福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

お出かけ

2010年06月26日 | 過去のBLOG記事

先月はぽっかりとお休みがありました。

現在どっぷりとお仕事モードなので、
嵐の前の静けさでもあったのですが、ここぞとばかりに遊び放けました。

前回のアート探訪もその一つです。
次ぎの週には、青山のこどもの城に行きました。

以前のお花見同様、指出さんとひうらさとるさんと行く予定でしたが、
ひうらさんはお子様が保育園に行くようになってから、
菌をもらってくるようで、ダウン。
指出家ご子息と共に行く事になりました。

待ち合わせは、青山のユトレヒト内カフェ「アムール」にて。

昼食は、アムール特製うどん!
美味美味!

1

ただし、赤ちゃん連れは落ち着いてなど食べれません。
隙を見て、すばやく流し込みます!

10ヶ月にして歩く、指出家ご子息。
両手に食べ物を持って徘徊。

2

急ぐ時は、はいはいになるため膝が真っ黒に(笑)。
そして、食べ物も口に入れた物を確認したいのか指でかき出します。
うどんも、取り分けようとするのを待たず、
手づかみで「がっ!」と長いのを掴みます。
いつも、その男っぷりには目を見張ります。

家の娘は、ベビーカーの中に甘んじて動かず・・・。
相変わらず、マイペースです。


さてさて、腹ごしらえをして「こどもの城」へ。
そこで、あんなにお母さんの昼食を煩わせた息子、御就寝。

家の娘は起きていたので、0歳児を遊べる場所でまったりと一人遊び。
楽~!
周りがマットで危なくないし、おもちゃはあるしで一緒に座っているだけでいいなんて!

そうこうしているうちに、音楽スタジオでバンド演奏があるっていうんで移動。
ここで、ようやく指出家ご子息お目覚め。

最初はバンドの生演奏にぽか~ん。
まだ寝ぼけていたのか、いまいちな反応でした。

しかし、次第に音のなる物に興味が・・・。

3


家の娘も「バシッ!バシッ!」。
太鼓をペットボトルのマラカスで叩くという荒技で演奏に加わっています。

4

娘は相変わらず、一つの所からは動きません。(まあ、まだ歩けませんので。)

そうこうしているうちに、指出家ご子息ノリノリのオンステージに!

5


マラカスを持ちながら、ご機嫌にスタジオ内(特に一番前)を
縦横無尽に歩き回りだしました。
スタジオ内は太鼓がたくさん置いてあって、
誰でも好きな時に叩けるようになっているのですが、
その太鼓の間をディナーショーばりに(マラカスがマイクのよう)
ノリノリで練り歩きます。

ときに、他の大きい子が叩いてる太鼓をたたいてみたり、
置いてある太鼓を歩きながらたたいてみたり、
太鼓は叩く物だという事も即インプット。
順応力がすごい!

ちゃんと前列のかわいいお姉さんたちにもアピール!

家の娘は、周りの事は見向きもせず、
太鼓とペットボトルのマラカスの組み合わせに集中。
マイペース・・・。
楽しそう。

生バンド終了後、まだペットボトル系の楽器にご執心。

6

そして、舐める。

7 

大満足で、帰りはコテンと寝ていました。
また、是非行きたいです。


この週には、上野の科学博物館で開催されていた
「大哺乳類展」の「陸編」にもいってまいりました。

8

私は、大学時代に博物館実習を行った思い出の地。

その頃から、全面的改装が始まっていましたが、全てが完成していました。
昔は、むらさき館、おれんじ館、みどり館みたいな感じで、
ジャンルごとに別れていた物が一つの建物になり、
本館の展示品も一新していました。

当時、実習生のお仕事は主にこどもの体験ブースで、
パンダの骨格を持って「これなーんだ?」とか、
髪の毛を顕微鏡で見てみたり、三葉虫の型取りをしたりと、
それはそれは楽しい思い出でした。

当時大人気だったフライトシュミレーターや南極隊のヘリ、
骨無しの人間の顔のミイラ、のぼり釜の模型などもろもろなくなっていましたが、
360度3Dの映像コーナーがあり、体験してきました。

地球の創世記の映像だったのですが、マグマがドカーンという感じで、
案の定、娘は泣きました。

私は0歳児に3Dって・・・。しかも360度・・・。と思ったのですが、
主人が見たかったようです。

こちらは展示。

陸の方達。

9

こんにちわー。

10

骨格だとみんなパンダってわかりませんでしたよー。

10_2

獣のイヌ科や小動物はうちのグラムさんを
彷彿させるものが多くて、楽しかったです。

11

我が家の哺乳類。 

12

口元がだらしなくてすみません。
油断しすぎです。

「海編」も是非行きたいです。
9月まで開催されるみたいなので、9月であれば何とか行けるはず・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

アート探訪

2010年06月16日 | 過去のBLOG記事

とある天気のよい日、アート探訪な一日を過ごしました。

この日は、市ヶ谷に移転したミズマアートギャラリーで
会田誠さんの「絵バカ」展が最終日だったので、
まず午前中にこちらから向かいました。

1

「絵バカ」展ビジュアル。

2

お察しの通り、平井堅のアルバム「歌バカ」のパクリだそうです。

今回の展覧会名には「ここからしてバカ」と
「日本の美術大学、しかも油絵科出身という”負の出身”を
自ら背負い込む覚悟」を込めているそうです。

半年間北京に滞在し制作してきた「灰色の山」は素晴らしいです。
折り重なるサラリーマンやOA機器の山々が透明感があって、美しいです。
抜け感が気持ちいいですね。

「笑撃作」ビデオもあり、常に多方面からのアートへの
アプローチがあっておもしろいです。


午後は清澄白河へ移動。東京都現代美術館での
「フセイン・チャラヤンーファッションにはじまり、
そしてファッションへ戻る旅」を観ました。

3

私が学生の頃、この方が大学の卒業制作に
シルクのドレスを土に埋めてその様子を発表という
衝撃的な作品でデビューしたのを覚えています。

世界のファッション界の話題の人で、日本でこういった
大々的な展示をすると思いませんでした。

生まれ故郷のキプロスでの原体験や
国の歴史的背景が作品の着想になっていて、
どの作品にも物語性があって素晴らしかったです。

ビデオ作品も多く制作されていて、
衣服というところからここまで発想できるのかと驚きます。

15年間の活動作品が一堂に見れてよかったです。

フセイン・チャラヤン展は展示会場が暗めだったせいか、
ランチ後お腹が満たされた感もあって、
娘はほとんどを寝てすごしました。

最後の広い明るい空間に出てきた所でやっと目覚めました。

おかげでゆっくりじっくり見れました(笑)。

この日は、漫画家の井上雅彦さんの
墨のドローイング作品も展示もしていました。
巨大な作品もあり、とっても上手で美しいです。

そして、さすが東京都現代美術館。
授乳室の壁がマイケル・リン作品です。

4

素敵!
お隣の多目的室も青のタイルで美しかったです。


その後は清澄白河の小山登美夫ギャラリーへ。

5


主人が「奈良(奈良美智)さんやっているかもー。」
なんて言っていたのですが、本当にやっていました。
(主人の美大予備校時代の講師だったようです。)

「奈良美智 セラミック・ワークス」展です。
結構久しぶりな展示だと思います。
近年奈良さんは陶器に凝っているらしく、
いつもの絵の女の子などが巨大な陶器になっていました。

とってもよかったです。
特に目のあたりのまつげがぽってりしている感じがよかったです。

そして、下の階のタカイシイギャラリーへ行ったら、
アラーキーこと荒木 経惟さんの「古希ノ写真」をやっていました。
70歳なんですねー。
本当にエネルギッシュです。
作品もとってもかっこよくって素敵でした。


と、気づくと、巨匠だらけのアート探訪でした。
いやあ、いい物がみれるといい一日でしたねー。

みなさん、着実に堅実にいい作品を生み出していて素晴らしいです。
自分の励みにもなります。
よい一日でした。


作家さんの作品は載せる事ができないので、
こちらのなごみのお写真をどうぞー。


近所の公園で、毎年恒例のカルガモ親子。

6

ス~イスイ。

7

カーブ!でス~イスイ!

8

ふかふかの産毛でかわいかったです。


こちらは娘。

9

私の机の上をガシャガシャやることに熱中しているのですが、
良く見ると私の足の上に乗っています(笑)。


そして、私事ですが・・・

あの、文具メーカーの「ぺんてる」さんの
WEBの取材をしていただきましたー。
ご連絡が遅くなりまして、すみません。

ぺんてるさんの文具は小学校の時から確実に使っていますよね。
メーカーとかは覚えていませんが、
幼稚園の時にも使っていたかもしれないです。

現在も筆ぺんなどでお世話になっています。
文具メーカーの取材って嬉しいですよね。
是非、御覧になってください。
http://www.pentel.co.jp/pentelcity/

   


この記事をはてなブックマークに追加

MMパーティー

2010年06月06日 | 過去のBLOG記事

私のマネージメントもして頂いている増賀さんの
入籍サプライズパーティーが昨年行われた事は、
こちらのブログでも紹介させていただいたのですが

サプライズではなく、本当の(笑)結婚披露パーティーが行われました。

旦那様がサッカー新聞「エルゴラッソ」の記者さんなので、
サッカーのワールドカップで忙しくなる前に!という事で、
この時期を選んだようです。

当日は昼間に結婚式を行い、夜にこちらの青山で
お披露目パーティーとなりました。

お二人、入場!!

3r0170320

赤いお着物が素敵です。

司会は元サッカー選手でスポーツコメンテーターの水内猛さんと女優の奥貫薫さん。

4r0170326


お二人の楽しくて素晴らしい司会進行で会は進められていきました。


増賀さんがどんなお仕事をしているか、
マネジメントをお願いしている方達のコメント映像があり、
私もコメントさせていただきました。

しかし撮影隊が家に来た時に、娘が終始号泣だったので、
どんな映像になったのだろうと思っていたら、
唯一泣き止んだ時に撮ったコメントの部分が使われていました。

泣き止んではいたのですが、あきらかに「泣いてたでしょっ」っていう
泣きはらした目と鼻水の光る顔で「ひっく、ひっく」言っていました(笑)。
なんだか、撮影隊が怖かったみたいなんですよねー。

撮影隊の谷戸さん、福田さん、瑠美子さん、お疲れさまです(笑)。

途中、またまた増賀さんが愛するバンド
「EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX」より
サックスプレーヤーの武島聡さん
ピアノのハタヤテツヤさんの豪華なお祝い演奏がありました。
本当に、素敵です!

いろいろな催しがあったのですが、
赤子がいたのでなかなか見る事ができず、写真とかも撮れずじまいでした。

増賀さんがマネジメントするSWEETCHのウエディングケーキなど
あったのですが、残念です。


しかし、ここからは見逃せません!

実は、ここでまたしてもサプラ~イズ!!!!

前回のサプライズ企画は薄々勘づかれていたのですが、
今回は万全を期して全く気づかなかったようです。

最後の最後に用意された、増賀父による娘に向けたお手紙を読むところです。

51dsc00372


前回のサプライズ企画では「泣き」が足りなかったということで、
今回は「泣かせたい!」という前回同様企画者の田口氏が
またしても仕組んでいたのです。

そうして、極秘に「MM」(増賀さんのイニシャル)という
コードネームでみんなでやりとりし始めていたのです。

こちらのお手紙、もちろん増賀父の思いと言葉ではあるのですが、
増賀さんがマネジメントする売れっ子コピーライターの渡辺潤平さんによって
「泣かないわけが無い」というすばらしい感動的な文章になっています。
(事前に増賀父を取材し言葉を引き出してあります。)

この時点では、増賀さんは父が何か俳句でも読んじゃったり、
話が長くなるんじゃないかという心配をしていて、「短めにね~。」っという
眼力を送っていたそうです(笑)。

しかし・・・。
泣いてる!(旦那さんが笑っている。)

52r0170328 

泣いてる!!

6dsc00373 

泣いてますね~!

7dsc00375 

しかも、この上の写真は「何コレ~?」と言っているシーンです。

実は増賀さんが手にしているのは、
披露宴に来てくれた皆様に配布するために、秘書をしている
これまた売れっ子漫画家のひうらさとるさんにお願いして、
二人のなれ初めを漫画にしていただいた冊子(それだけでもすごい豪華!)
なのですが、増賀さんが依頼した以上のものに変身していたからなのです。

増賀さんが依頼したのは、本当にひうらさんに二人の馴れ初め部分だけの
漫画&スープデザインの尾原さんに装丁デザインをお願いしたのですが・・・・

それが、表紙は私の切り絵になり、
ひうらさんの漫画も二人の生い立ちがプラスされ、
渡辺潤平さんの「娘へ」という上記のお手紙つきに生まれ変わっていたのです!!
(装丁デザインはもちろん尾原さん)。

豪華~!!!

当日に本人が袋詰め作業するというので、
事前チェックする際のためにダミーまで作ったという用意周到さなのです(笑)。

田口氏は「前回のサプライズですべてやりきった。」と
増賀さんに伝えてあったらしく(笑)、
本当に予想だにしなかったということでした。

しかし本当に増賀父が声を詰まらせながら読む手紙が素晴らしく、
会場はみんなが涙ぐみ、感動的なお披露目パーティーとなりました。


というわけで、大・成・功!

増賀さん、みんなに愛されているわ~!
いやいや人徳です。

旦那様のサッカー関連もとても豪華で、
ビデオレターにも数々のサッカー選手、司会も水内さん、
そして上記の写真にもちらりと写っているのは「キングカズ」こと
三浦知良選手のサイン色紙なんですねー!
豪華ー!
旦那様も愛されてますねー。

みんながハッピーになり、素敵な会でした。

はー!楽しかった。

それでは、当日配られた冊子をせっかくなのでご紹介します。

本当にこのためだけに、ひうら大先生が漫画を書き下ろすなんて!
いただいた方達は幸せ者だな~!

こちらがお渡し品の私が切りおろした表紙バージョン。

8

めでたく水引の鶴亀にしました。


こちらが、増賀さんが事前に見せられたダミーバージョン。
ひうら先生の描いた物が表紙になっています。
これもすばらしい出来映え!

91pastedgraphic

増賀さんが依頼したのはここまでの漫画だったのですが、
ここから先におまけがついたのです。

9

それは、もらった方達のお楽しみという事で・・・。

なんと、ひうら先生の漫画にちょいと私の切り絵がコラボしています。
これも、今回の企画に私が参加している事は内緒だったので、
切り絵の無いバージョンも作られていたのです。

10

すごーい!
嬉しい!
こんな企画でなければありえなかったですう!

そして、渡辺潤平さんによるお手紙「娘へ」。

11

感動!

これを制作している時にも、装丁デザインの尾原さんから
みんなにゲラがメールされ、漫画と合わせて、みんなすでに泣いていました(笑)。

売れるね!コレ(笑)!

今回の企画は、みんなのスケジュールやお仕事管理をしている
マネージャーに内緒で制作するっていうんで、それはそれは大変でした。

私も、スープデザインさんに原画の受け取りに行く際、
思わず増賀さんに電話番号聞こうとしたり、原画を額装したので、
その引き渡しなど増賀さんにお願いしようとしたり、度々危なかったです(笑)。

まず、みんなどこの時間に内緒で制作するかも大変だったと思います。

はー、本当に楽しかった。
この日が待ち遠しかったです。

つい2日前にも仕事の打ち合わせで会ったりしていたので、
うっかり何か漏れないよう慎重になりました。

しかし、増賀さんの泣きはすがすがしくていいですね(笑)。
泣いてもにっこり笑うし、その後もしっかりみなさんに感謝の言葉を述べられていたし。
エラいです。
愛されキャラとは、そういうところですよね。

私は照れ屋の感動しいなので、自分の結婚式では絶対泣きたくないと思ったみたくて、
両親に感謝の手紙を読むってところでどうしても泣きそうだったので、
感情を一切入れない一定の声のトーンで超早口で読み切るという
荒技でクリアーしました(笑)。
冷徹さが丸出しです。
素直に泣けば良かったのにと反省です。

私がよく「冷たそう。」と言われる所以ですよね。
(「冷たそう。」の次に良く言われるのが、「幽霊みえるでしょう。」)

増賀さんの、常に明るく前向きな姿勢が
みんなを楽しくお仕事させてくれるんでしょうねー。

これからも、みなさん共々よろしくおねがします。
そして、お幸せに!


最後に、引き出物としていただいたSWEETCHのケーキ。
美味しすぎました!!!
奥は紅茶にプルーンのケーキ。手前はチョコにベリーの入ったケーキ。

12r0170340

どちらも甘すぎず、本当に美味しかったです。
幸せだなー!


この記事をはてなブックマークに追加