風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

十年ぶりの友と会う 2-2

2017-07-13 | 東京
その1からの続きです。

● 機嫌が戻る

猫に囲まれてまったりと過ごしているうちに、気づけば1時間半たっていました。
「そろそろおなかすいてきたね」
「そうね、ダニエルはもうランチを済ませているだろうし、私たちも何か食べに行こう」
そうして、猫カフェをあとにしました。

「どの猫もすごくかわいかったわ!お行儀いい子たちがあんなにたくさんいるなんて!」
イゾルダは猫カフェがとても楽しかった様子。朝とはうって変わって、声も表情も生き生きとしています。
機嫌が直ってよかったわ。
ネコは人様のメイクの出来栄えには、全く頓着しませんからね。
私もネコ並みに気にしないし。

● ベルへのお土産

猫カフェを出たところで「そうそう、ベルへのお土産を忘れるところだったわ」とイゾルダ。
私もすっかり忘れていました。
「空港で見つかるかわからないし、自力では探せなさそう。
この辺りで買える場所はないかしら?」
「隣の隣の店にありそうよ」



角のドンキで、10袋入りパックを2つ買いました。
これでイゾルダもひと安心。ほっと肩をなでおろしていました。

● 昼の歌舞伎町

ではランチにしましょうか。
あとでダニエルが合流しやすいように、猫カフェの近くでお店を探すことにします。

といっても、この辺り一帯は歌舞伎町。
「夜はちょっと怖い、日本有数の繁華街なのよ」
去年の末にこの通りにある居酒屋で忘年会をしたら、会計時に「予約時と話が違う」と揉めて、幹事が店長にグーパンチで殴られてしまいました。
怖いですね~。そんなことがあったので、日中でもなんだか怖さを感じます。
イゾルダまで怖がらせるつもりはないので、そのお店の前を黙って通り過ぎました。



おおっと、突然派手で大きなロボットがいましたよ。
ここが、噂のロボットレストランね!
椅子になっていて、座ってポーズをとる人もいました。

ここは夜に賑わうネオン街なので、日中開いている店はあまりありません。
海老天が大好きな彼女。天ぷら屋さんはどうかなと思いましたが、「前日食べたから」とのこと。

● タコスランチ

「じゃあタコスにしよう」とメキシカンレストラン、カーサ・テキーラに入りました。
地下にあるため、開いていないことも考えながら、おそるおそる階段を下って行くと、ラッキーなことに営業中。



でも、とっても静か。
「人がいないね…おいしいのかな?」



なぜなら時間は4時。猫カフェで時間を忘れて過ごしていたら、もうランチも、ティータイムも過ぎている時間帯になっていました。
(ああ、浦島太郎ってこういう気分だったんだぁ)と思います。
彼も、竜宮城で楽しく過ごして、気がついたら長い年月が経っていたのでした。

お店も、ランチからディナーにメニューを変えるところでしたが、店長が「いいですよ」と言ってくれたため、遅いランチビュッフェにしました。
半端な時間なので、店内には私たち以外、誰もいません。2人で貸し切り状態です。



タコスやピンチョス、ブリトーにアボガドチーズコロッケにレモネード。
食べながら、サシで話をします。仕事や家族のことなど、悩みが尽きないようですが、持ち前の明るさとタフネスで、頑張っている様子がわかりました。

「日本はクリーンな国だけれど、まだ分煙が徹底されていないわね」
これでも前に比べて改善されてきたと思いますが、彼女は「日本にいると、どこからか煙のにおいがしてくる」と言います。
「ベルギーではもうそんなことはないわよ。完全にシャットアウトされているから」
まだまだ日本は、分煙途上国なんですね。

● ダニエルとダミアン

「そうだ、ダニエルに場所を移動したことを伝えなくちゃ」
話し込んでいたら、すっかり忘れていました。
今いる店のサイトを送ります。
店の場所がわからなかったら、聞いてくるだろうと思ったら「OK, もうちょっとしたら向かうね」との返事。
そして、本当にやってきました。

一見見つけづらい地下にあるのにやってこれるなんて、すごいわ!
と思ったら、友人に連れてきてもらったようです。
ポーランドから来日して半年になるというダミアンとご挨拶。
彼がいたので、日本語表記に困ることなく来られたようです。

食事を済ませて「貸し切り状態だから、お店を出る前にしっかりメイクアップしてくるわ」と化粧室に立った彼女。
そろそろ夕方なのに、まだメイクが気になっていたのね~。
いやいや、女性はこうあるべきか。うーむ。

● きっかけはナルト

彼女を待ちながら、「ランチには何を食べたの?」と彼ら二人に聞きました。
ラーメンだそう。来日した初日にも、ホテルのすぐそばの一風堂のラーメンに入った写真を見せてもらっています。
「ラーメン、好きなのね」
「うん、おいしいよね」
「ヨーロッパでも、今ラーメンが人気だって聞いてるよ」
「そうだね。そのきっかけになったのは『NARUTO』だよ」

そう聞いて、ビックリ。アニメがラーメンの火付け役になったとは!
(さすがに鳴門巻きのナルトじゃないだろうし)
「そうなんだ!すごい影響力」
「リカ、前にナルトグッズを僕にくれたことあったよね。日本で人気があるアニメだって言って」
そう、それははるか10年前のこと。来日の折、彼にナルトの手甲とヘアバンドをあげました。
「あの時はまだヨーロッパで放映してなかったけど、その後めちゃくちゃフィーバーしたんだよ」
「それはよかったわ」

ダミアンは、城西国際大学に留学中とのこと。
「知ってますか?」
「ええ、箱根駅伝に時々出ている学校ですよね」
と言いながら(あれ、あれは城西大学だから、国際があるのとないのは別の学校なのかな?)と考えました。
調べてみたら、どちらも同じところが運営している大学のようです。

ダミアンの専門はアジア情勢。2年間の企業奨学金を受けて来日し、あと1年半滞在するそうです。
「だからまだ日本語はそんなにうまくないんです」
いえ、相当上級のレベルでした。

● ウォッカがサケに

お店を出て、新宿駅でダミアンと別れ、3人で銀座のホテルに戻って、預けていたスーツケースにお土産をパッキング。
2日前にウォッカをいただいたので、お酒返しをしなくちゃと、金箔入りの祝い酒をプレゼント。
けっこう買い物をした彼らは「日本のサケ、持って帰りたいけど、重さは大丈夫かしら」と、スーツケースを計ります。
大丈夫でした!



ロビーで一緒に記念撮影。
2日前にプレゼントしてもらった彼女デザインの服を着てきました。

● 歌舞伎座前から

来た時は真夜中だったため、タクシーを使ったそうですが(Uber Taxiを勧められました)、帰りは空港への直行便があるメトロで。
歌舞伎座の横にある東銀座駅から乗ります。
夜に見ると、照明効果でさらに迫力の増す歌舞伎座。



真下に東銀座駅があることに気づきませんでした。
歌舞伎グッズがたくさん売られた、ちょっとした歌舞伎ワールドになっていました。
隈取パンって、発想がすごいわ。(笑)



● See you again

切符を渡して、別れのキス&ハグ。
「また来るわ。だからまたベルギーに来てね。」
「次はポーランドにも来て!」

空港まで一緒について行こうかとも思いましたが、見送った後、一人で空港を後にするトボトボ感に耐えられそうになかったので、改札でさようなら。
長旅になるけれど、気をつけて~!
空港でなくても、お別れするとやっぱりガックリします。



● 桜アルマーニ

銀座にそびえる、桜模様のジョルジョ・アルマーニビル。
アルマーニ好きのダニエル。今回も着こなしていました。



● ペコちゃんとキティちゃん

銀座のペコちゃんは、黄色ずきんちゃんになっていました。
いったいこれは何の格好?
瀬戸内檸檬パイのコスプレのようです。



いつもシックな装いのイゾルダ。かわいい系は好みじゃないと思っていましたが、「キティちゃんの夜会服を持っているわ」と言っていたなあと、思い出しました。
その時は、うっかりスルーしてしまいましたが、いつの間にかキティラ―になっていたのかしら。
キティちゃんのイブニングドレスって、どんな服なのか、気になりますね…。



● epilogue

なんとなくずっと縁がないままのポーランドでしたが、ダニエルをきっかけに、行く理由ができたようです。

久しぶりに対面して話をした彼ら。
日本人とは違う感性やものの考え方を持っている2人との交流に、今回も気づかされることが多々ありました。
鮮烈な春の嵐のような親子と久しぶりに接して、いろいろな刺激を受けました。
日本を離れて自分の国へと帰って行った2人。
私も極東で、がんばるわー!

『東京都』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十年ぶりの友と会う 2-1 | TOP | 十年ぶりの友と会う index »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 東京

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。