福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

世田谷児童絵画コンクール

2016年09月27日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


今年も昨年に続き、審査員をさせていただきました。



「世田谷児童絵画コンクール」




駒沢公園の目の前にある
「伊佐ホームズさん」へ。

http://www.isahomes.co.jp






こちらで錚々たるメンバーの方々と審査をさせていただきました。









審査員長は坂口寛敏さん(東京藝術大学美術学部油画科 教授)
橋本善八さん(世田谷美術館 学芸部長)
望月照彦さん(多摩大学 都市プロデューサー)

そして伊佐ホームズの代表取締役社長 伊佐裕さん


ここにはいませんが、
川口淳二さん(長谷川町子美術館館長)
皆川明さん(ミナ デザイナー)

も審査員として入ってくださっており、
お仕事の都合のため、事前に審査してくださっています。

お忙しい皆川さんはパリに発つ前の早朝6時に立ち寄り、選んでくれたとか!
すごいな、皆川さん。

ハイパーにお忙しい皆川さんも川口館長も
どんなに忙しくてもちゃんと時間を作ってくださるのは素晴らしいです〜!!!






400点越えの作品の中から選びました。


どの子もとっても力作で
絵につけたタイトルを見ると面白くて、とてもみなさん選ぶのに悩まれました。







大先輩がたのおじさまたちはとっても優しくて
こどもたちの絵画の選考も愛情を持って選んでくださっていました。


尊敬。






この日、審査員にふるまわられた飲み物はこちら




「森のサイダー」

な、なんと樹液飲料なんです!!!


樹液ですよ。



伊佐ホームズさんは建築屋さんですので
木を扱っている関係から林業関係者とのつながりで
こちらとつながったようです。







秩父の山のミカン科の木から作られているので
さっぱりとしていて
苦味とかそんなになくて
美味しいです!


市場に出てるのかな?

薬科大学との共同開発のようです。



また飲みたいです。



さてさて、そんな審査会でしたが、私は最後まで居れず
大大大先輩がたに後をお任せして
お先に失礼させていただきました。

えーん!最後まで見届けたかった!




そして、新幹線でビューんと!
静岡県島田市へ



キッズアートしずおかで明日から島田市の小学校へ出前授業です!






今回のスーパー助っ人はこちらのお二人。

夕食食べつつ打ち合わせ。




なんせ、大人数なんで・・・。



スーパーな方々をお二人もつけさせていただきました。


明日と明後日で4校に行くのです。




どなることやら!


楽しみでーす。










この記事をはてなブックマークに追加

浜松市美術館ワークショップ

2016年09月25日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


静岡県の浜松市にある
浜松市美術館でワークショップをしてまいりました。


ちょうど企画展の方は
写真家で映画監督の若木信吾さんの個展が開催されており
雨の中、ご本人もいらっしゃっており、多くの若い方々が訪れていました。


http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/



浜松市美術館は
出世城と言われた浜松城のすぐ下にあり、元動物園でもあった緑豊かな浜松城公園の中にあります。




正面玄関。
(こちらの写真は昨年のものです。今年は雨でしたので。)




周りは欝蒼とした木々に囲まれています。




すぐ横に浜松城。

小さいけど中身は濃くて結構面白いお城の中です。




さてさて切り絵のワークショップが始まりました。





浜松市はちょっと変わっていて、美術館の館長を始め学芸員などが
教員の方々で異動勤務の一つとして勤めています。

ですので、教員とのつながりが強く、
美術館の講座はほとんど教員向けのものが多いそうです。

今回も教員向けに募集し、
残りの枠を一般の方々の募集にしました。


多くの方に応募いただきありがとうございます。

参加できなかったみなさま、すみません。
またの機会に是非ご参加お願いします。






今回、企画展の若木さんの作品のインスピレーションも入れ
「心象風景」をテーマにしました。

ちょっと漠然としていますが、
外は雨でセンチメンタルな雰囲気は漂っていたのでちょうどよかったです。





一つ自分に関係するアイテムを切っていただき

バックに浜松市美術館周辺、浜松市美術館内の風景写真などをはめこみました。

写真は事前に浜松市美の担当学芸員さんにお願いして撮影してもらいました。
ありがとうございます。
















大人の方々に混じり、子供達も頑張りました。


当初、フィールドワークを予定しており、
切り抜いた切り絵を持って外に出て、切り絵から見える景色を写真で撮影するという案を出しましたが、
2時間の中では難しく、また今回のように結構な雨だったので
講座室内の中で完結してよかったです。

またそれはどこかでできたらいいです。


教員の方々ということで、少しだけ私が小学校などで行うワークショップをご紹介しました。


今回はテーマが難しいかなと思いましたが、
さすが大人達、そして先生たち
時間内にみなさん素敵な作品を仕上げてくださいました。


お疲れ様です。



今回のアシスタントは出産開け初めての天然な松井さん。




土曜日にワークショップがあったので、9ヶ月のお子と旦那さんが週末旅行も兼ねて
来てくれるというのでお子に会うのを楽しみにしていた私だったのですが・・・。


毎回、静岡市のワークショップがほとんどだったので
勘違いしていたらしく
静岡にホテルをとっていて、そこに旦那さんとお子様を置いてきての参加。


私は東京からのとんぼ返りでしたので、会えずじまい・・・。

広島出身の松井さんが新幹線で静岡で降り、静岡出身の私はそのまま乗って東京に帰るという
意味不明なことに。


さすがだな。




そんな松井さんが出産後も相変わらずで好感度アップなのでした(笑)。




私の切り絵ワークショップな旅ガラスはまだまだ続きます。


お次は静岡県島田市の小学校にキッズアートプロジェクトしずおかで
4校に出張講座に行きます!!!


またご報告いたします。














この記事をはてなブックマークに追加

中村キース・ヘリング美術館

2016年09月24日 | 日記


今回の八ヶ岳旅行にて、

中村キース・ヘリング美術館に行ってきました。

http://www.nakamura-haring.com



こちらとってもよかったのでオススメです!!!















中村さんのコレクションから美術館に発展した場所なのですが

森林に囲まれた素敵な環境の中、近代的なのにその自然に溶け込むような素敵な建築物。


そして、かっこいい作品群に、主人の今井トゥーンズの興奮が私にも伝わりました〜。






アボリジニ文化が好きな父にも、面白かったと思います。
(帽子買っていました。)


そういった民族の文化からも影響を受けた絵柄で、
グラフィティと言われる「壁の落書き」みたいなものをアートに発展させた第一人者で
ニューヨークのポップアートの代表の一人です。




















私もこんなにちゃんと作品群を見たのは初めてです。


東京に出たての頃、外苑のON SUNDAYの近くのビルに描かれた作品をみた時の感動を覚えています。



あの頃はまだありましたが、もうないですよね。
どこに行ったのか。




















彫刻作品も充実していて





ショップも充実していて、楽しかったです。


主人は以前から子ども部屋の椅子をこれにしたいと言っていました。







亡くなったのは31歳の若さだったんですね。


エイズということもありましたが
ストリートから一気にアートシーンに引っ張り上げられ
駆け抜けた濃厚な人生だったと思います。




いい時間だったな〜。



美味しい料理と、お風呂、プール、美術館と
とてもいい息抜きになりました。



この大家族旅行計画、いつまで続くかな〜?

実家が静岡で、こちらの東京に出ている家族と
いつも中継地点のあたりを旅行しています。


旅行好きのおばあちゃんのためにできる限り続くといいな。




そして、私はいったん東京に戻り
今度は浜松へワークショップをしに出発でーす。








この記事をはてなブックマークに追加

毎年恒例大家族旅行

2016年09月23日 | 日記


私は先週ドイツから帰ってきたと思うのですが、

ほとんどお家に居れてないです(笑)。



お次は毎年恒例、大家族旅行です。


まあ、1年に1度のバカンスです。


毎年、私の祖父の誕生日と父の日に合わせて行われていた行事でしたが
昨年祖父が亡くなり、途絶えると思いきや

喪があけた9月、祖母の誕生日は11月なのですが
その時期は寒いということで
秋分の日を盛り込んだこの時期に
祖母の誕生日という名目で、昨年と同じ
八ヶ岳の「星野リゾート」に家族が現地集合いたしました。


総勢16名?それぞれの家族6部屋で宿泊します。


うちは犬OKの部屋、いとこ家族はベビーのお部屋
それ以外は通常使用のお部屋と
元教員の叔母の手配の元、実行されました。


本当にすごいことです。
ありがたいです。





娘が小学生になり、時間の制約ができたので
小学校から帰り次第出発。
他の家族は早めに入って周辺のショッピングを楽しんでいました。



弟君うまい具合に昼寝時間。







直通特急にうまく乗れず、乗り換えをしていたら
着いたらすでに18時で暗い・・・。



今回はピーマン通りという通りがハロウィン使用で
怖くなっていました・・・。





10月はスタッフがゾンビとかになるそうで
本当に怖い・・・。


大人向けだな。




お部屋に一番近いのがこのお人形で、

子供達の阿鼻叫喚の声が聞こえました。



19時には全員揃い、スタート。



おばあちゃん、おめでと〜。



地元食材の豪華食事に舌鼓。















後半、おこちゃまメニューを平らげ飽きてきた頃には
こちらの部屋でDVD鑑賞タイム。






バーカウンター?かな。
隣の部屋です。




普段ほとんど見たことのないアンパンマンに釘付けの息子と娘。

他はいとこの子供達。


大人が入れ替わり、様子見にきます。



デザートもすごかったんですけど。







そんなお楽しみコース料理を食べ終わったら、
とっても夜遅いことになっていましたが
外の大浴場へみんなで入りに行きました。
(遅いから部屋のお風呂でもいいのですがみんなで入りたいよね〜。)




翌朝は、朝食前に娘は宿題をしていただきました。




そして、前日遅かったのもあり、朝食バイキングのため無理やり起こしたら
はじまりました・・・。




寝巻きで行きたいそうです。





もう一度着せて、上着を勧めましたがそれもダメだと。





汗かいてるし、その寝巻きで寒い八ヶ岳の朝に出歩くのは・・・。

寝巻きでご飯はちょっと・・・。





しかし、そんなイヤイヤも散々わめき散らしたところで

外の怖いハロウィン展示の出番。






こちらのおかげで最終的にはすっと着替え朝食に行けました。
(そちらでも別問題で愚図りましたが。笑)





そして、お待ちかねのプールタイム。















お子様家族は波の出る大プールで体力消耗の大はしゃぎ。



高齢家族はリゾート内でショッピングしたり、お茶したり
天気が悪かったのですが、近隣の森の散策もできます。


息子がジュースこぼしたり粗相で、ズボンの替えが無くなりましたが
もちろん子供服のお店やら何やらも充実しており、即問題解決できました。


ランチはそば粉のガレットを食べ、


親戚一同で楽しい時間を過ごしたのでした〜。




















この記事をはてなブックマークに追加

静岡県立美術館わくわくアトリエ

2016年09月22日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

翌日は親子からのワークショップ

「わくわくアトリエ」です。



今回は、家康の葵の御紋にちなみ

「紋切り」の方法を使って

平和の紋を作ることにしました。



私は紋切りは専門ではないので
詳しいことは、紋切りの第一人者下中菜穂さんという方がいらっしゃいますので
この方の著作品を参考にすることをお勧めします。

下中さんの紋切りの書籍などの紹介サイト
http://www007.upp.so-net.ne.jp/xpl/


(下中さんとは、2009年のミッドタウン虎屋さんの展示でご一緒させていただきました。)




さてさて

本題です。


わくわくアトリエ午前の部がはじまりました。




親子をはじめ80代の方など幅広い年齢の方々がご参加くださり
満員ではじまりました。




外にはボランティアの最高齢を更新し続ける浅倉さん(御歳87歳)。
腰を椅子に乗せることなく、独自のフィールドワークで働き続けます。
止まらないことが生涯現役の秘訣なんですね〜。


ランチをご一緒しましたが、かぼちゃが入っていたことから
戦前のかぼちゃの話になり、浅倉さんの生きてきた長さと経験にただただ感服いたします。



まずは試作をします。








お父さん1人で小さい子供3人と参加されていたのですが、
すごくないですか〜!

最近のお父さんってスーパー子育て協力的ですよね。

いい時代になりました(笑)。










彼は細かい作業が得意です。

お母さんとおばあちゃんと参加されていました。




アンパンマン?













お子さんがおうちで作ってきたもの。
小学生でここまでできるのですね〜。

おどろきです。

すばらしいです。
楽しい気持ちを大事に成長して行ってもらいたいです。









それでは、完成したので講評です。



自分の「平和」をテーマにした作品の説明を明確に述べる男の子!

びっくりした。
意外とちゃんと考えてる(笑)!



みなさんの作品













いろいろな紋ができてとても楽しかったでーす!

みなさんお疲れ様です。



午前が終わり、午後の回へ


午前中を様子見にし、午後はご自分も制作にとりかかるお考えの浅倉さん。

ちゃんとご自分の家紋を持ってきていました。





午前の部の講評を見つつ、いろいろ考えていたようです。





はい、午後の部スタートです。





浅倉さんも頑張りました。





あれよあれよと完成したので講評です。







みなさんの作品










こちらもとても楽しくできましたー!



男の方々のスキルがすごかったです。
器用なお父さん尊敬ですよね〜。

それぞれが個性的な作品で面白かったです。



みなさまお疲れ様です。




一応、本当の紋切りというものもご紹介。



私もよく知らなかったのですが
5つ折りとか、折る回数で違った形が出来上がるのは
広げた時の感動があり、面白いですね〜。


こどもとやってみよ〜。



そして、浅倉さんは毎回スタッフみんなを気遣っていろいろとおやつを買ってきてくれます。

朝一で買ってくるのでだいたいが無人販売でかってるみたいで
前回はみかん(本人はみかんはあまり好きじゃないらしい)。
今回はバナナとトマト。


私は終了次第、東京に戻るのですぐに帰らなければならず
談笑前に帰宅。

お迎えに来た父のためにバナナをもたせてくれました。




そのバナナは新幹線にて息子のおなかへ〜。



ご長寿バナナをありがたくいだきました(笑)。

ありがとうございます。



今回は、県立美術館のワークショップを初めてアシスタントなしでこなしましたが
慣れている担当スタッフさんやボランティアさんのおかげで何不自由なく無事に執り行えました。


みなさま、ご協力ありがとうございました。





この記事をはてなブックマークに追加

静岡県立美術館 実技室講座

2016年09月21日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)

今年も静岡県立美術館にて実技室講座の講師をさせていただきました。



というわけで
週末ビューンと子供達と新幹線で静岡へ




後ろのトランクはドイツ土産です。
2人にはそれぞれのお土産をコレに入れて渡しました。

気に入ってお出かけの際には2人して持っています。




さてさて話は戻り・・・。



実技室講座は中学生以上向けで、1日をかけてじっくりと作ります。







今回のご担当は見城さん。(隣の女性)







県立美術館の展示が
開館30周年記念の
「徳川の平和 パクス・トクガワーナ」

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp



というわけで、徳川といえば

「葵の御紋」

その紋を「平和」をテーマにオリジナルの紋に切りあげてもらうことにしました。



切り絵方指導。













練習が終わったら本番





資料を見て




今回の展示担当、日本画専門の学芸員さんから直接レクチャーで
企画展の要所を見て回ります。



前日企画展がオープンしたばかりで凄い人です〜。




さてさて、戻って下絵を考え





制作に入ります。





















実技室の担当の方が図書館で資料を探してきてくださったのですが




静岡には
本の分類に「トクガワ」という分類があるらしい。





そしてできあがって講評です。




















常連さんなのですが、うっかり曜日を間違えた方が午後からかけつけてくださりました。
なので途中ですが、ここまで進んでてさすが!







「平和」といってもいろいろあって、

個人の平和だったり
スポーツの祭典の平和だったり、貨物輸送も平和でないとできなかったりと

いろいろな「平和」の捉え方があり、とても面白かったです。


皆さん、素敵なそれぞれの紋ができました!


お疲れ様です!


そして、翌日は「わくわくアトリエ」!

親子で参加できる午前と午後の2講座です。








この記事をはてなブックマークに追加

帰国してます。

2016年09月17日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)




先日、無事に帰国いたしました。



私の乗ったミュンヘンー日本のANAの機体がたまたまスターウォーズ使用だったみたいで
入り口からヨーダのお出迎え。

そういえば機内の曲もスターウォーズのそれ。



シートも




こんなでした。


しばらくすると、機内のアナウンスが
スターウォーズのようなピコピコいう機械音とともに始まり、最後もその音で
おわりました。

そして、
「スターウォーズの世界をお楽しみください。」
とのことで
あの音楽とともに

ライトがいろいろな色に変わりだしました。






もしろん、機内の紙コップとかペーパーナプキンとかいたるところで
スターウォーズデザインが出てきました。


日本に着いて降りたら


こんなでした。






へーーー。

知らなんだ。




日本について主人に話したらとても羨ましがられました。

一応、紙コップなどお持ち帰りしてみたら
「ああ、おみやげこれでいいや。」
と言われました。



私のようにまともにスターウォーズを見たことがない人が、たまたま乗ったことを残念がっていました(笑)。





みんなでお迎えに来てくれて、

主人はスターウォーズ使用の機体を見たいため、
この飛行機の発着が見えるデッキでしばしゆっくりしました。


主人はカメラを構えておりました。

しかし、ちょうど見れない位置に待機しており、残念。



おみやげを渡し、
娘の希望で空港の蕎麦屋で夕食をすまし、帰りました。



私の不在に、
レオ様の逃亡(家の中ですが)&地下に潜むこと数日事件や
弟の足の傷が膿んだり、発熱したりと
いろいろあったようですが、なんとか私の両親の力も借りつつ乗り越えたようです。



私の不在の間、お疲れ様でした。




そして翌日は
毎年恒例、
静岡新聞社広告賞審査会で娘を小学校に送り出したら静岡へ〜。



新幹線の中。

審査前に、資料に目を通します。


仕事やってる風な図。




着いたら早々に審査をスタートです。

審査委員長の巨匠コピーライターの一倉宏さんを筆頭に
スムースに行われました。




















午前の審査を終え、






こちらの新聞社最上階のレストランで昼食を済ませたら
午後の公募展部門の審査。


こちらも無事に終わり、少し今後の打ち合わせをして
いつもより早い時間に新幹線に乗れ、帰れました。



弟君の発熱が続いているのです。


ついでに私も歯痛なるものが発生し、
ドイツ前からあったのですが無視していたら
とんでもない激痛に!



みんな気が緩んだのですね・・・。




そんでもって明日は静岡県立美術館の実技室講座とわくわくアトリエです!


2日間ともよろしくお願いしまーす!!!!









この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ6日目

2016年09月12日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


ドイツ滞在6日目です。


オープンして3日目。
オープンアートの期間最終日になります。



この日も快晴。







雲ひとつない青空の日曜日です。


こんな日はあまりギャラリーに訪れる人は少ないとか。








近くのミュンヘン大学の大通りは歩行者天国で様々なイベントで大盛り上がり。




神殿みたいな建物の間



DJブースからの大音響。




出店が多く、もちろんビールもたくさんでてて、
DMXからローラーブレードのパフォーマンスコーナー、
吊るした布のヨガとか、


大きな犬顔のロデオ・・・





グルングルン回っておりました。







近くで家族で大賑わいな場所があるので
風船や紙でつくって王冠を持っていたりする子供達で溢れていました。






そんな感じなので、午前中は全然人が来なくて
おばあさんが来たと思ったら

「開けてるの?他のギャラリーはこんな快晴だからオープンアートって言ってるけど
締めちゃっているわよ。」

と告げて出て行く
なんてありました。



自由だ。


でも、ギャラリー巡りを楽しみたい方々は自転車で乗り付け
一通り見に来てくださいました。


















絶え間なく人が来るので、お昼を食べたのは16時でした。





こちらのおじさん、
昨日のアーティストトークに参加してくださった方。



今日も2回ほど来てくださり、
その場にいた女性に私の作品のことなど
事細かにレクチャーしてくださっていました。

その後ももう一度他の人を連れてきて、
またまた説明してくださいました。




また来るそうです。



作品を気にってくださったようです。
ありがたい。






なんだかんだと大勢訪れてくださり、
1日対応に追われました。


とりあえず
ダンケシュン(ありがとうございます)を言いまくりました。




ほとんど田中さんとミケーレさんがやってくださるので
一人で市内を歩くこともなく、買い物もしていないので
コーヒーのお皿とカップを返しに行き、引き換えチケットと4ユーロ受け取るという
ミッションを買って出て、
初めてのおつかいのようにミッションをこなしてきました。


ランチも一人で買ってみました。
お姉さんがやさしくて、わけのわからない日本人に根気よく対応してくれました(←他のお客に迷惑)。






明日は月曜でギャラリーはお休み。


1日しかありませんが、郊外に行く予定です。


私のギャラリー滞在は最後かな?





田中さんと





エマーナと




ミケーレさんと


記念撮影しました。














この記事をはてなブックマークに追加

ギャラリートーク

2016年09月11日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


昨日はギャラリートークがありました。















質問はギャラリーの田中さん。

通訳はドイツにお住いの日本人、久子クルッパさん。













一番通訳さんに近いご老人が
何度も「もう少し大きい声で話してくれ」と耳が遠いの万国共通で安心。


今回事前に質問を何個か決めて、それにしたがって答えていき、
制作風景の映像を流したりました。


このご老人は、1つのセンテンスに何個も質問をしてくださって周りの方がしまいには
「後で質問コーナーあるから」って止めてくれたのですが、
質問時間になったら質問しないっていう(笑)。



自由すぎておもろいです。













天気もよく、トークの後も随時いろいろな方が訪れてくださりました。


みんなが進めるので
トークショーのあとは田中さんと久子さんと近くのジェラート屋へ。




私はオーリブとすももにしました。

いろいろな味があるのですが、どれも本当に美味しいです。








ここは美味しくて行列のできるジェラート屋さんで
ピナコテーク(美術館)のある区画ののすぐ角にあります。


こちらはイタリア人の方々が夏のシーズンだけの出張してオープンするお店で、
本場のお味で美味しいのです。

冬は閉まっているそうです。


合理的だわ。





ワンちゃんの訪問も多く、

ギャラリー犬、エマーナがご挨拶。





しかし、




ここはエマーナのテリトリーだわってことでご遠慮する犬社会。


























上の方、男性です。



オープンアートは、金土日で、本日までミュンヘン市内の美術館とギャラリーで様々な展示とイベントがあります。


本日も快晴で、大通りは歩行者天国で屋台も出てイベント盛りだくさん。

こういう時は、ギャラリーにはなかなかお客さんがこなくて
みんなほとんどビアガーデンに向かうと思われます。


でも、ギャラリー巡りを楽しむ方々はmap片手にいろいろと巡って楽しんでます。


私の展示はこのまま10月22日まで
MICHEKO GALERIEで展示されていまーす。



本当はワークショップを考えてプログラムなどを用意していましたが
無くなったので、明日はフリーな日になりそうです。
予約制のプログラムにしようとしたのですが、
サマーバケーションでこどもも大人も不在で、告知できなかったそうです。
随時参加型にするのは大変そうなので今回は見送りました。


またいつかやりたいです。



ほとんど市内観光はできておらず、
前回来た時に結構したのでまあいいかな。


月曜はギャラリーはお休みだけど、美術館もお休みだしね。



ドイツの滞在もあともう少しになります。







この記事をはてなブックマークに追加

オープン(MICHEKO GALERIE in ミュンヘン)

2016年09月10日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


昨日、無事に個展がオープンしました。


この日は、オープンアートというアートイベントのオープン日にもあたり、随時入れ替わり立ち替わり
多くの方が訪れてくださりました。

個展をさせていただいているMICHEKO GALERIE(ミケーコ ギャラリエ)は、
ミュンヘンの美術館ピナコテークが密集している地域
にあり、周辺はギャラリーや額屋さんなど多くある地域です。

日本だと上野あたりな感じでしょうか。




なので、みなさんここの地域のギャラリーやアートイベントをはしごしてこられます。










































いろいろな方がいて、ともても面白かったです。


近くにミュンヘン大学があり、留学している日本からの学生さんや

近辺のデザイン会社にインターンで勤めている日本の方などがお越しいただき

嬉しかったです。


年配の方が多く、みなさんあたたかくて

一様に切り絵に驚いてくださるので、面白かったです。




この日は21時までどこもギャラリーを開け、
そのあと夕食へ。


金曜ということもあり、どこのレストランも大賑わいでした。


写真は別の方が撮ってくださったので、私の撮影したのは以上です。



オープンアート2日目ははギャラリートークです。















この記事をはてなブックマークに追加