らくらくぐらし

五十路の歩き方

まつげ問題解決

2017-04-23 00:00:00 | 体ゴト
化粧映えする顔でもなく、環境的にも、それほどガッツリメイクする必要を感じてこなかったので、若い時からたいしたメイクを施すことなく、その楽しさを知ることなく、ここまで来ました。

キチンとしたお化粧の必要は今後もほぼないと思われますが、数年前から「私の顔ってこんなんだったかな?」と思うようになって(年を取ると、思考だけじゃなく、顔がボンヤリしちゃうのね…)、お化粧でもしてみっか!という気分になったものの、いや~、メイクって難しい!アイラインとかまったくもって無理!

あわよくば美魔女に…という野望は早々に諦め、CCクリーム、お粉、眉、まつげ、リップの、とりあえずノーメイクではないって程度のお化粧に戻ってきたのですが、唯一、まつげには力を入れてました。

目元がパッチリなら、そこそこメイクしてるっぽく見えるかも!と、アイラインがひけない分、目元はまつげに任せようと、ラクダみたいなまつげを目指し、まつげパーマやエクステ、いろんなマスカラを試しました。(つけまつげは無理)

まつげパーマは、ずいぶん前にやったのであまり記憶にないんだけど、ビューラーしなくていいっていうメリットが続けたい理由にならず、2~3回やっておしまい。

まつエクは、ラクダな目元は叶えてくれますが、やり始めるとどんどん盛りたくなるのが怖い(笑)
少し減ってくると目元が寂しく感じられるようになり、周期が短くなっていき…のまつエクハイにビビり、フェードアウト。

マスカラは、元々まつげは長い方なので、最初はボリューム重視だったんだけど、すぐ目の下真っ黒になるし、すぐカールがとれちゃうしで、カールキープ重視に移行したものの、すぐ真っ黒、すぐとれると、ボリューム重視の時と変わらない使用感…。

マスカラジプシーにも疲れはてた今日この頃、この度、まつげ問題がきれいさっぱり解決致しました。

まつげはビューラーで上げるのみ。以上です。

先日、マスカラを塗り忘れて出掛けてしまいました。
これまでも、そういうことは何度かあったけど、買いに走るなりテスターに助けてもらうなりしていたわけですが(持ち歩かないので)、あえてそのまま1日過ごしてみることにしたのです。
そしたら当然目の下は真っ黒にならないし、カールも取れてない!
確かに目元パッチリとは程遠いけど、それと引き換えにしても余りある快適さ。
うん、これでじゅうぶんなのかも。今は。

ミニマリストだシンプルライフだと飛びついた時、モノもそうだけど、思考もシンプルにしたいと思っていて、柔軟に考えたいと思っていたのに、「目元パッチリさせたい。マスカラを塗らなくてはならない。自分の納得のいくマスカラを探さねば」というガッチガチの考えで固まっていたなぁと気付きました。

なので、また塗りたくなったり盛りたくなったら、その時はその時ってことです(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五十路 | トップ | 脱!紺色の服 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。