福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

バイエルン地方inドイツ

2016年10月13日 | 日記
もうあっという間に1ヶ月経ってしまいましたが、
ドイツでの観光について記しておこうと思います。



ドイツを発つ前日が月曜でギャラリーや美術館がお休みという事で
観光する事ができました。


この日はギャラリーがお休みなので
滞在させていただいているギャラリーオーナーのミケーレさんと田中さんが車で郊外にご案内してくださりました。


ミュンヘンはドイツの南に位置しているバイエルン州の州都です。


ということで都会のミュンヘンと違った雰囲気の
バイエルン地方らしい郊外のちょっと田舎?の方へ連れて行ってくださりました。





車から見える風景が、どの家も綺麗に手入れされ嘘のように素敵で
TVとかでみる風景や建物すぎて、整備されたテーマパークかと思うほどです。










乳製品のパッケージのような風景が続いて、仮想現実かと思いました。
(貧困な発想ですみません。)








天気も良すぎて、全てが絵葉書の写真のような風景が広がっていました。






エマーナも降りて、丘の上の修道院に行きます。


どこでも、こうした犬のエチケット袋があり
ミケーレさんたちは、そこの袋の色や形状、デザインを楽しみにしてコレクションしています。




修道院の敷地にはビールのオブジェ。

もうご存知の方も多いと思いますが、ドイツでは修道院がビールを製造しているのですよね。





もちろん、ビアガーデンもあります。


ここには、ビアガーデンの他にもビールを提供するレストランの建物が2軒くらいありました。




丘を登って




あちらの修道院を見学。





!!!


すごかった!


アマゼーという地域のアンデックス修道院 (Kloster Andechs)というところです。
(あまり日本のドイツ観光ガイドには載っていないところです。)

地元では有名らしくて、丘ということもあり
サイクリングを楽しむ人たちのスポットになっているようです。

自転車で訪れている人が多かったです。





金ぴかです。

ゴシック調ってやつでしょうか。

すごいですね〜。













懺悔室がいっぱいです。


田中さん曰く
「こんな小さい田舎で懺悔室っていっても絶対秘密とか漏れそうで、私だったら使わないな〜(笑)」


たしかに〜。




せっかくなので塔を登ってみることに。







幽閉されたラプンツェルの気分です。








バイエルン地方が一望です。






ドイツには珍しく晴天が続いた9月でした。









それでは、ビアガーデンで昼食です。





ナイフ刺さってる(笑)。





プレツェッエルがこうしてぶら下がって売っていて
買ったら腕にぶら下げて他のお皿を持って席に戻ったりしてました。




かんぱーい。

(お酒ではありません。りんごジュースと炭酸とかなんかそんな割った飲み物がノンアルコールとしてあります。)
でもジョッキ(笑)。







すぐ裏には湖も広がりロードサイクリングのスポットになっている丘ですので、こうして市バスの後ろに
自転車が引っ掛けれる場所がついています。





ここまで頑張って自転車で上がってきて、
帰りはバスで帰ったりするのでしょうか。





のどかな田園風景中、突然異質な建物が・・・。
巨大パラボラアンテナとドームです。

Raisting, 地球局, レーダー基地とかいうものらしいです。



それを見ていたら


急にトラクターの長い列が横を通り始めました。






なんだか農業関係のイベントがあったみたいです。



バイエルン地方の旗。




















すごい数のトラクターでした。

みんな個人で所有している、実際に使っているものやコレクションしている旧式のものまで
様々なトラクターで走っていました。


その後、湖により







水の怖いエマーナが水を飲む後ろ姿。

全然深くなくて、入れるはずなんですけどね〜(笑)。








湖の水遊びってやっぱり桟橋からなのね。









駅のトイレ







男、女がとてもわかりやすいデザインです(笑)。













ドイツ(欧米?)にはアイスコーヒーというものが無く
アイスコーヒーと言ったら左のような本当にコーヒーにアイスが入ってクリームが乗っかっているものをさします。

コーヒーフロートのような、もっとボリューミーな感じのものです。










露店でかぼちゃが売られていました。


基本はハロウィンに使用されるような黄色くて瓜っぽいもので
日本のような緑色の皮でホクホクな中身のものもあり、それは
「ホッカイドウカボチャ」という名前で売られているようです。



お天気も良くて、空気もおいしくて素敵なバイエルン地方の散策でした〜。

ミケーレさん田中さん、ありがとうございました〜。









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世田谷児童絵画コンクール表彰式 | トップ | ドイツ滞在記 »
最近の画像もっと見る