生日。

8r0172763

こんな日に産まれた宿命と言いましょうか、
プレゼントやケーキ、チョコ的なものは、
小さい時から一緒くたになっていたそうです。

まあ、そうなりますよね。

家族3人ですので、近所で小さいデコレーションケーキを購入。
それを、ウォーホルの唇プリント皿に取り分けました。

もう娘もケーキ解禁。

8r0172768


無言で手掴みで、もくもくと食べていました。

あの白くて丸い物体が、
こんな美味しい物だったということに気づいた日なのでした。

月に1回、私の父が娘の面倒を見に来てくれています。


こちらも恒例、ディジュってます。

9r0172686

父が滞在中に雪が降り、
夜、「ちょっと車みてくるわっ!」と言って外へ行き、
ボンネットの雪で雪だるまを作って(はしゃいで)帰ってきました。

10r0172698

ちなみに、雪だるまの顔パーツは
酒のつまみでできております。

口は柿のたね、鼻はさきイカ、
目は黒い炒り豆でございます・・・。

お風呂後にも、雪だるまさんを確認する娘。

11r0172702


そして、今回父が来た目的の一つ、
私のお雛様を持ってくるというのがありました。

私のお雛様は、七段飾りのはずなのですが、
ひな壇らしき物が三段しかなく、幅も狭め・・・。

なんと、兄の五月人形の段を持ってきていました!

人形は五人囃子までしか飾れませんでしたが、
幅が狭いおかげで、
うちの茶室的な極小和室に飾る事ができました。

こんな感じ。

12r0172682


すごい久々に五人囃子が出てきましたが(おそらく中学以来くらい)、
二人ほど楽器が見つからず・・・。

ひな家具の方にはいってしまったのだろうか・・・。

やはり女の子なんですね、
娘は大喜びでした。

来年は七段飾ってみたいなー。


       


この記事をはてなブックマークに追加

「休日」

2011年02月09日 | 過去のBLOG記事

久々に、休日らしい休日を送りました。

月~土曜まで、フル回転に娘を
3つの保育所を渡り歩かせているわけなのですが、
さすがに日曜は入れないので、
今回は両親とも割り切って休みにしました。

娘と3人で出かけました。

午前中から動いたのですが、場所に着いたらもうお昼。

ファミレスでご飯。

1r0172585


実は、子どもができるまで
あまり利用した事がなかったのですが、
子ども連れにとっては本当に便利ですね!

確実に、子ども椅子、子ども食器、
子どもメニューがありますもんね。

娘は食欲にムラがあり、
食べないときは本当に一口も食べてくれず(涙)、
かなり困るのですが、
この日は食欲旺盛でちゃんと完食してくれました。


さてさて、今回の目的は開催期間終了間近だった、
東京都現代美術館にて
「トランスフォーメーション」展を見てきました。

2r0172587

美術館では、ベビーカーの貸し出しがあります。

3r0172588

長時間抱っこは辛いので、本当に助かります。

展示品を触らないよう防御する効果もあります(笑)。

今回は映像作品が多く、
子連れでは、なかなかすべてを堪能するのは難しかったのですが
楽しい時間がすごせました。

個人的には、ヤン・ファーブルの作品がよかったです。

マシュー・バーニー作品もゆっくり見たかったのですが、
そこのお部屋だけ凄い人で、
ぐるっと回って終わりにしてしまいました。
映像、見たかった・・・。

娘は、ネコ映像作品
(トゥンガという作家の猫の毛をひげ剃りでそるもの)に
反応して喜んでいました。

快適な東京都現代美術館を後にして、
続いては、六本木ヒルズへ。

ちょっと小休止。

4r0172601


気づいたら、自分で乗って座っていました。
娘もヒルズを堪能。

こちらでもベビーカーの貸し出しありです。

5r0172604

マクラーレン&オーボールつきです。

森美術館の小谷元彦展です。

6r0172606

とっても、よかったです。

小谷さんは、彫刻家とはいうものの、
いろいろな方法で表現されていて見応えがあります。

しかも、近年の作品に木彫作品があり、
やっぱりちゃんと彫れる方(←あたりまえ)で、
どれも徹底した美意識があって美しかったです。

ここでは、娘は入り口付近にあるバンビの剥製に「キャー!」と
歓声をあげて、みんなの注目を集めてしまいました。

彫刻作品なので、拘束力のあるベビーカーは必須ですが、
展望台の(おそらくバレンタインまで開催している)
プラネタリウムのために、
チケット売り場からカップルの大混雑。

動かないベビーカーと人の波に、すでにグズリ始める娘・・・。

こちらの展覧会場では、おおよそ10kgの娘を
抱えて観る事になりました。

抱っこされているとご機嫌なので、
そろそろ・・・、とベビーカーに乗せてみると、
「ふわっ~」と泣き始めるので、また抱っこ。

こんな時は、私でないとダメなのです。

以前の私は、10kgなものを抱えながら
展覧会会場を回るなんて考えられなかったのですが、
子どもがいるとできちゃうんですねー。

おー、こわっ!(笑)

ここぞとばかりに甘えんぼタイムな娘でした。

小谷さんの展示はまだまだ開催中、
お時間のある方はぜひどうぞ。


こちらは、お出かけ前。

7r0172582

午前中のお昼寝タイムに入ったので、
一気に支度が進みました(笑)。

そして、いつもこうして上掛けの上から、
グラムが娘にくっついて寝るため
娘もなんか圧迫を感じて寝苦しそうなんです。

寄り添うだけならいいのですが、時々乗ってるしね。

この毛布もオーガニックコットンで肌障りがよく、
赤ちゃんの体温が暖かいという事も熟知しているので、
もっとも気持ち良くて、暖かい場所を貪欲に求めるグラムです。

右手前にあるゴミみたいなものは、へちまの破片です。

ヘチマボールをグラムにあげたら、
大喜びでひきちぎりまくったので、至る所に散乱しています。

特にこういう快適な場所で、
思う存分噛むのが至福の楽しみのようです。


娘の楽しみ。

8r0172453

スタコラサッサ・・・。
最近は本当に袋が好きで、こうして腕にかけるのが流行っています。


そんな娘dayでした。

さてさて、今年ももう少しで宝生流「和の会」が開催されます。

演目に先立って、今年はこんなワークショップがあるそうです。
おもしろそうですねー。

今年の演目「鉄輪」は、あの貴船神社の丑の刻参りで有名な、
藁人形を般若がカーンカーンと釘を打つシーンでおなじみのお話なので、
ご存知の方も多いはず。

なかなか能装束を間近で見れる機会もありません。
ご興味のある方は是非~。



和の会ホームページから
http://www.hosho-wanokai.com/news/

◆鉄輪ワークショップ
「女が鬼になるまで~男子禁制の世界~」

第四回和の会公演「体感する能 KANAWA-鉄輪-」
開催に先立ち、恒例のワークショップを実施いたします。

自分を捨てた夫を呪い、鬼と化す女の物語「鉄輪」。

能楽師が、型や能装束の着付けをお見せし、
この物語を解説いたします。

また、ご参加の皆様にも、型を体験していただく予定です。
能の世界に初めて触れる方も、そうでない方も。

能楽の面白さ、そして「鉄輪」の世界を体感いただける、
またとないワークショップです。

女性同士で(もちろん男性も歓迎)お気軽にご参加ください。

日時:2011年3月12日(土)
時間:(1)14時開始 (2)18時開始
    ※各回30分前から受付開始、約2時間の実施予定
場所:目白庭園 赤鳥庵(JR目白駅徒歩5分)
定員:各回30名様程度
講師:シテ方宝生流能楽師 高橋憲正、澤田宏司ほか(予定)


この記事をはてなブックマークに追加

「静岡グランシップアートコンペ2011」

2011年02月05日 | 過去のBLOG記事

婦人画報3月号が発売されました。
今年も表紙で切り絵を担当させて頂きます。
よろしくおねがいします。

1r0172652

樋口可南子さんです。
お美しいですねー。

今回は枝ぶりの「梅」でございます。

2r0172654

本当に優雅な気分に浸れる雑誌です。
ご堪能あれ。



そして、家の梅も開花したのです!

3r0172574


わー!
嬉しい。
よくもこんなに陽のあたらない所でも、咲いてくれました!

新居にはどうしても梅を植えたかったのですが、なかなか叶わず。

無理矢理、階段下のスペースに植えて下さる事になったのですが、
無事に育ってくれるのか心配でした。
初めての年越しを迎え、無事に咲いてくれました。

理想は、この後に実がなって、
それを収穫して梅シロップに漬けたいのですが、
それは受粉という壁があるので、難しそうです。

今年はとりあえず、咲いてくれただけで嬉しいです。



さてさて、先月お伝えしたのですが、
静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」
という所で審査会が行われた件の
表彰式が行われました。

このグランシップの建物の入り口付近にある、
ショーウィンドウの展示作品の公募展です。

今回から開催の「グランシップアートコンペ2011」第一回です。

私は、審査員として参加させていただきました。


グランシップ館長の田村孝子様。

3r0172618

審査委員長は金沢21世紀美術館館長、秋元雄史様。

4r0172622


審査員は、秋元さんを筆頭に、グランシップ館長の田村さん、
グランシップ広報も担当されている
株式会社シーアイセンターの甲賀雅章さん、
静岡文化芸術大学の佐井国夫さんもいたのですが、
この日、佐井先生はお仕事でご欠席でした。


グランシップ賞は4作品。


3月から3ヶ月ごとの展示で、
来年まで、4作品が入れ替わって展示されていきます。

今回の応募資格に「静岡在住、もしくは静岡出身」
というのが条件にあり、
まさしく静岡から発信するアーティストを
育てていこうとする意図があります。


そして、このグランシップという建物は、
舞台や音楽ホール、ギャラリーもあり、
映像ホールや大型スクリーンの会議ホールなど
様々な文化発信の施設でもあるので、
そういった「文化の多様性」そして
「上質な文化」の発信を目指しています。


グランシップ賞は
3~5月が鈴木絢さんの「ソウゾウ、アフレル」
6~8月が0X0X0(ゼロバイゼロ)さんの「Drops of Light」
9~11月が前澤妙子さんの「記憶のちうちぇ」
12~2月が堀園美さんの「Out of focus」
の方々が受賞されました。

みなさん、静岡出身で1人以外は東京、沖縄など
様々な所にいらっしゃるので、
みなさん今日のために遠方からかけつけて下さいました。

受賞作4作品のうち3作品が女性なんですねー。
最近の女性は強いです。

奨励賞は
大谷安弘さんの「音壁」
鳥居千夏さんの「鏡並木」
43さんの「twinkling」
佐野景子さんの「空気の波」
の4作品でした。


みなさん、おめでとうございますー!!


授賞式の後は、アーティストトークです。
審査員の秋元さんと私、そして、
受賞者とのトークが繰り広げられました。

5r0172625

私は着物&おかっぱで参加させていただきました。

Dsc04877


このアーティストトークとってもおもしろかったです。

作品だけを見ていたので、
本人達にお会いできてお話しできて、
なるほどと思う事がたくさんあり、
私自身も楽しむ事ができました。


そして、何と言っても今回の公募展は、
21世紀美術館館長の秋元さんのお力は大きく、
秋元さんのアーティストに寄り添う姿勢、
ポジティブでフランクな考え方には、
色々勉強させらていただきました。
(アーティストトークも秋元さんのご発案です。)


秋元さんは、みなさんご存知かと思いますが、
直島の地中美術館の館長を経て、
07年より金沢21世紀美術館の館長をされています。

こちらのどちらもが、地域に密着した新しい美術館として、
日本中から注目され、そして厚く支持されています。

そんな美術館をひっぱっていく人物は、
やっぱりただ者ではないのです。
本当に懐の深いお方なのです。


3月からはじまる展示が楽しみです。

みなさんも、グランシップにお越しの際には、
こちらに注目して見て下さい。

Dsc04905

表彰式後、受賞者のみなさんと談笑中。



そして、授賞式の後は静岡県立美術館へ移動。

もろもろ打ち合わせがありました。

6r0172628

きもちのよい所です。

こちらの美術館、託児所もあるんですねーーー!!
これは嬉しいです。
お子様を預けて、ワークショップとか参加できるらしいです。

小さい頃から良く来ていましたが、
最近いろいろリニューアルしたようです。

また詳しい事が決まったら、お伝えできればと思います。


そして、打ち合わせ後は実家に寄り、
朝からおじいちゃんおばあちゃんに
遊んでもらっていた娘をピックアップ。

着物から着替えて、バタバタとまた新幹線で帰宅。

帰りは、マネージャーの増賀さんがいたので大助かり!
娘も、両肩にバッグをかけてご機嫌。

7r0172645


今年に入って、何回も母子新幹線移動があり、
本当に大変でした・・・。

新幹線の時間をご飯時間にしたり、
お気に入りのぬいぐるみ、絵本を持ち込み、
あの手この手でクリアしてきました。

もう一人いるだけで本当にラク~。

娘はずっとおしゃべりをしているのですが、
まだあまりはっきりした言葉を発せれないので、
そこがかわいさとして許される範囲なのですが、
これがいやいや期とか入ってきて、
もっとはっきり喋れるようになったら、
新幹線移動がもっと手を焼く感じになりそうで怖いです。


そして、帰ってきた日は節分。

なんとなく豆まきをして、豆を食べました。

たしか「恵方巻き」は、もともと大阪の海苔会社が
発案した海苔販売促進企画とかだったようで、
いまいち歴史やいわれなどがなく、
まだ私の中では浸透していないのですが、
ここまで世の中に受け入れられているという事は、
娘が大きくなる頃には、
恵方巻きを食べたりするんだろうなと感じています。


豆についていた鬼のお面を、アルフにつけてみる主人。

8r0172649

アルフには小さく、
しっくりこなかったので(グラム案もでていた。)、

「そうだ!」と、

9r0172651

田口家からいただいた、
おしゃれ人形のマドレーヌちゃんにつけていました・・・。

ちょっと、思ったより大きかったのですが、しっくりきたようです。

娘は、何となくこのお面は「怖い」みたいな
素振りはありましたが、よくわからず。


今回着たお着物の様子はこんな感じでした。

10r0172629


首にうさぎの首巻きをしていたのですが、
主人に「グラムを前だっこしていたんだ。」と
言われてしまいました。

確かに、そんな感じに見えますねー(笑)。

実家が美容室なので、母も祖母も着付けができるし、
着物も置いてあるのでこういう機会くらいしか
着物は着れないかと思い、着てみました。

あったかいし。

増賀さんと、「帯の様子も撮りましょう!」と言っていたのですが、
そんな時間もなく、慌ただしく着替えて帰宅したのでした・・・。


こちらは、朝の着付け中の慌ただしい時に、
さらに娘がお仕事(いたずら)をしている様子です。

11r0172613

母が、着物を着付け順に広げているのですが、
キラキラ光る金のお草履を気に入ってしまった娘が
荒らしていました・・・。

 


この記事をはてなブックマークに追加