福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

「享年105歳」

2011年01月31日 | 過去のBLOG記事

またまた新幹線移動です。
今月何度目だろう?

1r0172475_2

娘も私も、黒い服・・・。

そうです。
お葬式です。

主人のおばあさまがお亡くなりになりました。

主人は前日に向かい(母親一人しかいないので)、
色々な手配をして、私たちは後から合流。

昨年の12月20日くらいに、「あと2日です。」と言われてから、
また復活して、生きて生きて、遂に終焉を迎えました。

病気ではなく、肺に流れてしまうということでご飯が食べれなくなり、
老衰というか自然死みたいな形なんだと思います。

お正月にお会いしたときは、ベッドの上で
上半身を起こされたままで寝ていて(誤飲を防ぐため)、
首をうなだれながらも
「まだ死んでたまるか~!」的な感じで、
すごい執念を放って肩で息していたので、
「すごいな~・・・。何をそんなに現世に心残る事があるのだろうか・・・。」
と103歳にして生きる事に貪欲なおばあちゃんに圧倒されました。

ずっと死なないのかもと思いました。
超人的な感じがしました。

でも、やっぱり亡くなりました。

とても不思議な感じです。

名古屋に着いて、ご遺体と対面したのですが、
すでに2日経っていたのですが、あんまり生前とお変わりなくて、
本当に亡くなっているのが信じられない感じでした。

2r0172491_2

お義母さん(名古屋のおばあちゃん)と対面。

あまりに安らかな寝顔で、
「おばあちゃん本当に寝てるみたいねー。」と
終始和やかな雰囲気です。

午後には、葬儀屋さんが迎えにきます。

もう、長年一歩も出る事のなかったこの部屋での
最後ということで、おばあさん、お義母さん、主人、私、娘の
唯一の家族で記念撮影などをしました。

ホールに移動、お通夜をした後、
そこの宿泊施設でおばあちゃんと共に寝て、
次の日に葬儀、火葬して、初七日までまとめてやります。


「ご遺体との宿泊施設かー・・・。」と、
お寺とかの古い畳の部屋で
雑魚寝みたいなイメージがあったのですが、
葬儀のホールと続いている宿泊部屋に行ってびっくり!!

どこかのスイートルームなのかと・・・。

3r0172524_2

大開口の窓に、広いリビング。
大型ハイビジョンテレビに、豪華なマッサージチェアー。

IHのシステムキッチン。

4r0172521_2

20畳の和室の先に、おばあさんが眠られています。

5r0172522_2

ベッドルームも二つ。

6r0172523_2

ジャグジーなお風呂にはサウナも併設。

なんと、犬小屋とドッグランもあります。
(知らなかったので、グラムは静岡行き)

7r0172540_2


すごいーーー。

同じ会社の、もっと家に近い方が
一杯ということで、こちらを案内されました。

おばあちゃんは、相当なお嬢様で、
実家には女中さんがいたとかで
家事などができなかったそうです。

だからなのか、最後もすごい豪勢で 終焉という形が
「本当におばあちゃんらしいね~。」と、
お義母さんと主人が言っていました。

宿泊施設では、
湯潅師の方々が丁寧に亡がらを洗ってくれて、
その様子もみんなで見ていたのですが、
おばあちゃんのいつもの介護士さんたちの
入浴サービスと同じ状態で、
「おばあちゃん、いつもと一緒だねー。
お風呂に入れてもらってよかったねー。」
とお義母さんも嬉しい様子。

その後、きれいな白い装束をきて、
お化粧をしてもらって納棺していただいたのですが、
お風呂に入ってさっぱり、体もまっすぐになり、
肌艶も良くすごく若返った美人さんになったので、
みんなで褒めちぎりました。

しかも少し笑っている感じなのです。

湯潅師の方も、
「お肌がもともときれいな方でらしたみたいで。」
とおっしゃって下さったので、
「ねえ、100歳超えてるとは思えませんよねー。」
と、私が言ったら、

「えっ!!!!」
と驚いていました。

本当に、湯潅師とは尊いお仕事だと思います。
ありがたいです。


大きなホールですが、お見送りは、
主人(孫)、お義母さん(娘)、私、娘も入れて4人のみ。

お通夜も、お世話になっている税理士さん1人が来た以外は来ません。

8r0172531_2

おばあちゃんの同年代など生きているわけもなく、
お義母さんも主人も一人っ子となると
親戚が本当に少なく、付き合いがほとんどないそうです。

街中なので、ビルばかりで隣近所は住んでいません。

お義母さんも、昨年からの、
一時も油断できない毎日に疲れ果てて、
「面倒だから誰にも知らせたくない・・・。」
とのことだったので、
亡がらもこっそり家から出しました。

本当に、おばあちゃんを知っている者のみで、お見送りしました。

娘も2度も正月を一緒に過ごせたのです。


そんな娘は、クイックルワイパーに夢中・・・・。

8r0172552_2

税理士さんとお話の最中なのですけど・・・。

9r0172551_2


お通夜に来る人もなく(知らせていないので、あたりまえ。)。

普通の時間に寝て、いつもの生活を送りました。
お義母さんは、はじめてゆっくり寝られたみたいです。

本当にお疲れさまです。

そして、ご葬儀、火葬となったのですが、
次の日が友引で火葬できないということで、
大混雑!!

霊柩車や葬儀屋のマイクロバスのオンパレードです。

バスから親戚一同がわーっと降りてきて、
火葬場の前でご遺体をわっと囲むのを横目に
4人でひっそりお見送りしました。

火葬場にて、待ち時間。

10r0172571_2


待合室も大混雑。

ゆっくりお茶タイムしていたのですが、
30分も早く火葬が終わり、大慌てで窯の方へ向かい、
骨壺に入れて帰ってきました。

主人は、中学生の時にこの火葬場で父親を見送ったそうで、
非常に懐かしかったそうです。

そんなこんなで、おばあちゃんのこれまでにない、
安らかな表情で見送れた事で、
みんな和やかな気持ちになれたお葬式でした。

100歳を超えていたので、
遅かれ早かれ来るだろうなとは思っていたのですが、
「遂に来た。」という出来事でした。

そして、おばあちゃんは明治40年生まれ。
103歳と5ヶ月なのですが、かぞえで言うと104歳、
さらに正月越して1つ年をとるって言うんで、
なんと享年105歳!ということになるんですって。

さらにすごいーーーー。

昨年、太宰治の生誕100周年記念の
短編を映像化しましたが、
太宰すら年下・・・・。


長い現世での御勤め、お疲れさまでした・・・。

お義母さんも、長年の介護お疲れさまでした・・・。
急に気が抜けて、寝込んだりしませんように・・・。


初めてのできごとに動揺中のレオさま。

11r0172495_2


この記事をはてなブックマークに追加

「2011年度 和の会」

2011年01月25日 | 過去のBLOG記事

今年の宝生流、和の会公演チラシが出来上がりました!!

1r0172444


今年は演目が「鉄輪(かなわ)」ということで、
能面は「生成(なまなり)」です。

私は、生成大好きです。
人間と般若の間の状態で、人間味を感じます。

ビジュアル制作もとっても楽しくやらせていただきました。

毎回、宝生流所蔵のお面を実際に
拝見させていただいて、制作するのですが、
今回はお面と対話できたような気がしたので、
すごく親近感を抱いて制作できました。
(↑単に私が好きなので気の持ちようかも)。

今回で和の会は3回目、3枚のビジュアルができたので、
それぞれをポストカードにして、販売することになりました。

ポストカードは、今回の和の会公演はもちろん、
私の今後の作品展示予定場所などでも販売予定です。

詳しくは、またはっきりしたらお知らせします。


サンプルを並び替える娘(水疱瘡中)。

2r0172442

和の会公演詳細やチケットのお求めはこちらから⇒


さて、娘の水疱瘡も回復し、
無事に保育施設などの通園許可もおりたので
バリバリお仕事させていただいています。


再び新幹線移動。
娘も同行。

3r0172458

再び、静岡に。

静岡県コンベンションアーツセンター
「グランシップ」という複合施設にてお仕事。

4r0172462

またまた審査員をさせていただきました。


詳しくは、来月の授賞式後に。

次の日は午前中、横浜。

午後は赤坂で打ち合わせなので、
合間の時間にミズマアートギャラリーに行ってきました。

5r0172463


池田学さんの個展です。

素晴らしい作品なのですーーー!!
毎回、大きめの作品が多いのですが、
今回は小さいキャンバスに
それぞれのテーマで描いていました。

そりゃ、ほしい!
(小さいから手の届く範囲の値段だろうと思うのです。)
とか思うのですが、
案の定すべて完売!

でしょうねーーー。

いい作品がみれて幸せでした。

意外だったのですが、初の画集が出ていて、
そちらを購入して眺めています。

絵柄が細かいので、作品集で拡大してあると見やすいです(笑)。
しかし、拡大しても耐えうる細かさに圧巻です。




1月は、なんだろう、スタートダッシュと言いましょうか、
相次ぐ締め切りに翻弄されています。

幸先のいいスタートということでしょうか。
ありがたいです。

幸先のいいスタートといえばこの方!!
「小説すばる」(集英社)で、
幕末シリーズの挿画をさせていただいている
木内昇(のぼり)さんが、
直木賞を受賞されましたーーー!!!

おめでとうございますーー!

6r0172471


毎回いただくお話もとってもおもしろくて、
その世界観に惹き込まれます。

幕末の人物に焦点があたっているのですが、
本当にその時代に自分がタイムトリップして
主人公の目線で生きているような感覚になります。
次回も楽しみですー。



そしてそして、
主人が「大しあわせ・HAPPY」展なる合同展にて、
娘を描いていました。

タイトルは「みずぼうそう」(笑)!

7img_1672

赤いぶつぶつが水疱瘡です。心臓にも発疹しています(笑)。

8img_1666

もう開催してますね。

みんな小さい作品をもちよっての、
ちょっとした展示なので、白金にお立ち寄りの際には是非!

9_2

10

大しあわせ HAPPY展
2011年1月17日~3月26日
COOLIE'S CREEK(港区白金台1-2-6)





当の本人は・・・。

11img_1579

たたんであるものはすぐに崩して遊んでいます。

水疱瘡跡は半年かけて治っていくそうで、
しばらくぶつぶつなお肌ですが、
赤ちゃんの皮膚再生力は凄いはず。

またツルツルすべすべになるよねー。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「静岡~名古屋」

2011年01月20日 | 過去のBLOG記事

年末、昨年同様父が迎えに来て、車で移動します。

昨年を思い返すと、
里帰り出産をしなかったので、
出産後初の娘との実家帰りで
かなり浮かれていたなと思い出しました。

今回も浮かれてはいましたが、
年末に進めたかった仕事が、娘の体調不良により、
大幅に年明けにずれこんだので、
何となく気持ちは落ち着かない感じでした。

平常通りといったところでしょうか。

1年経つと、あの出産後のハッピーな
浮かれた毎日がウソのように、
完全な仕事モードになっております。


娘は咳と鼻水がひどいので、お薬を処方してもらっていざ出発です。

チャイルドシートに乗せた直後から、すでにまどろみな様子の娘。

11r0172264


シートの下にはグラムがスタンバイ。

娘は案の定、すぐに眠りこけ、
グラムは朝食から時間をおいたにも関わらず、
一度吐き、その後はすっきりしたのか、
いないかのようにご就寝されていました。


実家では、
なぜか水タンクをせっせと運ぶ娘なのです。
◯福印のポリタンクにすかさず手をかけます。

12r0172270

わりと重くないヤツなら運べるようです。

13r0172271

おつとめご苦労様です。

14r0172269

まあ、目的が「持ちたい」ということなので、
途中で廊下に置きっ放しになっていたり、
関係のないとこに置いてあったりとしていたのですが、
なぜかポリタンクに手をかけるのです。

相当水が入った、重いのにもチャレンジしていました。
結構力持ち。


そして昨年と同じく、高校バスケ同級生達集合!
1年後のお子ちゃま達の成長ぶりが楽しみです。

15r0172272


こちらは、昨年産まれた子も含めて
女の子ばかり、男の子が一人だけいました。

1年前は、家の娘もまだ首もすわらず、
寝てばかりの乳飲み児だったのに、
今はとことこ歩いて、お客さんに絵本の説明に行きます。

(何を言っているかわからないのですが、
おしゃべりインコのように独自の言語でずっと喋っています。)

その日の夕方には念願の家族の忘年会。
昨年はインフルエンザの猛威で中止でしたが、今年は無事慣行。

16r0172292

それぞれおじいちゃんに抱かれる一歳児。

近所に住む叔父が料理が上手で、
今年は餃子に加えシュウマイも手作り!!!

伯父さんの名字と名前から一文字取った名前
「広勇軒」と書かれた出前ふうの箱に入ってきました!!!

17r0172308


とっても美味しくて、娘もぱくぱく食べたので、
残りは冷凍して東京に持ち帰らせて頂きました。

そしてまた、先日都合がつかなかった同級生たちで集合。
年末はみんな忙しくて、一日にまとめられず。

はからずも男子チームになり、家の娘だけが女の子でした。

18r0172321

2人ほど、男の子を3人産んでる子達がいて、とても頼もしいです。
男の子もかわいいなー。

最初、男子達はグラムにびびりまくっていたのですが、
帰り頃には人気者に急上昇。

夕飯が済んだ頃、ひとり寝室で、
娘のポンチョの上という一番さわり心地のいい
場所で休んでいるグラムを発見。

19r0172310

床は寒いからねー。
海の中の筏の上にいる感じでした。

さあ、元日は初日の出の後は午前中のうちにお参りです。

20dsc01255

またしてもウサギで跳ねる娘。

21dsc01244


この日、静岡の実家では母が体調を崩したのをきっかけに、
家族全員が寝込むという自体になってしまいました。

元日はみんな寝込んだようです。

私は平気でした。
みなさんお疲れだったのだと思います。


その日のうちに主人の実家、名古屋へ移動。

21dsc01285

こちらで詣でるのは、大須観音。

毎年、護摩木をたいて色々祈願してもらうのです。

21r0172388

護摩木に名入れ中。

この後、お義母さんと合流して、
一番近所の朝日神社を詣でました。

これは三越の地下で夕飯のお買い物中。

21r0172393


娘がお義母さんの買い物カートをひきたがるのです。
こういうカートは後ろにひっぱってくのですが、
前に押したいようなのです。

主人の実家は、とっても街中にあるため、
近所にスーパーがなく食材はもっぱらデパ地下らしいのです。

最初は、「私みたいなお客さんが来るからそんなところで買うんだー。」
と思っていましたが、それが日常だったのです(笑)。

お正月用にかわいいお菓子が。

22r0172396

娘の手がのびています。

落雁をあげました。
やさしい甘さで大喜びでした。

私たちもお義母さんが入れてくれたお茶でひと息。

23r0172397



さーてさて、楽しい正月はここで終了~!

この晩に、おでこにぶつぶつ出てるなーと思ってて、
服を脱がせたらびっくり!
びっしりの発疹です。

この日はひとまず、救急相談に電話して対処を聞き、
次の日の朝に休日急病診療所にかけこみました。
大勢の人がきてました。

もちろん隔離部屋。

発疹したてだったので、
「これからがピークだねー。」と言われ、
高熱準備を揃えて帰りました。

まあまあ、次の日の晩にはさらに発疹が増え、
今までの最高値40℃をたたきだしてぐったり。

いただいた座薬を注入。
次の日には熱が下がり、かゆくて不快以外は元気な様子。

軟禁中、気晴らしに近所の人ごみの少ない所に出かけました。
気がまぎれないと、体を掻いたり、愚図ったりです。
ご飯はまったく食べてくれないのです。

実は名古屋では103歳の主人の祖母が、
年内もたないと言われていて、結構バタバタと、
連日看護士さんやお医者さんがいらっしゃていて、
水疱瘡な娘が走り回る事もあんまり芳しくないわけで、
いらっしゃった看護士さんも、
「人ごみでなければ、気晴らしにちょっとなら出てもいい。」
とおっしゃっていたので、人目を避けて外出。


この建物、屋根に水が流れていいて気持ちいいのです。

25dsc01322


屋根に上れるらしいのですが、
主人も行った事なかったそうなので、行く事に。

エレベーター的な個室を避け、階段で。

気持ちいいねえー。

26r0172415

水の屋根の下では、スケートを楽しむ人たち。

27r0172409

不思議な光景です。

金沢21世紀美術館のプールの
巨大バージョンといったところでしょうか。

近所の公園で池を渡ってみたり。

28dsc01390

他は一歩も出ず・・・。

そんなお正月でした。


この記事をはてなブックマークに追加

「年末」

2011年01月17日 | 過去のBLOG記事

年末はですねー。

事後報告になりますが、ラジオの録音がありました。

1月8日に放送となりました、
FM東京さんの「フロンティアーズ~明日への挑戦~」という番組です。

1radio_01

放送中に「聞いているよ!」という連絡を
友人からいただき、嬉しかったです。

また別の日には、イギリスのWEBサイトの取材です。

昨年放送した、NHKBS2の太宰治短編集
「グッド・バイ」を見てとのことです。

アニメーションを制作したティモテに依頼がきたので、
そちらで取材が行われました。

2tymote_01

年末からお正月にかけて、
日本のカルチャーを取材に来日されているそうで、
毎日いろいろな所に取材に行っているようです。

3tymote_03

私の取材が終わり、ティモテの映像制作のお話へ。

ティモテは、ホームページでおわかりのように、
馬の覆面を被られて取材などに応じているので、
今回もそうなっていました(笑)。

4r0172256

馬でパソコン操作の真剣な説明をしていて、
しゃべりにくそうだし、暑そうだしで
かなりおもしろいことになっていました。

この後、馬にまつわる、
アーティスト活動と全く関係ない事もやらされたみたいで、
放送が非常に楽しみです。

乗馬が文化のお国柄英国の方達には、
馬になっているこの方達はどう映ったのでしょうか・・・(笑)。




お家には忘年会的な感じでお客さんが来て下さいました。
主人のお友達、アーティストの白根ゆたんぽさんと、
北海道在住のアーティスト前田麦(ばく)さんです。

もう一人、アーティストのシンボロンさんも後からいらっしゃいました。

麦さんが持って来た蟹を抱いて、娘を撮影中。
白根さん(左)、麦さん(右)。

4

麦さんは、現在リボネシアで活躍中。
前日までアメリカに行っていました。

白根さんもシンボロンさんも目下活躍中のアーティストさん達です。

蟹!

5r0172234

美味しかった!!
ありがとうございました!


ツリーには、私が横浜美術館のワークショップで制作した
お手製のオーナメントを飾ってみました。

5r0172235

それでもって、またまた忘年会。

61dsc01170

「グッド・バイ」チームから、テレコムスタッフの渕辺さん、
ティモテの村井さん。

娘同級生チームのひうらさとるさんと田口さんご夫妻と
編集者の指出さんご夫妻。

他にもマネージャーの増賀さんや、
テレコムの永田さんもいらっしゃる予定でしたが、
流感にて欠席。

またしても、広島人のシェフ村井によって、
広島お好み焼きがふるまわれたのでした。
美味しかったのでーす。

こちら、指出家ご子息。
手にしているのは、ランバダで踊るパンダ。

62dsc01167

こちらのパンダ、主人が中華街でずっと昔に
買ってきたモノなのですが、
パンダの目が異様に光るのと、
ランバダの曲のクオリティーが低すぎて、
というか音が人間に不快な数値の音をだすので、
「かわいい」にはおおよそ遠いのですが、

家の娘は平気で、
それぞれの幼児たちも最初はびっくりしてたのですが、
そのうち慣れて掴んでいました。

夜の暗闇で動かすと大変怖い代物です(笑)。

今年もSWEETCHでクリスマスケーキ!

63dsc01177

もう一つ、子どもも食べれるように
バタークッキーを作って頂いたのに、
写真がなくてごめんなさい。

もう、とってもかわいくておいしくて、大満足でした。

他にも、もろもろいただいたのです。

指出家からは、しいたけや下仁田葱、
甘納豆や干し柿など冬の味覚をいただきました。
こちらも美味しく頂きました。

田口家からはマドレーヌちゃん!

6r0172236

おっしゃれー!

渕辺さんからもお花!

7r0172238

わーい。

2日後には田口家で忘年会。
漫画関係の方や出版社などの方が多くいたような気がします。
多くの方がいらっしゃっていました。

8r0172245

ベルばらかるた中。

9r0172246

お料理上手の田口さんお手製の七面鳥の丸焼き!

10r0172240

おいしかったですー!

そして、こちらもSWEETCH特製の
巨大クリスマスケーキ。

11r0172255

青山にある田口家の、
アーバンな風景がモチーフとなっています。
豪華ー!!

こちらでも指出家とお会いして楽しい時間がすごせたのです。

実は娘はこの前日にも高熱。
しかし、それまで下がらなかった微熱が次の日の朝には平熱に!
すっきり元気な様子。

一応、病院でインフルエンザ検査などもして、
外出OKの許可を得ていたのですが、
この時、すでに水疱瘡が潜伏していたとは・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

「新年」

2011年01月11日 | 過去のBLOG記事

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ、よろしくおねがいいたします。

さてさて、毎年恒例初日の出から。
1r0172358

今年は曇りの予想でしたが、とってもよく見えましたー!
きもちよいですねー!


初日の出を拝んでいると、
若い女の子達が、娘をみて
「かわいー!写真撮ってもいいですかー?」
とのこと。

あらあら、まあまあ(←嬉しい)と思い、
改めてよく見てみたら、娘、ウサギでした!!!

2r0172338


わーーー!!!
なんかちょっと恥ずかしい(笑)。

全く意図せず、
防寒グッズをバラバラと揃えていたのですが、
まさかウサギになっていたとは!

でも、ちょっとかわいい!です。

こういう事って子どものうちでしかできませんよね。


じいさんと初浜辺を歩く娘。

3r0172369

まあ、そんなわけで無事に年も明けたわけなのですが、
只今こんな感じです。

4r0172429

私のアトリエにてお仕事(いたずら)中の娘です。

5r0172430


なんと、正月2日から水疱瘡にかかってしまい、
予約していた一時保育を全てキャンセル。
自宅軟禁中です。

発症したのが、主人の実家に帰省中で、
名古屋の救急病院に行ったり、熱が40度でたりと、
てんやわんやなお正月でした。

年末も20日くらいからグズグズと熱を出し始め、
24日のクリスマスイブにも、39度の高熱。

楽しみにしていたクリスマスコンサートや、
やっぱり予約していた一時保育をキャンセル。

はー。

こんなもんなんでしょうね。

病院に行っても隔離部屋ばかりですよ。

でも、年末はできる限り楽しんだのですよ。
熱の時だけぐったりですが、それ以外は元気爆発なので。

水疱瘡は潜伏期間2週間らしいので、
まあ12月中に東京のどこかでもらっていたんでしょうねー。

年末にグズグズ体調崩していたので、
免疫力も低下していたからか、
発疹がすごく大量にでてしまいました。

顔もおでこから頭にかけて、大量にでてしまいました。

6r0172437


でも元気。

塗る薬が処方されますが、塗らせてくれないし、
塗ってもざーっと一気に拭います。

寝ている間にこっそり・・・と思っても、
ねぼけながら全部拭われてしまうのです・・・。

とほほ・・・。

年明けはてんこ盛りなお仕事で、
早々に納品もあったので、急遽母が上京することになり、
父の車で、静岡お留守番のグラムも回収して、
みんなで東京に移動しました。

私自身は水疱瘡はたいしたことなかったらしいのですが、
兄がひどかったようで、
その時の大変さを知っているからということで、
お仕事お休みにして来てくれました。

ありがたやー。

もう帰ったのですが、
もろもろ進められたので本当によかったです。

まあ、これからなのですが・・・。
ひとまず、娘の回復を祈るばかりです。

元気は元気なのですが、
水泡が大量でなかなかひかないのがやっかいです。

7日には無病息災の七草がゆ。

7r0172445

本当にねー。

まだ、おたふくとか色々やるのがあるよねー。
ふー・・・・。

うさぎまんじゅう。

8r0172448

年末、正月の様子は次回・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加