風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

市場とカフェと教会へ 1

2017-06-19 | 神奈川
● prologue

友人さっちゃんと、近場の横浜で会うことにしました。
平日の夜と休日、どっちにしようかという話になったので、
「休日にしない?行ってみたい場所があるから、付き合ってもらえない?」と頼んだ私。

気になっているところは3箇所。市場と教会、そしてツリーカフェです。
どこも横浜駅から電車で1~2駅の距離なので、歩いて巡ることにしました。

この日の移動ルートマップを載せました。
ピンクのラインが歩いたところ。
地元だから気楽~!とのんきに構えていたら、何回も道に迷ってしまいました。(赤丸は間違えた駅)
今回は赤い印、その2では青い印の場所を訪ねています。



● 東・白楽、神奈川・新町そして仲木戸

当日は、散策日和のとてもいい天気。
待ち合わせは、市場最寄りの「神奈川駅」の改札で。
地図を見て、東横線の反町駅から歩いて行けることを確認したのに、人波につられたのか、ボーっとしていたのか、なぜかひと駅前の「東白楽駅」で降りてしまった私。[トラップその1]
慌ててもうひと駅乗って「反町駅」へ。

反町公園を通って、東へ歩いていきます。
JR東神奈川駅の隣にある京急の駅に行けばいいのね。
着いてみると、そこは私が思っていた「神奈川駅」ではなく、「仲木戸駅」でした。[トラップその2]



え?どうして?駅名を見て呆然とします。
「東神奈川駅」のそばの駅は「神奈川駅」だと思った、単なる自分のカン違いでした。
待ち合わせ時間が近づいていたので、大慌てで隣の駅まで一駅乗って行きました。

顔を合わせるまでに2回も駅を間違えてしまうなんて。
割とおなじみのエリアなのに。
キツネかタヌキにからかわれたとしか思えません。

初めはたぶん「東神奈川駅」のことを考えていたので、東つながりの「東白楽駅」で降りてしまったんでしょう。
そして仲木戸駅は「東・神奈川駅」「神奈川駅」「神奈川・新町駅」という3つのまぎらわしい駅に囲まれている、魔のトライアングル地帯。
紫ラインを引いた駅です。

ふだんうろ覚えなのが、こういう時にばれてしまいます。
でもこれは間違えますよね!(自己正当化)



神奈川駅の改札は、マシンも通路も細くてスリム!
そこを抜けて曲がったところに、さっちゃんが待っていてくれました。



ふー、お待たせしました!
この駅に降りたのは、まだほんの数回目。
横浜駅の隣駅なのに、ビックリするくらい小さな駅です。

● 洲崎大神



歩いて行く途中に、大きな白い神明鳥居のある神社の前を通りました。
洲崎大神(すさきおおかみ)という社標が立っています。

「洲崎神社」といったら、房総半島にある安房国の一ノ宮。
二つある安房国の一ノ宮のうち、源頼朝がもう一つの「安房神社」をここに勧請して、「洲崎大神」としたそうです。
ちょっとややこしいですが、頼朝の戦勝守り神が祀られています。



狛犬に近寄ってみましたが、まだ新しい最近のものでした。
でも、その横にこんもりとした獅子山を発見。



いいものをみられました。ホクホク。

● 君に届け用紙

ふと、ビルの前で足を停めました。
そこにあったのは、「届け用紙」という立て看板。



「届け用紙」って、届出用紙のことですよね。
でも私にとってはなじみがない言葉。『君に届け』しか思い出せません。



ひらがなが混ざると、とたんにやさしいイメージになりますね。
甘酸っぱい青春気分になって、看板を見つめました。

● 横浜市中央卸売市場

国道1号を横切って海の方へ行くと、市場の大きな建物が見えてきます。
ここは横浜市中央卸売市場。魚だけでなく、青果、鳥肉、鶏卵など、いろいろなものを取り扱っています。



「横浜食文化の一丁目一番地へ」と書いてあります。
ちなみにここの住所は、「横浜市神奈川区山内町1-1」。
山内町はほぼすべてがこの市場になっている、人口は0人の町なので、確かに食文化と言い換えちゃっても間違いないようです!



私たちは水産物部の建物入り口へ。
「関係者以外立ち入り禁止」の看板がいくつか立ってあるので(呼び止められるかしら)とちょっとたじろぎますが、ここでひるんではいけません。
私たちだって、ここの魚を食べに来た、関係者なんですから(!?)



一般人らしい姿が見えたので、そちらに行ってみると、ちょっとした食事処のアーケード街になっており、どのお店にも行列ができていました。
お昼どきだからでしょう。
並んでいるのは職員ではなく、私たちのように外から来た人ばかりのようです。
よかった、中に入っても大丈夫そうです。



● 厚生食堂

アーケード街から一旦入り口まで戻り、反対側に曲がって、一つぽつんと離れた厚生食堂へと向かいました。
もしかして、あのイベント特設会場のような場所?



「営業中」とのぼりが経っていなければ、気が付かずに通り過ぎてしまいそうな、道路下の目立たなさ。
若干罰ゲームめいていて、ちょっと勇気がいるテーブルとイス…。



あきらかに市場の従業員のための食堂。
寒いけれど外でいただきます。

● 市場の穴場

頼んだのは海鮮丼。さっちゃんは鮪の山かけ丼。
カニ脚のお味噌汁つきです。
千円以下でこのランチ。おいし~い!
画像からはあまり伝わってきませんが、切り身が厚くてとろっとろでした。



寒さを忘れて美味しさに震えます。
「近場でこんなにおいしいお魚を食べられるなんて、北海道まで行かなくてもいいね!」
やっぱり市場はいいですね~。



おいしくいただいて、満腹になって、すっかり満足。
食後は、先ほどの人が並んでいるアーケード街の方に行ってみました。
こちらにも千円以下のメニューが並びます。さすがは市場です。

築地市場は、もはや観光地化しており、どこもなかなかのお値段で(コレジャナイ感)をひしひしと感じていたので。
こういう企画に喜んで乗ってくれるさっちゃんは、本当にナイスな友人です。



敷地内には、伏見市場稲荷大神がありました。
伏見大社から市場に勧請したお稲荷さんのようです。
お稲荷さんは農耕の神様ですが、この辺りでは漁師にも支えられたのでしょう。
近くには、伏見大漁稲荷神社もあるようです。名前が似ていてまちがえそう。

● うらしまでんせつ

魚河岸を出て、道路を歩いていると、等間隔で並んでいる車止めのポールの亀が目に入りました。



「これ、亀なの。なぜかというとね…」
説明するために、お寺に立ち寄りました。



ここは浦島伝説に彩られた浦島寺。
ちなみにこの辺りは浦島という地名です。
最近御朱印帳を買って、御朱印集めを始めたばかりのさっちゃんにガイドします。
「ここのご本尊は、カメに乗っているのよ~」
目黒にあるタコ薬師はタコに乗っていませんが、ここは裏切りません。
普段は非公開で、見られませんが。



でも手水舎そのものが亀!浦島伝説にのっとっています。
さっちゃんも大喜びでした。

その2に続きます。


『神奈川県』 ジャンルのランキング
Comments (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武蔵村山・魅力体験ツアー index | TOP | 市場とカフェと教会へ 2 »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アネッティワールド)
2017-06-20 15:18:59
駅を間違える度に
マウスをスクロールしながら地図を確認し
『そりゃ間違えるわ!
駅同士が近っ! 』
さすが大都会、 沿線だらけですね。

人口ゼロの町があるんですね。
町会費も回覧板も 無し!ってこと?

北海道行かなくても美味しいものいっぱいありますよね。

そりゃそうだ! って。


・・・ 来週から北海道なんだな(´;ω;`)
アネッティワールドさん (リカ)
2017-06-20 15:26:57
お住まいの大阪だって大都会ですよ!
路線図が全然頭に入っていないので、訪れるたびに毎回途方に暮れてしまいます。

人口ゼロの町!というと不思議ですが、単にほぼすべてが、中央市場になっているということなんです。回覧板はなさそうですね・・・。

北海道!!!いいですね~。やっぱり本場の食材のおいしさ・新鮮さにはかないませんよ!
ブログ、楽しみにしていまーす(^O^)
Unknown (アネッティワールド)
2017-06-20 17:57:39
>ブログ、楽しみにしていまーす(^O^)

おおきに!

post a comment

Recent Entries | 神奈川

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。