福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

フジ物産株式会社60周年記念式典

2017年10月31日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


静岡の清水区にあるフジ物産株式会社の
創業60周年記念イベントに参加させていただきました。



会場は静岡市の日本平ホテル。

山の上にあるホテルで、近年大人気のホテルです。



この日は、台風大接近の日曜夕方・・・。



新幹線が止まると困るので、早めに静岡入りしましたが、
タクシーでの台風山道・・・・。
怖かったな〜。

暗いし、雨で前が全く見えない状態でグルグル山道を登って行ったのです。
「すごいですねー」と話しかける事も一切せず
運転手さんの集中力が途切れぬよう、後部座席で
シートベルトして吊り皮につかまりながらひたすらフロントを見て固唾を飲んでいました。


無事に着いて、ほっ。





五葉松が美しかったな。





こちらの会場です。





もうすでに始まっており、私は途中登壇予定ですのでしばし控え室で待ちました。






かなりみなさんお酒も入って出来上がっている状態のよう。

すぐ横の会場の賑わいとは打って変わって
控え室は私一人で静かに過ごしておりました。




私が登壇しても
誰も注目して下さらなかったらどうしようかな〜、
なんて思いながら
またまたナショジーの今号の特集「翼竜」を読みつつ待機していました(笑)。





宴もたけなわのようで、そろそろ終盤になり、




いよいよ私の登壇時間になりました。

(作品が飾られました。)









登場です。





今回、60周年記念作品を制作させていただいたので
作品とともに、そちらの説明をさせていただきました。







今回、フジ物産さんの60周年の作品を制作する事になったのは、
なんと高校時代の同級生がこちらの会社の総務部長さんになっており、
私にお声がけくださったのです。





お声がけいただいた総務部長さんは
私の高校では特進クラス(特別進学クラス)の文系に属しており
一般の生徒より、朝に1時間、夕方1時間多く授業があるので
運動部に入る事ができないので
私のように運動で入ったような生徒とは接点の無い勉強漬けの3年間かと思われます。




入学時から特進クラスは、理系、文系1クラスだけあり
ほぼ3年間同じメンバーで過ごすので
もちろんクラスも一緒になった事がありません。


それでも、私の事を覚えててくださり
活躍を存じてくださっていたのです。


ありがたいです〜。






今回、夏くらいに一度会社を訪問させていただき
打ち合わせをさせていただいたのですが、
そこで社長の山崎さんからいただいたテーマが


「クラゲ」


だったのです。



事前に少し会社の事を調べ
こんな感じかな〜とざっくりイメージしていたものとは
まったく別のテーマ!


驚きながらも

フジ物産さんが清水という海を拠点に事業を始められ
時代の変容に合わせ
いろいろな部門を扱いつつも
枠にとらわれない活動を常に続け
今年のテーマが「チャレンジ」というお話を聞いていくうちに

なるほど〜、となりました。



マグロを通じて海外にも事業所があり
グローバル化が進むフジ物産さん。


世界地図に見立てた海の中を
環境の変化にうまく対応して浮遊していくクラゲに例えて制作させていただきました。



(私が指しているのは、日本のフジ物産さんの拠点位置を指しています。)


よく見ると、クラゲの中に
「60周年」の「60」が隠れており、

さらに向こうからやってくるクラゲには
創業100周年を目指す意味で、「100」 という数字もこっそり入れました。





こちらの説明で、拍手が起こり
とてもみなさん温かくてありがたかったです。




カラーは、フジ物産さんのブルーが貴重になっています。




お祝いにふさわしく、額はゴールドにしました。



本当に60周年おめでとうございます!!!




フジ物産さんのように、水産業から新エネルギーなどを展開されている「静岡らしい資源を活かした」会社が
静岡を支えてきたわけで、その会社が末長く繁栄されることを私も静岡出身者として、祈っております。



みなさんと




左から
代表取締役専務 税務担当 山崎さん
代表取締役専務 新エネルギー担当 山崎さん
代表取締役社長 山崎さん
(みなさんご兄弟です。創業者がお父様です。)

高校同級生、総務部部長 大石さん


大石さん、お声がけいただきありがとうございました。






そして、会が終わり帰りのタクシーを待っている間ホールにて


行きの大雨が嘘のように止み、
窓の外には清水の港の街並みが美しく広がっておりました。

私、夜景ってそんなに好きではなのですが
この山から見える雨上がりの清水の夜景は美しく感じました。


東京は過多なんです、ネオンが。
でもここから見える夜景は、過多でもなく生活に必要な分だけの明かりなのだと思います。






この後、また雨上がりでツルツルの路面をタクシーで下っていくのが
また怖かった(笑)。


結構遅くなってしまったのですが、

新幹線が遅れていたおかげで
無事に乗れて、この日のうちに東京に帰れたのです〜。

(でも、品川前から新幹線が停止信号だらけでまったく到着せず、長かった・・・。)




台風は温帯低気圧に変わったとのこと。





ぎりぎりでしたが無事に納品できて安心しました。

そして、みなさまお疲れ様です。



































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲゲゲな調布 | トップ | 神保町へ »
最近の画像もっと見る

お知らせ(個展・ワークショップ他)」カテゴリの最新記事