落語コーディネーター菊池明美の公式ブログ

神奈川県川崎市のNPO法人リール理事長の菊池明美です。落語で人と街と世界をつなげます。落語会開催のお手伝いをいたします。

新作作ります

2016-08-31 23:45:03 | 落語会

古今亭菊太楼師匠が「にかい坊寄席」に向けて新作を1席作ってくださいます。

三題噺を師匠に送っています。

そのお題は「にかい坊」があります池上に因んだお題です。

15分ほどの噺に仕上げますとのことです。

この会の為に新作を作りますという言葉に感激しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錦木を口演

2016-08-30 15:44:04 | 落語会

現在、錦木と言う名前の相撲取りがいます。江戸時代からいた相撲取りの名前を継いでいます。

また錦木の紅葉はとてもきれいです。私は昨年、生垣の錦木の紅葉を愛でる為に出かけたのですがあいにく1週間時期が過ぎて真っ赤な紅葉を見れませんでした。

今年こそ真っ赤な錦木の紅葉を見に出かけてみたいと思っています。

「一琴・喬志郎の峰村の夜・4」の公演が9月3日「土」午後5時から開催されます。

そして柳家喬志郎師匠がネタだしで「錦木」をかけてくれます。

落語の「錦木」はドラマティックな男の世界です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

噺家の噺(299)

2016-08-29 12:04:27 | 落語会

1週間の始めはLIVEで聞いた落語の演目と噺家名を記入します。

1.柳家喬志郎・・・・①「貧乏神」小噺での展開でお客様の頭の回路は全開です。

駄洒落も含めて小噺で始終します。余りの可笑しさに貧乏神がお友達を連れて又来ると・・・

②「あの世からの生還」・・・・「喬志郎のみらくるnight」の為の書き下ろしの新作のネタおろしです。

会場の照明は暗くなり高座には浴衣姿の娘が横座りで色っぽく座っています。縁側で夕涼みの情景が広がります。そしてどこからか夏祭りの「東京音頭」が三味線の音で流れています。寄席会場だと忘れてしまいます。

でもすぐに「金鳥の夏!日本の夏・・」なんておかしなくすぐりで会場から笑いが・・・

シュールな噺です。天国の父が娘とこの世で再会する噺です。これからも微調整をしながら完成度の高い1席に仕上がることでしょう。今日お聞きした方がまたこの噺を寄席で聞いた時にどう変化しているか楽しみな1席です。

③「柳田格之進」・・・とりねたでの口演。袴を着ての熱演です。

見せ場は噺の最後にやってきます・・・怒りを押えながら自分を律して一刀両断で碁盤を切ります。全てを許すが・・・

そして屋敷の庭さきに真っ白な雪景色が広がります。娘が男の子生み穏やかな日々を迎えています。柳田と主人は静かに碁盤に向かって囲碁を打つ音だけが聞こえ幕が下ります。

ハッピーエンドで静かに幕が降ります。

★次回の公演★

9月3日「土」午後5時~赤坂・峰村 「一琴・喬志郎の峰村の夜・4」

喬志郎師匠:ネタだしで「錦木」+「お楽しみ1席」

一琴師匠:「お楽しみ1席」

ご予約:080-4446-9090 菊池

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お疲れ様でした

2016-08-28 21:49:08 | 落語会

終演後に喬志郎師匠のしおりにサインを書いてファンサービス!

そしてファンの方々の応援の声を受けて「喬志郎のみらくるnight・2」が決定いたしました。

来年もまた「柳家喬志郎独演会」でお楽しみください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喬志郎のみらくるnight

2016-08-28 20:14:18 | 落語会

池袋演芸場で開催されました第1回「柳家喬志郎独演会」にご来場ありがとうございました。

台風の影響が心配でしたが雨に降られずに開催でき、ほっとしました。

90名ほどのご来場を賜り古典と新作で楽しんでいただきました。

特に新作の口演では会場内を暗くして三味線の音で始まります。

天国の父と娘の噺の新作を口演されました。

シュールな演出で度肝を抜かれた感もありましたが喬志郎師匠の感性を感じました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心が癒やされます

2016-08-28 11:33:26 | 花だより

緊張に包まれたこの1週間。

そしてこの緊張感を癒してくれるようにまた睡蓮の花が咲いています。

花数がますごとに花は小粒になって咲いています。

でも真っ白な「睡蓮」の清らかさに心癒されます。

穏やかな一日のスタートです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はいよいよ喬志郎のみらくるnight

2016-08-27 15:00:23 | 落語会

柳家喬志郎師匠の池袋演芸場で初めての独演会が明日の8月28日「日」午後6時より開演いたします。

トリネタは「柳田格之進」です。湯島の切通しの坂のシーンが印象的な噺です。

夏に冬の噺で楽しんでいただきます。

このほか古典と新作ネタもかけてくれます。

私はまだ聞いた事のない新作ですのでとても楽しみにしています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊太楼・喬志郎二人会

2016-08-26 10:14:51 | 落語会

★「新作ネタを一席づつ口演する二人会」のご案内★

古今亭菊太楼・柳家喬志郎による二人会です。なんと菊太楼師匠がこの落語会の為に新作を作って口演いたします。

喬志郎師匠は新作をいくつも作っています。お二人ともに古典と新作を一席づつ口演いたします。

会場の石臼挽き手打ち蕎麦のにかい坊は定員20名の為、毎回すぐに完売してしまいます。

お早目のご予約をお勧めいたします。

★日時:10月29日「土」午後4時~5時30分 懇親会は午後5時30分~7時

★木戸銭:当日3800円・予約3500円(終演後の演者との懇親会費込み)

懇親会では手打ち蕎麦+一品+1ドリンクが出ます。

★会場:にかい坊(池上線池上下車1分・池上総合病院斜め前)

★ご予約:080-4446-9090 菊池

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柳家喬志郎師匠の手拭い

2016-08-25 22:22:18 | 落語会

柳家喬志郎師匠の手拭柄が変わって2年ほど経ちます。

以前の手拭は全体に柄がありましたが現在は五円とご縁をかけた六文銭の様なデザインです。

色合いは3色です。

今年の夏にはこの3色の手拭を使って「扇子入れ」と「マカロンストラップ」を作りました。

根付けには瑪瑙で作られた可愛い金魚をつけました。

瑪瑙は「願いが叶う」というパワーがあります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の歳時記・朝顔

2016-08-24 11:05:21 | 庭の草花

豪雨が続いている中、大輪朝顔がまた咲いています。

見事な大輪です。

朝顔の季語・・・秋(初)

朝顔の海の深さや命とは・・・永井喜久司

朝茶事朝顔一花團十郎・・・・斎藤小夜

朝がほや一輪深き淵のいろ・・・蕪村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残数僅少

2016-08-23 11:27:42 | 落語会

8月28日「日」午後6時開演で「柳家喬志郎独演会」が開催されます。

トリネタは「柳田格之進」です。お楽しみ2席での口演です。

喬志郎師匠は新作も作ります。池袋演芸場で「みらくるnight]な新作が口演されるかも知れません。

喬志郎師匠にとって池袋演芸場での独演会は初めての口演です。

ただいまお席の残数僅少です。

★ご予約:080-4446-9090 菊池

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

噺家の噺(298)

2016-08-23 01:11:43 | 落語会

1週間の始めはLIVEで聞いた落語の演目と噺家名を記入いたします。

1。宝井梅湯・・・「耳なし芳一」本当に夏向きの怪談噺です。

会場も薄暗く雰囲気が出ていました。

2.古今亭菊太楼・・・「安兵衛狐」・「水屋の富」

2席とも久しぶりに聞いた演目でとても楽しめました。

3.柳家喬志郎・・・「唐茄子屋」

「唐茄子屋政談」の噺を途中までの口演です。

徳さんが勘当されてから人の情けを受けてまっとうに生きていく様が人の心を打ちます。

吉原田圃で「物売り」の練習をするところが個人的に好きな場面です。

高座が狭くて余りの熱演で唐茄子と一緒に高座から落ちてひやっとしました。

★菊太楼・喬志楼の「新作ネタを1席づつ口演する二人会」が10月29日「土」午後4時から開催されます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新作ネタ一席づつ口演する二人会

2016-08-22 00:59:22 | 落語会

古今亭菊太楼・柳家喬志郎両師匠が1席づつ新作を口演いたします。

菊太楼師匠はこの会の為に新作を作ってくれます。

お2人とも「にかい坊寄席・13」に初登場です。

★10月29日「土」午後4時開演(午後3時30分開場)~5時30分

懇親会:午後5時30分~7時

★石臼挽き手打ち蕎麦・にかい坊(池上線池上駅下車1分)

★木戸銭・当日3800円・予約3500円(終演後の懇親会費込)

★定員20名

★ご予約:080-4446-9090 菊池

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏祭り

2016-08-21 21:21:54 | 季節の風物詩

小さな神社の境内で行われている「夏祭り」に出かけました。

沢山の人が夏を楽しんでいます。

笛や太鼓の音が境内になり響き日本の原風景の中で心地よい時間を過ごします。

幼いころの「夏祭り」をいとをしく思い返しながら・・・

夏祭りの季語・・・夏(三)

菅原や御興太鼓の夜の音・・・鬼貫

近道をくるは地の子ら夏祭り・・・中村勝臣

男らの汚れるまへの祭足袋・・・飯島晴子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川崎純情小町

2016-08-21 19:47:33 | 落語会

久しぶりに「川崎純情小町」のステージを夏祭りの舞台で見ました。

「川崎純情小町」は、6年ほど前に川崎で結成されたJポップグループです。

このグループには何回も落語会に出演していただいています。打ち上げで一緒にカラオケに行った事など懐かしく思い出しました。

今では、川崎のご当地タレントとして川崎の良さを広める為のイベントに沢山登場しています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加