福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

準備完了

2017年03月23日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



作業机の下




雨の音に怯えるグラムさんです。





「・・・・(こわいな〜)。」


雨の音のする外を見ています・・・。





かわいそうですが、どうすることもできません・・・。
(抱っこしても強張るばかりです。)







そんなこんなで
個展前の準備完了〜!!!





何とか額装も間に合い、撮影もして





残り分、送ることが出来ました。



明日からはいよいよ出発です。





作品手持ちにならずに済んだ〜。


家族で行くので、子連れで作品手持ちは
どーしても避けたかったです。


よかったよかった。




今回、物販で新たにポストカード5種が追加です。



今回展示する作品の中からチョイスしたものになります。




ポストカード紹介ついでにこちらも



現在、沖縄の浦添市美術館で行われている
「切り絵アート」展にてオリジナルで制作されたポストカードです。

各作家さん2種類のポストカードが制作されました。

私の作品は上の二つで、とっても気に入っています。



切り絵感がよく出ている画像になっています。

白いカラスが良いです。




さてさて、私は明日は現地で設営。

翌日はオープンです。


第18回企画展
線で魅せるきり絵
「福井利佐 作品展」
2017年3月25日(土)~6月25日(日)
http://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=1



ギャラリートークもあります。

 3月25日(土) ギャラリートーク  午後1時30分から
 3月26日(日) ギャラリートーク  午後1時30分から
 4月22日(土) ギャラリートーク  午後1時30分から
 5月21日(日) ワークショップ   午後1時30分から
 6月17日(土) ギャラリートーク  午後1時30分から



楽しい展示にするようがんばりまーす。


よろしくお願いします。








この記事をはてなブックマークに追加

3連休(2)

2017年03月22日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


連休最終日は日本橋へ。


もう三越さんでの展示は終わっているのですが、
その時行きたいと思っていた、こちらに行ってきました。








毎年恒例の展示です。
三井記念美術館での「三井家のおひなさま」展。





こちら娘と小さい時に来たことはあるのですが、
おそらく覚えていないと思われるので、
小学生になった娘と改めて2人で来ました。


何回かブログでも書いているのですが、
私は豪華お雛様が大好きです。

雅叙園の百段階段でのお雛様展示とかも行ったことあります。


いやあ〜いいですね〜。
お雛様。



現在では考えれないですものね〜。
こんな豪華な雛飾り。


娘も興味津々で2人で楽しく優雅な時間が過ごせました〜。






小学生はワークシートがあり、記入するとポストカードがもらえました。


専門家への質問のお手紙も書けれるようになっており、
早速娘が質問を出していました。

いつか回答が届くようです。

楽しみだ〜。





日本橋三越のライオン。


人目につかずライオンにまたがると願いが叶うとか。
受験生の合格祈願などされるそうですね〜。


そうプレートに書いてあるので読んだら、
高いところは怖いのに「乗る」と言いだした娘。


何度も怖いと断念しつつも
(そんなに高くないのですけどね。)
再チャレンジして、結局またぐのは怖いそうでこちらでポーズ。


ぜんっぜん人に見られてますけどね〜(笑)。








そしてこの方合流〜。





朝から、私と娘の2人で出かけると言ったら
ひどく号泣。


「一緒に行く!」と聞かなかったので
主人がガチャガチャとデジモン?のゲームに連れて行ってくれると提案。


男の子チームはそちらに行っていただきました。
(本当はその提案イヤだけど〜。連れ出してくれるのはありがたい〜。)


ここのところ、息子はお姉ちゃんに遊んでもらいたくてちょっかい出しまくりで
一人で静かに過ごしたいし、両親にだって自分だけをかまってもらいたい娘にとっては
とってもストレスなようで、ケンカばかりなのです。
ケンカというか、弟がちょっかいを出し、娘がムキになって怒るというパターンでしょうか。


3歳児あるあるなのですが、
姉さんはまだまだ納得できないお年頃。


たまには女同士で出かけましょうよ。
と、連れ出した次第です。





そして合流した弟の
肩がけした魚のポシェットの中身は・・・。





こちらでございます・・・・。





増えてる・・・・。



息子は一列にきれいに並べるのが好き。


ご満悦でした・・・。



この後、家に帰るもまた弟が姉さんにちょっかいを出して
姉さんが嫌がるので、
私が弟だけを近所の公園に連れ出しました。


そこで、今度は枯葉ではなく、
お砂のぶっかけが凄く、また頭から靴まで全身砂まみれになっているのでした・・・。





そして、夜中はまた不安にかられて作業をしてしまう・・・。





そんな連休でございました・・・。



なんだかんだ楽しんだな。

















この記事をはてなブックマークに追加

3連休(1)

2017年03月21日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



もう今週末には春休みが始まるというのに

3連休がありましたね。



私はもっぱら25日から始まる個展のために
せっせこ切り絵をしているわけなのですが、
3連休は子どもたちがいるので、昼間は出来ず。
夜中作業していました・・・。





疲れているんだけど、不安で夜起きてアトリエで作業〜。





切りカス、細かい。




日曜は世田谷美術館へ。





こちらをやっているのですが、見に行けてないです・・・。
(花森さんの編集する読み聞かせの本で育った私ですが。見たいのはやまやまでしたが。)




古巣のボスが企画している用事で、こちらに召集。

なんと古巣でやっていたプログラムを私的に言うと8年ぶりくらいにリーダーでやることになり
先週もみなさんで復習を兼ねて打ち合わせをしたのですが、
前日は自分の切り絵作業が終わったら、
ひたすらこちらのプログラムの復習をしました。


いやあ、覚えているものですね〜(笑)。


こうして自分の元となっていることを再確認させていただくのは本当にありがたい機会だと思っています。
お声がけいただき、感謝しています。



このことは、また近々お知らせすることになりそうです。
その時まで〜。





この日は花森さんの展示が凄い人気で、レストランでご飯が食べれないということで
お弁当を持参しました。


日曜の朝、自分のためのお弁当作り。
子どものお弁当ばかりで自分に作ったのは久々で新鮮でした。


日曜の朝から母不在でご迷惑おかけするので
お弁当用意のついでにおにぎりをたくさん握っておいたら
子供達は朝ごはんや間食にととてもよく食べたそうで、よかったです。



世田谷美術館といえば砧公園。


主人が子供達を連れてきてくれて、遊びましたー。




息子が凄くてですね〜。


最初はボール遊びをしていたようなのですが、
なんせ運動嫌いな姉さんはあまりやらないわけで
しだいにこちらの遊びが過熱・・・。







枯葉の中、泳いじゃってて〜。






服に入ったって言って上の服脱いじゃったり〜、






頭からかぶっちゃったり〜。


もう頭から靴の中まで枯葉だらけでございました・・・。



いつも保育園の帰り、靴と靴下が凄いことになっているのですが、
これやってるのね〜と納得。


この後、砧公園をぐるっと一周回ったり
アスレチックなんかもしたのですが、
息子がなかなか帰りたがらず・・・。


私が終わったの16時くらいだし、
すでに日が暮れかけていて寒かった・・・。
売店閉まっちゃうし、
あ、あたたかい飲み物を〜!!!




もっと朝から来たいものです。





いやいや砧公園いいとこだった。



世田谷区はこうした大規模の公園が多くていいですね〜。


この日の夜はさすがに寝たな〜。







どうでもいい話なのに
つづく〜(笑)。







この記事をはてなブックマークに追加

搬出〜!

2017年03月16日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


私の作品はいろいろなところへ旅するものだな〜(笑)。


昨年末は、福岡へ配送し
その後沖縄へ〜。
(ただいま展示中)


今回は25日からの個展のために山梨県富士川町へ。




雪の予報もありましたが、
無事に山梨県身延山地からみなさん車でお越しいただきました。



雪は降らなかったけど、
とてつもなく寒かった・・・。


朝一から小学校の音楽集会とやらにお邪魔し、
(1年生の発表会)
それを一緒に見てから保育園に弟を送りに行き
寒さもあって朝の9時にはもう1日が終わったかのような充実感でした(笑)。



そんな充実感の後、もう一仕事。



今回は梱包材料が足りないということで
まずみんなで毛布とかゴムバンドとか買いに行ったのが
今までになく、

面白かったです(笑)。



こんな時は、油画科の立体(現代アート)専攻の主人がいて大助かり。






今までになく、ほとんど手伝ってもらってしまいました。
ありがとうございます。




前日も作品梱包を手伝ってもらっています。
ありがたや〜。






富士川・切り絵の森の副館長 篠原さん。

ご高齢かと思うのですが
肌ツヤの血色も良く、とても明朗快活でお元気!
毎日ランニングしているとかで、
お住いの甲府から富士川町に自転車で出勤したりとか、

見習いたいです(涙)!!!






最初、これは積み切らないかも・・・
と思いましたが、なんとか無事に入りました。
(上に積み重ねられない作品があるので。)






ちょっと、座席の方もいっぱいになっちゃってますが・・・。


何とかみなさん座って出発されました!

お疲れ様です。
(無事に現地に着いたとのこと。)



今回、運転が富士川クラフトパークで働く
カヌー選手の方で(クラフトパークでカヌーの指導されています。)

うちまでの道は、はっきり言って小道ばかりで
生半可では車で入ってこれないのですよ。


しかし、そこは長年カヌーで鍛錬されているせいか
難しい小道もスッスッと入ってこられて、素晴らしかったです!!!



お疲れ様です〜。

今回、展示の日取りのわりに早く搬出したのは
もろもろと撮影などの事情があるようで
私の方はまだまだ置いてきぼりな作品制作が残っています・・・。


まさか手持ちで現地入りにならないよう
がんばりまーーーす!





そしてお土産に山梨県のお菓子をいただきました。


甲斐銘菓「くろ玉」(山梨県甲府市 澤田屋さん)とあります。



パッケージもなんとなく
風林火山的な、武田信玄的な、戦国武将的な匂いがプンプンするわけですよ。



「くろ玉」ねえ〜・・・・。


と思いつつ原材料名をみると、
一番最初に「えんどう豆」と書いてあるので

「くろ玉」と結びつかず





どういうこと?






と思って開けてみると








わーーー!!!


本当にくろ玉〜!!!!




お菓子というより、武器?みたいな感じでした(笑)。









1つ取り出してみました。






開封してお皿に乗っけてみました。




食べてみて納得。






中は、ほぼえんどう豆でした!!!




こちらのお菓子を作られている澤田屋さんの説明書によりますと

懐かしい故郷の味
”元祖くろ玉”
上質のえんどう豆を丹念に丸いあんこ玉にし
香り高い黒糖をかけた風味豊かな和菓子です


との事。



くろ玉のビジュアルから、羊羹見たいのを想像していましたが

えんどう豆ですので甘すぎず


とても
美味しくて


豆好きの主人は大喜びでした。




富士川・切り絵の森の篠原さんはいつも美味しいお土産を下さるのです。


前回は(山梨の特産)巨峰のレーズンサンドで
これまた美味しかったです。


いつも美味しいお土産をいただき
ありがとうございます。


山梨が美味しいものが多いのかな?







来週末は山梨入り。


楽しみです。


頑張りまーす。







この記事をはてなブックマークに追加

3月の近況

2017年03月15日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


3月の近況です。





3月はお雛祭りなどもありましたが、
とりあえずドタバタですね〜。






娘のランニング記録会という名のマラソン大会がありました。

連日練習を休み、(走ってみて途中で棄権しまくっていた様子)
ほとんど体育に参加していない風な娘でしたので

この記録会も参加するのかな〜?

と思っていたのですが、無事に朝出発してくれました。


聞いていた通り最下位でしたが、参加しただけでも御の字です。






横浜のオービイ横浜に行きました。


いろいろデジタル自然体験型のアトラクションでした。

最後に本物動物お触りコーナーで癒し・・・。











ミーアキャットの可愛さに感激!








息子の保育園、転園する子のお別れ会。






日曜は私の用事もあり、四ツ谷へ




また香港麺で昼食。


その後、主人とこどもたちはおもちゃ博物館へ

















とても楽しかったとのこと。



ちょっとした余興のコーナーでこどもたちおとなしく手品的なものを見ていたのですが




最後なぜか「なまはげが来る」という話に
慌てて逃げる息子の決定的瞬間をとらえた主人。




外の遊び場で。








日曜はこどもたちと過ごすようにしていますが、
個展前で忙しいにもかかわらず
なぜか別の用事にも巻き込まれていまして(笑)
日曜もなかなか一緒に過ごせず・・・。





こちらで5作品目と思われる鯉の作品・・・。






無事に仕上がりました・・・。


こちら、毎回会場側の要望で「これは展示してほしい!」と言われることが多いのですが
会期が終わるごとに売れてしまい、手元に無くなるので
こうしてまた作ることに・・・。

今回は2会場の展示が被ったので
年末に作ったのに、また作ることに。



5作品ですが、全部色とか微妙に変えており
同じのはない仕様になっています。


お楽しみに〜。











この記事をはてなブックマークに追加

切り絵アート展 〜息を呑む繊細美〜in沖縄 浦添市美術館

2017年03月14日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


こちらの会場も無事にオープンしたとのご連絡をいただき

画像をいただきましたので

お知らせさせていただきます。


会場は沖縄県の
浦添市美術館



http://museum.city.urasoe.lg.jp





私の展示部分だけですが
その様子をお伝えします。






ここからが、私の展示になります。



各作家10点出品しています。







私の特徴的な作品をチョイスしました。





なんせ日本の切り絵作家さん11人ですが、どれもすばらしい作品で
代表的な作品を出品されていますので、
私も僭越ながらみなさんの足を引っ張らないような作品を出品しなくてはなりません。







こちらは吊るすタイプの作品。


会場のスペースが小さいながら影などもうまく落ちるよう
工夫していただきました。





こちらの会場で、初めて現物がお目見えするものもあります。



結構ぎっちりな展示ですが
見応えは十分だと思います。




そして、今回の巡回展のために
オリジナルのカタログが制作されました。




今回の作家さんの出品作品が網羅されているのですが、
切り絵界の重鎮達の代表的作品が
こうして一堂に収められている1冊はなんとも豪華でして
その筋では貴重な一冊ではないかとさえ思うのです。



巡回しますので各会場でもちろん販売されますが



それ以外でもお問い合わせすれば買えるかと思います。
ご興味のある方は是非、ひとまず会場にお問い合わせください。


私のページをちらりと・・・










こちらは表紙の裏






会場ではオリジナルポストカードも販売されており、
各作家2点ほどポストカードになっています。


私の作品のポストカードも、とても良かったので
ご興味のある方はお問い合わせ頂ければと思います。

白いカラスの作品と
「KI RI GA 2」
の2作品になります。






遠方でお越しいただけない方は、是非オリジナルグッズだけでも
お問い合わせくださいね〜。


今後変更があるかもしれませんが
長野、福岡、茨城、川崎、などが巡回地と聞いています。

私は来年の会場の福岡県立美術館にお伺いする予定です。



今後とも引き続きよろしくお願いします。











この記事をはてなブックマークに追加

E.O展 日本橋三越本店

2017年03月13日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



「E.O展 多摩美出身作家」に出席のため
日本橋三越本館に行ってきました。


この日は、ギャラリートークとレセプションパーティーがあるとのことで

14時からのギャラリートークを目指しましたが、

そちらには間に合わず・・・。


着いた頃には、みなさん終わった直後なのか談笑されていました。




娘と私が見ています。




こちらが出展作品です。



多摩美出身である主人はこちらの写真にいたく感動〜。








80年代の飯尾食堂の写真。





今回の展示が、この食堂の名前が由来になっているので
作家コメントのところにも
イイオ(飯尾食堂)の思いでが記載されているのですが、
みなさんイイオのカレーについて書かれていました。

私はデザイン科だったのもあり、
授業以外の時間であまり長くイイオに居座ることがなく
カレーの想い出がそうなかったのですが、
どうもカレーが有名だったんですね(笑)。

私、お昼にしてはボリューミーすぎてあまり食べてなかったかも〜。



なんて思いながら、一度夕方からのレセプションまで時間つぶしで日本橋高島屋内をブラブラ。




日本橋高島屋と言ったらこれですよね。





「天女像」


何階吹き抜けなんだってくらい大きくていつも本当に感動します。





やっぱり制作に10年かかってるそうで

そうなりますよね〜。


私としてはその間、作家の生活って保証されていたのかな〜?
とかそんなことばっかり考えてしまう、
作家生活10数年の私です(笑)。





おふざけしながら、階段の大理石のなかにある
アンモナイトなどの化石探し。






上京した私の母と待ち合わせ、高島屋内の喫茶店に。




高島屋の劇場近くにあるこの喫茶店はとってもメニューが充実。






くずもちや




息子の希望でこんな季節にかき氷!


和モノ系の食べ物が揃っていて
ぜんざいや
茶菓子とお抹茶、梅ジュースなんかもあり
グッときます。






おばあちゃんが来て、ご機嫌になった子供達ですが、
娘の機嫌が行く前から悪すぎて
ここまで来るのも一苦労。

着いてからもかなり感じの悪いことが続いていたので

おばあちゃんと一緒に先に帰ってもらうことにしました。
(おばあちゃんはギャラリートークに間に合っており、
ひとしきり話しを聞いたそうです。)




ここからは息子と主人と3人行動。


高島屋的な素敵玩具コーナーを堪能し、
本屋などを見ていたら時間になり、
レセプションパーティーへ。






「E.O展」の名前の由来や、なぜこの企画展をやることになったのかなどの説明があり


理事長や、建畠大学学長など
多摩美からの要人達のお話がありました。



私は卒業以来20年近く多摩美に行っておらず、

「へーーー」

と傍観することばかり(笑)。




一人一人の作家も作品前で紹介されます。


私の大学時の教授で作家の大場再生先生。




今回のお声がけいただいたのも先生からです。

何やら、私がNHKの日曜美術館に出たのを見て
今回お声がけを思いついたとのこと。


そうねえ〜、この話しいつ連絡来たっていうと
多分2〜3年くらい前だった気がします。

「2017年」と書かれていて、いつ?と何度も見直した覚えがあります(笑)。

だいたい大きい展示は1〜2年くらい前から
決まっているのですが、こちらは本当に早かった。

おそらく、多摩美の中でも売れっ子作家さん達ばかりで
スケジュールを抑えないと厳しかったんでしょうね。
みなさん油画家が多いので制作にお時間かかりますしね。


それともデパートの美術館がそれくらい先までの展示スケジュールで動いてるんですかね〜。

すごいな〜、高島屋。





さてさて、私もご紹介いただきました〜。






作品にスポットライトが当たっているので
手前の人物はどうしても暗くなります・・・(笑)。





大場先生以外、ほとんど知っている方がいらっしゃらず。

予備校時代の先生が1人いたくらいかな。



先生達のお話を聞いて、主人と多摩美に思いを馳せた時間でありました。








息子は、レセプションに出てくるおつまみ系が大好き。


以前も、こうした各机に乗っているお菓子を食べまくってご機嫌でした。




他の作家さんのお子さんが読んでいた漫画に
主人が
「やっぱ秋田書店なんだよ。」といたく納得していました。

(こちらのお子さんはお父さん世代の銀河鉄道999を読んでいた模様です。)






この日は、朝から小学校の1年最後の公開授業。
1限目からこどもたちの1年の成果の発表がありました。
それが終わったら1年最後の保護者会で
春休みの過ごし方や、2年生へのカリキュラムの説明などがあったわけです。

保護者会も後半の方を抜けて
こちらへ間に合うようにしたのですが、
娘のブレーキにより間に合わず。



娘自身も朝から親達の前で発表しなければならず
疲れていたのでしょうね〜。

私の母が上京してくれて助かりましたが、
来なかったら娘の都合でレセプションも出れずに帰ることになっていたでしょうね。



なかなか難しいお年頃でございます。






話しはもどりますが・・・



展示の方は
明日14日まで日本橋三越本店 本館6階の美術特選画廊になります。




大場再生先生と。
(卒業以来お会いしていませんでしたが変わっていなくてそれがビックリしました。)


お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。






この記事をはてなブックマークに追加

美術の授業in藤枝市の中学校

2017年03月02日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



こちらも今年で5年目くらいでしょうか。

中学3年生の美術の授業にお邪魔させていただきました。


通常、受験の終わった時期で
最後の美術の授業に登場させていただく私なのですが、
今回はスケジュールの都合で、私立受験を終え、これから公立受験が始まる!
というタイミングでの授業。

まだまだ緊張感がありますよね。


貴重なお時間をいただきありがとうございました。





ウェルカムボード?(笑)
ありがとうございまーす!





こちらの学校では切り絵を頑張られているそうです。

みなさん切り口が綺麗で上手です!



さてさて始まりました。



毎回、左にいらっしゃる加茂先生にお声がけいただいています。



授業のコンセプトとしては
これから高校生になり、美術教育が最後(選択)になる中学三年生の皆様に
美術教育のおもしろさ、大切さを伝えたい!

というものです。






そんな大事な役割を私がさせていただき
本当に恐縮です。



今回は、学生さん自身の聞きたいことにできるだけお答えしていく方針にしました。
(といっても質問は事前に先生と相談して考えていらっしゃいます。)






受験シーズン真っ只中ですので
マスク率高いです(笑)。

画像は修正してありますが、ほとんどみなさんマスクしていらっしゃるので
見えないって言えば見えないっていうか
わからないっていえばわからないような気もしますが
修正させていただきました(笑)。




先生も感心されるほど、みなさんの質問がしっかりされていました。




3年生全員ですので100人以上いらっしゃるようです。




毎年、体育館で歯がかみ合わないくらい震えてこの授業をやっていましたが(笑)
今年は学生さんも近いし、何より暖かくて快適でした〜。





中学生にとっては「謎」なアーティストという仕事。

もちろん私も中学生の時は知る由もなかったのですが
できる限り私の知っている範囲、経験した範囲でお伝えさせていただきました。







みなさん、質問するのはとても恥ずかしそうでしたが、
質問に答える私の話は、本当に真剣に集中して聞いてくださりありがたかったです。






用意してくださった画像も交えて話させていただきました。


先生方もお忙しい中、御準備などありがとうございました!





毎年、この授業は3月11日に行っており、
東日本大震災のことも触れさせていただいたので
今回も最後に震災の時に感じたアーティストとしての無力感と
アートの再生する力のお話をさせていただきました。

この授業を開始したのは震災の1年後でしたが
今年で震災から6年が経ち、子供達にとっては遠い昔の話になってきているかもしれません。

こういった機会に
少しでもそのことについて思いを馳せていただく貴重な時間になったのではないでしょうか(私も)。




「生きていくこと」


その上で

言葉では表せない複雑な感情を表現したり、補ったりする役割を
アートが担うこともあるということ。


それによって救われる人もいるということ。


私が何したってわけではないのだけど、
アートを生業にしているものとして少しでもお伝えできればな、と思いました。





みなさん!残りの受験頑張ってください!!!!



早く、みなさんに春がくるといいですね!













この記事をはてなブックマークに追加

福井利佐個展ー線で魅せるきり絵ーin富士川・切り絵の森美術館

2017年02月27日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


お次はいよいよ個展でございます・・・。



はあ、はあ、
若干息切れ気味です・・・(笑)。



いやいや、ここまでは合同展。

こちらの個展がメインデッシュになります。



合同展たちの作品はまあほぼ年内に終えており、
年始からはこちらに取り掛かるはずが、
いやいやどうして急ぎ仕事が入るわけで、いつのまにか制作ギリギリに
(いつものパターンですが・・・。)



なんて前置きが長くなりましたが





福井利佐作品展
ー線で魅せるきり絵ー

2017年3月25日(土)〜6月25日(日)

富士川・切り絵の森美術館










会期中は、わたくし毎月登場します。

3/25(土)個展オープン 
     13時半 ギャラリートーク
3/26(日)13時半 ギャラリートーク
4/22(土)13時半 ギャラリートーク
5/21(日)13時半 ワークショップ
6/17(土)13時半 ギャラリートーク



頑張ります!



こちらの富士川・切り絵の森美術館は
富士川クラフトパーク内にあり、
子連れにとってもオススメスポットでございます。

http://www.kirienomori.jp/modules/guide/index.php?content_id=4

私が展示をする3月はガーデン内の桜、
5月はバラ園が見頃を迎えるようで
とっても賑わうようです。


まあ、なんといっても山の中ですので
アスレチックとカヌー場が気になるところです。
「森の吊り橋」「サバイバルの森」etc・・・・

気になるフレーズが連立です。


敷地内には体験工房や道の駅やレストランがあるとか。

(私が下見に行った時は休館日で、すべてが閉まっていましたので確認できず。)


そんな自分の展示で行くことよりも、
子供と行く楽しみで頭がいっぱいの私です。
(しっかりしろ!私!)

JRで行く場合は、最寄りがJR身延線「下部温泉駅」ですので
宿泊して温泉を楽しむも良しです!



ほぼ観光案内化してる・・・。

観光ついでに
日蓮宗の総本山「久遠寺」のしだれ桜もすごいみたい。
気になる・・・。

逆さ富士で有名な本栖湖もいいし、どうしよう・・・(笑)。


おたのしみに〜!(自分が)








この記事をはてなブックマークに追加

切り絵アート展 〜息を呑む繊細美〜in沖縄 浦添市美術館

2017年02月26日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)




11人の切り絵作家による

「切り絵アート展」
ー息を呑む繊細美ー



浦添市美術館(沖縄市)
 2017年3月11(土)~4月16日(日)


に参加させていただきます。



今まで、こういった「切り絵」というくくりで展示したことはなかったのですが
私が存じ上げていなかった素晴らしい切り絵作家さんが大勢いらっしゃるということを知り
こちらの合同展のお話に参加させていただくことになりました。


今回の展覧会は巡回展になっており
来年の会場も決まっております。

各会場にて、誰か作家さんがギャラリートークをすることになっていますが
今回の会場は

蒼山日菜さん!



わたくし遅ればせながら、先日はじめて蒼山さんの作品の現物を見る機会があり
とっても繊細で素敵でした〜!
ビックらこいた〜!!!
ワークショップもよく行われているそうでいろいろ出来る方のようです。

今回も会場にて実演があるとか!!!


沖縄行く方がいらっしゃったら是非!


(ちなみに私は来年の福岡市美術館の担当の予定です。)


こちらです









参加作家は

蒼山日菜さん
にい瑞良さん
辰巳雅章さん
筑紫ゆうなさん
井出文蔵さん
福井利佐
関口コオさん
百鬼丸さん
林敬三さん
柳沢京子さん
酒井敦美さん


以上の素晴らしい大先輩方と展示させていただきます。


そして会場の浦添市美術館とやらがなんとも素敵な建物!!!

ちょっとネット検索したらアンコールワットかのような建物が!!!

(出典http://okinawa-round.jp/2011/05/blog-103.html)


(出典http://okivel.com/okinawa-rekisi/)

い、行きたい・・・。



しかし、この後もお知らせするのですが、
わたくし3月に3会場で展示があり、すべてが必ず被っているという状態・・・。


どこかで時間とれたらいいな〜(涙)。




ではでは春休みに入ってますので行けれる方は是非に〜!!!!

よろしくお願いいたします〜。









この記事をはてなブックマークに追加