福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

切り絵アート展 〜息を呑む繊細美〜in沖縄 浦添市美術館

2017年02月26日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)




11人の切り絵作家による

「切り絵アート展」
ー息を呑む繊細美ー



浦添市美術館(沖縄市)
 2017年3月11(土)~4月16日(日)


に参加させていただきます。



今まで、こういった「切り絵」というくくりで展示したことはなかったのですが
私が存じ上げていなかった素晴らしい切り絵作家さんが大勢いらっしゃるということを知り
こちらの合同展のお話に参加させていただくことになりました。


今回の展覧会は巡回展になっており
来年の会場も決まっております。

各会場にて、誰か作家さんがギャラリートークをすることになっていますが
今回の会場は

蒼山日菜さん!



わたくし遅ればせながら、先日はじめて蒼山さんの作品の現物を見る機会があり
とっても繊細で素敵でした〜!
ビックらこいた〜!!!
ワークショップもよく行われているそうでいろいろ出来る方のようです。

今回も会場にて実演があるとか!!!


沖縄行く方がいらっしゃったら是非!


(ちなみに私は来年の福岡市美術館の担当の予定です。)


こちらです









参加作家は

蒼山日菜さん
にい瑞良さん
辰巳雅章さん
筑紫ゆうなさん
井出文蔵さん
福井利佐
関口コオさん
百鬼丸さん
林敬三さん
柳沢京子さん
酒井敦美さん


以上の素晴らしい大先輩方と展示させていただきます。


そして会場の浦添市美術館とやらがなんとも素敵な建物!!!

ちょっとネット検索したらアンコールワットかのような建物が!!!

(出典http://okinawa-round.jp/2011/05/blog-103.html)


(出典http://okivel.com/okinawa-rekisi/)

い、行きたい・・・。



しかし、この後もお知らせするのですが、
わたくし3月に3会場で展示があり、すべてが必ず被っているという状態・・・。


どこかで時間とれたらいいな〜(涙)。




ではでは春休みに入ってますので行けれる方は是非に〜!!!!

よろしくお願いいたします〜。









この記事をはてなブックマークに追加

めぐるりアート静岡 News3 記録号

2017年02月25日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


昨年参加させていただいた

めぐるりアート静岡
(2016年10月25日〜2016年11月20日)


こちらは会期前に1号が出て
会期中に2号が出て
会期後の今回、第3号が出ました。






めぐるりアート静岡 News3
記録号


今回の展示が網羅されております。



アート&スポーツ/ヒロバ


参加アーティスト
日詰明男さん
千葉広一さん
岩野勝人さん





静岡市美術館


参加アーティスト
Nerhol
(田中義久さん、飯田竜太さん)





中勘助文学記念館・杓子案

参加アーティスト
木下琢朗さん





静岡県立美術館
ロダン館

参加アーティスト
鈴木基真さん






静岡県立美術館


参加アーティスト
福井利佐
(私)




旧マッケンジー住宅

参加アーティスト
千葉広一さん
木下琢朗さん





どれも素晴らしかったですね〜。

私は県立美術館のホールと入り口外の展示をさせていただいたのが
とても嬉しかったです。


また展示したい(笑)。




そして今号は私のインタビューが掲載されております。






着物でギャラリートークした日ですね。







静岡のあちらこちらに置いてあるかと思いますので

是非ご覧になってくださいね〜。











この記事をはてなブックマークに追加

E.O展 日本橋三越本店

2017年02月24日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


展示のお知らせです。





「E.O展」
多摩美出身作家

会期:2017年 3月8日(水)〜14日(火)
(最終日は午後5時閉場)

日本橋三越本店  本館6階 美術特選画廊



こちらの合同展に参加させていただきます。


ギャラリートーク 3月11日(土) 午後14時〜
レセプションパーティ 3月11日(土) 午後17時半〜



この展示のお話、
かれこれ2〜3年くらい前に私の学生時代の実技クラスの担任 大場再生先生からご連絡をいただきました。


何とも、卒業してから一度もお会いしていないので
かれこれ20年近く経ってからの突然のお誘い。

ありがたく参加をさせていただくことにいたしました。






そして、タイトルなんですけど・・・・。




多摩美生なら「!?」と思うでしょう。





そうです!




「E.O展」





なのです。



多摩美の食堂といえばイイオ(飯尾食堂)ですよね(笑)。



一応、タイトルの由来なのですが、こんな感じらしいです。

E.Oとはギリシャ神話に登場する女神エーオースにちなんでおります。
エーオースは「暁」を象徴する神であり、
「薔薇色の指をもった女神」「黄金の腕をもった女神」と称され、
アーティストの集いに相応しいイメージと考えた次第です。
また皆様にとってなじみ深い、大学の施設にも由来しております。



さらに実行委員さんからからのお手紙には

ところで、E.Oと聞いて何も思い出さない人は多摩美出身者にはいないはず。
たとえギリシャ神話の女神のことは知らなくても、自分の学生番号は忘れてしまっていても、
「E.O」と聞けば何年、何十年か昔の、夢と意欲に燃えていた頃の自分を思い出すでしょう。
多摩美の学食「イイオ」にお世話にならなかった学生はいないでしょうから。



と書かれていてグッときた次第です(笑)。


さらにパンフレットに




こんな写真が載っており、
(嬉し)涙が出そうなくらいでした(笑)。





参加者は以下の皆様です。















えーと、私 実はまったく知らない方ばかりで
(おそらく油画家の方が多く、大先輩方かと思われます。)



ギャラリートークが3月11日にあるのですが
どうしたもんでしょうね〜(笑)。



実技担当の先生がいるってことは、なんか学生時代のことについて話されちゃったりするんでしょうね〜。

こわ〜(笑)。


でも楽しみです。


私の出品作品はこちらです。






ご興味のある方は是非、お越しいただければと思います〜。









この記事をはてなブックマークに追加

甘味な2月(2)

2017年02月19日 | 日記



えーと
バレンタインありましたよね。



毎年恒例なのですが

主人の誕生日がバレンタイン前日というのもあり

毎年一緒くたにやらしていただいております。









ひとまず誕生日ケーキ。





こちらも恒例の刺身のお造りを近所の魚屋さんでこしらえていただきました。



こちらほぼ全て主人が食べきります。


(ビールのコップは主人お気に入りのゴキタビール<作家の五木田さんね>。)




バレンタインとしては

毎年恒例
SWEETCHさんのチョコでございます〜!!!!


アプリコット&キャラメルの生チョコを
スプーン型のクッキーで!!!





瀬戸内レモンのトリュフとレモンの皮のピールのチョコレート!!!


毎年、どちらも食べたいわけで(わたしが!)
どちらもオーダーして
ほとんどをわたしが食べる
っていうバレンタインです。


こどもたちはスプーン型のクッキーが好きなんですよね〜。
すぐにクッキーがなくなっちゃうので
これ、来年から倍の数でおねがいしようかな(笑)。



ご興味のある方は是非こちらから。

http://sweetch.jp



何頼んでも甘すぎずおいしいです!!!



そして、バレンタインは学童帰りの娘のミッションを数件こなし
(結局のところ親同士が連絡取り合って待ち合わせますよね〜)

無事に帰宅。


保育園ではもらってこなかった息子ですが
娘の友チョコからおこぼれでいただきました。



甘いもの大好き息子。

パンダの絵柄に大喜びです。


私からは息子にこちら。



スターウォーズのエッグチョコ。


今回に限らず、昨年から断片的に見かけたら買っています(笑)。

今回はパッケージが変わっていたそうでリニューアルがあったのかな?
(私はよく見ておらず、主人が気づいていました。)



しかし、何の気なしに手に取ったこちら
(ほかの男子にもこちらをお送りしました。)



1日1個づつ開けていたのですが(3つ入っています。)


な、ななんと!!!





主要キャラ3つが入っていた模様です。





まさかね〜。





2日目で
白いロボットと金色の人(ごめんなさい、スターウォーズよく知らないの正確な名前がわからないのです。)

が出てきたので

えーーーすごいじゃん!この二人〜?
あとダースベーダーだけじゃない?
(ダースベーダーだけ名前わかる)


なんて言ってたら



(私の言う金色の人 笑)

3日目に開けたらダースベーダーが出たから

驚き 桃の木 山椒の木でしたよ!



もう買わなくていいかな(笑)。




なんて甘党な息子には夢のような日々が続いているのです。





どーでもいいことですが・・・

主人があの世界的な歌手ジャスティン・ビーバーさんの父親と同い年ということがわかり

主人共々驚いております・・・(笑)。











この記事をはてなブックマークに追加

甘味な2月 (1)

2017年02月18日 | 日記


主人の個展が無事に終わりました〜。




今回はギャラリーのスケジュールの2クール展示させていただいたので

なんか、長かった(笑)。





昨年の11月15日から今年の2月10日の日程で展示させていただきました。





個展オープン時には新作が3点ほどできていませんでしたが、
途中経過の下絵を展示してみたり
いろいろ工夫しながらも
最終日には無事に全部が揃い

楽しくみなさまとクロージングパーティーができたようです。




おつかれさまでーす。





私は家庭担当ですので、今回はあまり主人の展示の事はわからず
ちゃんとお伝えできなくて申し訳ないです。


とっても頑張ってましたよ。

完成が延びるたびにどんどん恐ろしいほど細くなっていってしまう絵になっていました。
(そりゃ時間かかるわ)


展示期間が長かったので、
途中で作品が仕上がっていくっていうのも
飽きさせなくてもいいのかもね〜
なんて思ったりもしました。




展示期間中もいろいろな方から美味しいお土産やお酒をいただいており

我が家はこどものおやつがかなり豪華でございました。


娘のお友達なんかが遊びに来ても
出すおやつがいつもより豪華だったかと思います(笑)。

ははは。



そしてクロージングにても
いろいろいただいたのですが



(みなさん子供のことを考えてくださったお土産たち、ありがとうございます〜。)





これ、すごいですよね!!!


ペコちゃんの大判焼き!!!

これは神楽坂の不二家さん限定のメニューで
40年も前から売られているものらしいです。


味がザ!不二家さんで「カントリーマアム」とか「ミルキー」とか
入っています。
味の種類は豊富で、うちはチョコとか抹茶とかいちごミルクとかを
いただきました〜。
季節によって限定の味があるようです。



気になる方はこちらへ〜

http://pekochanyaki.jp/pekochanyaki.html




そんな、長い期間の個展を終えての週末は

娘の習い事のデモンストレーションが吉祥寺であったので

待っている間に



息子の希望でスワンの足こぎボート!


寒くて面倒だったので、
まさか乗るの〜?
って思いましたが・・・




乗ったら息子大喜びだし
こちらも楽しいのです(笑)。





舵取り気分。



主人も楽しそうでした。

マンガ脳な主人はアニメを見て
「船舶免許持ってるから」
(要するにアニメの船舶シーンで学んでいる 現実は免許無いですよ。)

だそうで、


「面舵いっぱーい!」

と言いながら楽しそうになり切り運転していましたよ(笑)。






主人が息子の子守りの時はやったことがあるらしい

おもちゃ売り場のゲームコーナーにて・・・。


まあ久々に主人がいるので特別に1回だけやっても良しにしました。
(真剣な表情の息子・・・)



翌日は



人形劇も観に行きました。






よく行っている新宿の「プーク人形劇場」です。


私、人形劇は住んでいる地域の子育て応援券なるものを使って
頻繁に行っていたのですが
4月から規定の改変で応援券が使えなくなるとのこと。

他の劇団の人形劇もそうなのかな〜?



私はこの子育て応援券は劇のためにしか購入しておらず
これが使えなくなったら大変困るし、やだな〜。


劇団側が申請したけど、申請が通らなかったとか?



文化事業への理解ってどんどん薄くなっている気がしてならないです・・・。


最後は愚痴っぽくなってすみません〜。

人形劇大好きなんです。

アートアニメーションなるものもパペット系が大好物です。




だいぶそれましたが、甘味な話はつづく・・・。











この記事をはてなブックマークに追加

朝の息子時間

2017年02月11日 | 日記


先週末から今週にかけて学級閉鎖の脅威にさらされており、

先週の金曜日に娘の隣のクラスで7人がインフルエンザとのこと。


週明け月曜日の休み具合によって
火曜日から学級閉鎖になるとのお達しが出て

週末の過ごし方として
人混みに行くことは避けるように〜
やむを得なく出かける場合はマスクをするように〜

みたいな注意事項が書かれており、


週末はこどもたちを連れて静岡に行く予定でしたが
(グランシップの表彰式が日曜だったので)
新幹線とか、1泊だけの移動は病み上がりの娘には危険かな〜

ってことで出張帰りの主人にお任せして
私一人で静岡日帰りしたわけなのです。



弟の保育園では週末に演劇の発表を控えており
兄弟関係の子が多く通う小学校に学級閉鎖が出ているので
先生も親もビクビクしていたはず〜。





そんな中、無事に演劇発表会が行われたのでーーーす。


よかったーー。よかったーーー。





息子のかわいい猫姿が見れて
本当によかったわ〜。


こんな日に限って主人が出張不在でしたが、
本人は前日に「なんで〜お父さんいないの〜?」と一瞬不満を漏らしましたが
おばあちゃんもお姉ちゃんも見に来てくれたので
本人はいたってご機嫌でした。



今のところ、小学校も学級閉鎖もなく
息子の保育園もインフルの猛威もなく
先週のバタバタが嘘のように通常営業な毎日です。




娘が小学生になり、先に一人で学校に行ってしまうと
しばし息子の独壇場になる我が家。



昨日は蝶々マンになっていました。







蝶々マンの移動手段は三輪車です。
(蝶々が逆さですけど・・・。)





主人に衝突しています。





どんどんエスカレートするのが常で、






主人のトレーナーを着だして

「怪盗なんとか」みたいになっていました。




か、かっこいいな。




しまいにはおじいちゃんのデジュリドゥー的な段ボールの長い筒を出してきて振り回していました。



私が
「わーー!蝶々マンだ〜!!!」

と何度もいうと





「ぼくでした〜」


と仮面をずらして顔を見せてくれるのです。

(そんなこと百も承知ですけど。笑)




毎朝いろんなことをしてくれて
男子の面白さが詰まった平和な朝を迎えております。



娘共々元気であるのが何よりでございます。






この記事をはてなブックマークに追加

当日お着物について

2017年02月10日 | 日記


毎回、グランシップの表彰式ではお着物を着させていただいています。




グランシップアートコンペの記念すべき第1回から(今年で7回目)。


地元静岡で開催されるコンペですので、華やかにしたいという思いで着始めました。

21世紀美術館館長の秋元さんをはじめ
当時館長の田村さんといい
芸術界の重鎮達に囲まれて、若造のペーペーな私が何ができるかって
そんなことぐらい(笑)。

審査員に選んでいただくことだけで恐縮です!




ほんとうにね〜。

お着物着ると喜ばれるので
こちらも嬉しいです。
(自分が着たいのもあります。笑)





ということで、ブログを見ている方からもいろいろお声をいただくので
需要があるとかないとか(笑)ですが
当日お着物をご紹介〜。






談笑中。


この日は黄色地のお着物に、小雨で寒かったので羽織を着させていただきました。
羽織脱いでも良かったのですけどね〜。

この羽織、気に入っているのです。





表彰式後の懇談会ではまさかの乾杯の音頭をとらせていただきました。




表彰式で秋元さんが全てお話しくださったので
私からはちょこっとだけお話しして乾杯しました。




このオヤジっぽい乾杯の仕方(笑)。

隠しきれないガサツさが表れちゃってますね。
もっと着物着ているのだしおしとやかに乾杯すべきだったわ(笑)。




黄色のこのお着物なのですが〜、

なかなか年齢を重ねてくると難しくてですね〜。


最近は暗っぽい色が似合ってしまうお年頃になっていたものですから
着るのを見送っているうちに
こんなことしてたら本当にこの色着れなくなる!と思い

帯次第だな!

ということで着ることを決意しました。




表彰式の2時間前に静岡入りして
母と共に帯の相談しつつ着せていただきました。


今回赤い花柄の帯だったのですが
これも出どころが謎。





巻いている最中、母がしきりに
「軽くて巻きやすいわ〜。なんだろ〜。」

と「やりやすい、やりやすい」ってことを言っていて

「へー良かったね〜」

なんて言っていましてね。
(いつも帯で母苦戦。何度もやり直してここで時間浪費することもしばしば。)


確かにいつもの重みがないていうか
軽い感じだったのですが

まっ、かわいいからいっか!


みたいな感じでいざ出発って時に


階下で叔母(母の姉)と談笑中の祖母に見せに行ったところ

「あら〜いいじゃない〜。きれい〜。」


なんて着付けは主に祖母の仕事でしたので
その祖母からお褒めの言葉をもらったのですが



「なんかさ〜こんな帯があって〜、かわいいんだけど、これどこにあったんだか〜?」

みたいなことを言ったら

祖母が


「なに!それ練習用の帯だよ!」


ということで出どころ発覚(笑)。




どうりで軽いしやりやすいわけだ。







まあ、そんな荒隠しもありまして(笑)



今回は

主人の母から譲り受けた素敵な羽織を羽織らせていただきました。




まあ着物も義母からのものなんですけどね〜。



義母は86歳とかなのですが、
こちらの黄色い若々しいお着物、いつ作られたのでしょう〜?

着よう着ようと思っていながら一回も袖を通さなかったような話を聞いたのですけど・・・。
(どうりでとても綺麗)

おそらく若い時に作ってますよね〜?

20代くらい?

さすがに振袖ではなかったので10代ではなさそうでしたが

軽く60年前のお着物なのかしら・・・?



袖を通していないだけあって何のシミもなくとても綺麗なのです。



私は身長があるので、実家にある着物はほとんど着れなくて
たまたま大柄な義母の着物だけ着れるのです。
大柄といってもそんなに大柄でもないのですが、大きめに作っていたようです。

義母は服飾デザイナーだったようで
仕立てたお着物、帯がどれも素敵!


しかも私の実家が美容院で髪結いも着付けもできるってんで
おかげで私はお着物を楽しませていただいています。



ありがたや〜。




暑くなってくると着れないので、この秋〜春の間のハレの日に楽しませていただいています。










この記事をはてなブックマークに追加

グランシップアートコンペ2017 表彰式

2017年02月09日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


先月審査会が行われた静岡のグランシップアートコンペ2017の表彰式がありました。










毎年全国から強者たちが応募していただき




グランシップのショーウィンドウを飾るアーティストが選ばれます。



ショーウィンドウが飾れるのは2組。

1年を前半と後半に分かれて展示します。






グランシップ賞のお二人。


石塚館長から表彰状などが授与されます。

上記が前半展示の深尾尚子さん。



後半はこちらの松藤孝一さん。



おめでとうございます〜。





審査員特別賞の
HIROSHI JIMI様



グランシップ館長賞の
静岡デザイン専門学校様


グランシップ賞の次の賞
(グランシップ賞の方が展示不可能になった場合、こちらの方が展示します。)

奨励賞

佐藤愛様

嘉山由希子様





おめでとうございます〜。



そして今回は受賞者の方々がご自分の今までの作品や今回の応募作品の説明をします。





こちらのお二人は静岡デザイン専門学校の生徒さん。

1年生です。


今回、ショーウィンドウの展示を1ヶ月だけ任されました!
しかも3月から!

頑張ってください!!!!




そして奨励賞の方の説明が始まりました。





こちらの佐藤愛さん(東京都)

なんとあの東京オリンピックの国立競技場で最初に選ばれた
ザハ・ハディッド建築事務所に7年間お勤めだった方。

す、すごいな!


もちろん大学からアメリカの大学です。


昨年から独立したとのことで日本に拠点を移したそうです。


上記の映像も勤務時代に手がけた建築の数々。


びっくりだ〜。





現在は建築以外にもジュエリーや靴、様々な活動をされているようです。

今回の応募作は「Swarm Wall」というタイトルの
蜂などの「群れ」の様子を表現した壁の作品。



おもしろかったです。



何かの機会に見れるといいですね〜。



そしてもうおひと方の奨励賞

嘉山由希子さん(神奈川県)



多摩美の彫刻科を卒業の方です。


上が苔で下がキラキラ光るタイルで「ロゴスの水鏡」という作品を提示してくださいました。




いろいろな形が並んだら面白そうです。


こちらもまたの機会に見れると良いです〜。






そして、いよいよグランシップ賞!!!


前半展示の
深尾尚子さん(愛知県)
(2017年4月〜8月展示予定)


食べ物をテーマにいろいろな作品を作られています。



こちらはカラフルなポップコーンでできた熊さん。



他にも木にたい焼きがかかっていたりと過去作品がとても面白かったです。


そして今回は




グランシップは磯崎新デザインの船を模したデザインの建物です。

なので、そこに着目し

グランシップを巨大な船として、船底で楽しく生活するネズミさんたちを表現しました。


なかなかグランシップの建物の船をテーマにする作品はいままで出なかったので

さらにネズミさんたちがいるのは楽しそう!

お弁当に使うアルミケースを活かして作るとのこと。



楽しみだ!





もうひと方は後半の夜が長くなる季節の方です。

松藤孝一様(富山県)
(2017年9月〜2018年1月展示)




「都市」というタイトルのガラス作品です。


きれいでしょ〜。


こちらウランガラスというものを使っており

ブラックライトで光らせるとこんな風になるらしいのです!



水槽みたいだ〜。

こちらは金魚とフルーツの作品。


発想も面白いのですが、造形物として非常にきれいなのです。
吹きガラスで制作しているので大きさに限度がありますが
まあ、なんていうんでしょう、妖しい美しさです。


というのも、松藤さんがこのウランガラスで作品を発表しだしたのは
東日本大震災後から。

ご自身の母方が長崎出身でもあり
「被曝」というものが身近に感じていた生活の中での
東日本での原発事故。

ボランティアなどで東北に通ったりしていくうちに
こちらをテーマに作品制作するようになったそうです。

作品のウランガラスには本当にすこ〜しの微量な(0.いくつとか)ウランが入ってるだけで
こんなに光ってしまうのです。

ブラックライトを当てなくても太陽の紫外線で
黄色味を帯びるそうです。


その人々を魅了してしまう怪しい「光」を提示しているのです。



松藤さんは現在石川の工芸展の公募展でも受賞し展示されているようで
21世紀美術館館長の秋元さんは知っていました。


これは是非、自分の目で見てみたいですよね。


展示が楽しみだ〜。


お近くに行かれましたら、是非是非ご覧になってください。



毎年、いろいろな面白い作品が見られてほんっとうに審査していて楽しいです!!!



現在展示中の三上俊希さんの塩化ビニールの作品もとっても面白いのですよ〜!


3月5日までですので、是非見に行っってくださいね。




受賞者のみなさんと記念撮影。
(後列黄色の着物が私)



毎年、秋元館長の懐の広さっていうんですか
素晴らしくてですね〜
さらにグランシップも館長さんをはじめ
スタッフみなさんがこの公募展にとても協力的で臨機応変に対応してくださるのです。

そういった素晴らしい人々に支えられて
この公募展が成り立っているのだなと
改めて感じます。


グランシップの冊子にも書かれていたコピーのように
「文化芸術は人をつくり、まちをつくり、未来をつくります。」

グランシップはさらに多彩で上質な文化をお届けする場として在り続けているのです。


私の育った静岡でこういうことができていること大変嬉しく思っています。








この記事をはてなブックマークに追加

罹患系

2017年02月02日 | 日記


毎年、この時期は覚悟をしなければなりませんね〜。


どうですか?

みなさんの周りでのインフルの猛威などは。





娘の小学校でも学級閉鎖2クラス出ました。



そんな中、娘も高熱を出し週明けから休むことに・・・。

その日は近所でお休みする子の連絡帳(2人分)を預かる約束をして
ちょっと朝ごはんすすんでいないな〜?
とは思っていましたが、出発前に仕上げの歯磨きで娘に触ってみたら

なに!!!あなた熱いよ!(思わずカタこと。)

ってことで測ったら37.8度





お休みでーす。





娘の連絡帳含め3冊の連絡帳を娘の友人待ち合わせ場所へ
お届け〜。





しばらく様子をみましたが、
夕方にいよいよ39℃になりましたので
10時間経っているからでるかなと病院に行くも
インフルの結果出ず・・・。



その後も夜にかけて高熱が出たりしたのですが
再度の病院行きでも
喉に症状が出なかったので、インフルではなかったとの判断で
本日から無事に?登校しました。



しかし、同じ時期に休みだした子にはインフルの結果。


どうなんでしょ〜。



まだまだ油断なりません。


でも今年もかかったら3年連続インフルにかかっているということに・・・。

弟も昨年は3月にインフルエンザにかかっているし・・・。





私の制作スケジュールはビッシリですが、
そこらへんは覚悟して挑んでおります!




そんな中、私は打ち合わせの時間を間違えるという失態・・・。
(幸いすぐに時間調整ができ、無事に打ち合わせできました。)
本当にすみません。


カレンダーに別の予定のスケジュールの予定の時間を書き込んでいた模様です。
(こどもがわめいている最中に電話しながら書き込んでいたと思われます。記憶なし・・・涙。)

おそろしい〜。


確認の怠りです。

以後気をつけます・・・(涙)。




打ち合わせの時間を間違えていると知り
慌てて出かけるも、
名刺も、個展のチラシもすっかり忘れているのに

これはしっかりカバンに入っておりました・・・。






JR路線(23区)のスタンプラリーbook!
(息子、娘、主人分)



無事に打ち合わせを終えた帰り、
乗り換えの際に
平日真っ昼間に押させていただきました。





空いていたな〜(笑)。



これ、前日に主人も仕事で移動の際押してくれていたので、私も協力させていただきました。

私自身、まったくキャラクターがわからないのですが
スタンプラリーというものにこどもたちが初めてはまっており、
私も一緒に楽しませていただいています。



先週土日も、これを子供達と押すために近くの駅まで行き
その駅にある公園で遊んだりしたのですが




足で砂を集め中。
(靴、靴下が砂まみれになるのですが・・・。)





土曜日に行ったところで

そこのスペースには噴水があったのです。



そのヘリを娘が歩くので、息子がついていくのですよ。

明らかに危ないので、私が目を配ってその後をついて行ったりしていたのですが

ふと戻ってきた娘を見たら


ビショビショ!




足を踏み外して池に落ちたとのこと。



えーーーー!!!!そっち(姉の方ですか)ーーーー!?


ってなりますよね。



息子の着替えは持ってきてますが、娘のはまさか持ってきていないです。

スタンプついでにその地でランチの予定でしたから。



まあ、足から入っているので靴、靴下、跳ね返りの顔面、髪の毛などで
着替えを持ってきたとしても靴とか予備を持ってくるわけないから
意味なかったと思いますが。


そんなわけで、拭けるだけタオルで拭いて
足はビショビショのまま、2駅でしたが速攻帰ることに・・・。






思い起こせば、これが風邪の原因だったのだろうか・・・?

翌日も弟と3人で隣駅まで歩いたりと元気に過ごしたのですけどね〜。



日曜の夜、暖かかったから風呂上がりに髪の毛乾かさずに「直虎」見たからかな〜?


その前の夜、またまた風呂上がりに娘の着替えだか髪の毛だか何かをやっている際に
リビングにさっさと遊びに行っていた息子が戻ってきて
「鼻に(アクア)ビーズが入った」との申告。


「えーーーー!!!」


ってことで私も主人もそれ取るのに必死だったから、
娘がほったらかしに・・・。
(その後、無事に取れました。)

その時かな〜?




まあ、それらが全部積み重なってですかね・・・。





油断ならない毎日です・・・。




みなさまもお気をつけてお過ごししください〜。










この記事をはてなブックマークに追加

サッポロビール「至福のコク」

2017年01月27日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



サッポロビールさんの限定発売商品

「至福のコク」!





こちらの商品の紹介と共に


WEBサイトに

私、登場させていただきました。





「おとなのコクを味わおう」


というテーマで技のある方が4名紹介されております。



その中の一人として出させていただいております。







よろしかったら商品と共にお楽しみくださいませ〜。



本日から公開とのことです。


http://www.sapporobeer.jp/beersurprise/koku/index.html




この記事をはてなブックマークに追加