強い嵐

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最古ヨーロッパ中で

2017-08-05 12:04:41 | 日記
ゆうちょ銀行(株式会社ゆうちょ銀行)から提供されるサービスは法律上、古くからの郵便貯金法の規定に基づいた「郵便貯金」とは異なり、銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)に定められている「預貯金」に則ったサービスなのだ。
全国組織である日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の行う有価証券に関する売買等の取引業務を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたますますの振興を図り、投資してくれた者の保護を目的としている。
福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月15日に、アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。このショッキングな出来事がその後の世界的な金融危機の引き金となったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけられたと言う経緯がある。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に係る事務を新たに統合し1998年に発足した金融監督庁を新組織、金融庁に改編。そして平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、現在の内閣府直属の外局となったのです。
バンク(bank)について⇒banco(机、ベンチ)というイタリア語に由来である。ヨーロッパ中で最古の銀行。それは600年以上も昔、15世紀の頭にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立され大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
いわゆるデリバティブというのは従来からのオーソドックスな金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動によって生まれたリスクから逃れるために発売された金融商品全体のことであり、とくに金融派生商品と呼ばれることもある。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものである。注意が必要なのは、取得から日をおかず(30日未満)に解約するような場合、その手数料に違約金分も必要となるということである。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、総理府(当時)の外局として委員長は大臣と決めた新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に約2年7か月据えられていたことになる。
簡単に知りたい。バブル(泡)経済というのは時価資産(例:不動産や株式など)の市場価格が度を過ぎた投機により経済成長(実際の)を超過してもさらに高騰し続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。
いわゆる「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」の3つの機能のことを銀行の3大機能と言う。これは銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」、最後にその銀行自身の信用によってこそ実現されているのです。
抑えておきたいポイント。株式について。出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても法律上は出資した(株式を購入した)株主に対する出資金等の返済に関する義務はないとされています。もうひとつ、株式は売却によってのみ換金するものである。
おしゃるとおり「重大な違反」になるかならないかは、金融庁において判断するものです。たいていのケースでは、わずかな違反がたぶんにあり、その影響で、「重大な違反」判断を下すもの。
昭和46年に設立された預金保険機構が支払う預金保護のための保険金の補償最高額は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"と定められている。同機構は日本政府だけではなく日本銀行合わせて民間金融機関全体の三者ががだいたい同じ割合で
日本を代表する金融街である兜町
ということは安定的であり、精力的な金融市場システムを誕生させるためには、民間金融機関や金融グループ及び行政がそれぞれが持つ課題を積極的に解決しなければならないのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 保険募集公正 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。