落語コーディネーター菊池明美の公式ブログ

神奈川県川崎市のNPO法人リール理事長の菊池明美です。落語で人と街と世界をつなげます。落語会開催のお手伝いをいたします。

調布で落語会

2011-12-31 18:58:02 | 落語会

落語会で街づくりを応援いたします NPO法人リールの菊池明美です

新春1月19日「木」午前11時から 「シロー・ランチ寄席」がスタートいたします。会場は調布市の多摩川住宅中央名店街の中にあります 洋食キッチン「シロー」です。

出演は 林家たけ平さんです。ランチを食べて 落語を楽しみながら地域の絆を深めていきます。木戸銭1200円。お問い合わせ 090-2445-4335

12月31日の「落語と今日の歳時記」

「大晦日・除夜」。。。江戸時代は商人は掛け取りの後に帳簿を付けて 終夜営業の風呂屋に出かけ年越し蕎麦を食べます。そして百八つの鐘の音を聞き新年を迎えます。

年の瀬の風物を、今も大切にして暮らしている日本の文化をいつまでも大切にしていきましょう。

そして明るく笑い飛ばして新年を迎えようとする庶民文化を楽しむことが出来る「落語」をもっと もっと沢山の人たちにブログを通して紹介していきたいと思います。

ゆく年の豪徳寺の「除夜の鐘」が希望の音のように願を込めて聞きながら 新年を迎えました。

落語のネタ。。。「掛け取り」「御慶」「富久」「芝浜」「除夜の雪」「にらみ返し」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暮れの浅草寺

2011-12-30 12:10:05 | 落語会

おはようございます 笑いで街づくりを応援いたします NPO法人リールの菊池明美です

私にとっての暮れの落語会は 浅草演芸場で行われます「古今亭円菊一門会」で笑い納めです。

終演後に浅草寺にお参りして 下町情緒を楽しみました。仲みせ通りから横道に入った所に 噺家さんのプロマイドが売られているお店があります。 往年のスターとともに春風亭朝也さんや林家ひろ木さんのプロマイドがあります。暮れの一日 のんびりと時間が流れました。

11月30日の「落語と今日の歳時記」です。

「味噌の日」。。。味噌は通常土手と呼ばれます。土手煮や味噌漬(豆腐・卵・野菜・肉)など多彩です。また味噌は手前味噌というくらい自家製の物が多い。味噌床にガーゼを引き窪みに卵の黄身をかぶせます。黄身の味噌漬けの出来上がりです

落語のネタ。。。「味噌蔵」・「味噌豆」。。。林家たけ平さんがまくらでよくこの噺をかけますが、とてもお客様の反応が良く笑いを誘っています。短い小噺ながら想像しやすい筋書きでオチの面白さで落語の世界に入り込みます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄道戦国絵巻で初笑い

2011-12-29 00:46:22 | 落語会

落語会開催のお手伝いをいたします 落語コーディネーターの菊池明美です。

新春 池上落語会は1月14日「土」午後3時より開催いたします。会場は池上本門寺の山門手前にあります 名代本門寺蕎麦「千歳屋」さんです。

出演は 古今亭駒次さんです。賑やかに「鉄道戦国絵巻」で新年も笑いでスタートいたします

終演後に出演者を囲んでの懇親会や福袋抽選会も有ります。(問い合わせ 090-2445-4335)

12月29日の「落語と今日の歳時記63」です。

「シャンソンの日」。。。フランス語で「歌」という意味です。シャンソンという響きから日本では秋に聞きたくなる歌のイメージです。「枯れ葉」が紅葉の綺麗な季節に聞きたくなるからでしょうか。。。・イタリア語ではカンツオーネです・そして日本は和謡です。(能の唄い・歌舞伎の義太夫・淨瑠璃などです)

江戸時代は町中に稽古所があります。落語の演目にはこの稽古に関するネタが色々ありますが、はた迷惑な道楽ぶりのおかしさが噺の筋になっています。

でも噺家さんにとっては 噺の筋の中で、義太夫や浄瑠璃を高座で披露しなくてはいけないわけですから つくづく噺家さんの一人芝居の凄さを感じます。

落語のネタ。。。「あくび指南」「寝床(素人淨瑠璃)」「稽古や」「猫忠」「胴乱の幸助」「豊竹屋」「九段目(音曲噺)」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぞろぞろ

2011-12-28 02:22:30 | 落語会

落語会で街づくりの応援をいたします NPO法人リールの菊池明美です

落語の演目に「ぞろぞろ」という噺があります。

この噺は 天井からぶら下がっている古いわらじが 1足売れてから 次から次に買い求める客が来るという商売繁盛の噺です。この「ぞろぞろ」に登場しますわらじのイメージで「金のわらじ」をビーズで制作しました。

「ぞろぞろわらじ」を来春の落語会の福袋抽選会の景品として出しますので楽しみにしてください

12月28日の「落語と今日の歳時記」

「納めの不動の日」・「鳥の日」。。。江戸時代 鳥は食用だけでなく観賞用としてまた 鶯の糞は化粧品として売られていました。今でも深川でこの「鶯の糞」が売られています。一度買い求めた事がありました。食用として 鶉(うずら)・鶴・雉・鶫(つぐみ)などがあります。

落語のネタ。。。「雁風呂」「べかこ」「鶴」「鷺取り」「鶉衣」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春財団ホール寄席

2011-12-27 00:01:53 | 落語会

新春1月21日「土」午後2時開演 出演者 柳家喜多八・桂坊枝・林家ぼたん・入船亭ゆう京

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桂坊枝出演

2011-12-26 23:37:37 | 落語会

落語会開催のお手伝いをいたします NPO法人リールの菊池明美です。

来春1月21日「土」午後2時開演いたします 新春財団ホール寄席に出演いたします桂 坊枝師匠は川崎で開催していますリール主催の落語会に今年は 2回出演していただいています。

「手水回し」「火焔太鼓」の演目で会場を沸かせてくれました。2回ともお嬢さんがお茶子さんとして同行してくれました。10代のお嬢さんの良きパパぶりで控え室での親子の会話が微笑ましいのです。上京の際には劇団四季の公演をお2人で行かれるのも楽しみのようです。

さて来春1月の公演の際は お2人のお嬢さんのどなたを同行していただけるのか楽しみです。

12月27日の「落語と今日の歳時記61」

「浅草仲見世の日」「仏壇の日」

「交番の日」。。。江戸時代自治は町内で請負 自身番で処理をしました。本来 町人とは地主をさしますが 町役人の下に町名主 月行事 書役 家持等がいました。したがって町奉行からの差し紙(呼び出し)は重大時となります。

落語のネタ。。。「五貫裁き」「孝行糖」「永代橋」「小言幸兵衛」「市助酒」「二番煎じ」「佐々木政談」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落語家の噺(89)

2011-12-26 00:16:58 | 落語会

落語会で街づくりを応援いたします NPO法人リールの菊池明美です。

1週間のはじめは落語の演目と噺家名を記入していきます。私の落語勉強会です

ちょっといい話などを織り交ぜながら。。。

1.柳家我太楼「千早振る」ちやはふる・「時蕎麦」・・・来年2月開講の「演芸寺小屋」の塾長が我太楼師匠です。この寺小屋では紙切り・マジック・太神楽・そして落語をそれぞれの4人での指導を受けられます。面白そうな現代版の稽古指南所です

2柳家甚語楼「時そば」。。。冬の寒い中 夜鷹蕎麦を食べた男が「今 何時?」というくだりが有名な噺ですが 美味しそうにお蕎麦を食べる仕草の素晴らしさに感激しました。よく聞く演目ですが こんなに丁寧にそして味わい深い「時そば」を聞いたのは初めてです。この演目を聞いた後のせいか 寒い境内で食べた 暖かな「どん兵衛」が美味しかった事。

3.柳家右太楼「あくび指南」。。。「あくび」の間がポイントになる噺ですが 上手に噺の流れを作っていました。下手な演者の「あくび指南」ではこちらが「あくび」がとまりません。「退屈で 退屈で ああァならねえや!」

今日の写メは柳家権太楼・暮れの会の境内の様子です。

12月26日の「落語と今日の歳時記」

「風呂の日」。。。昔は薬湯として菖蒲湯・桃湯・どくだみ湯・ヨモギ湯・柚子湯等がありました。また酒を入れた湯や湯治などが賑っていました。江戸将軍は熱海の湯を運ばせたとあります

落語のネタ。。。「しじみ売り」「小間物屋政談」

銭湯に温泉が出る場所も都内には沢山あります。その中で池上落語会が開催されています 池上線池上駅周辺にも2か所 黒湯の温泉銭湯があります。

新春池上落語会は1月14日「土}午後3時~ 名代本門寺蕎麦 千歳屋さんで開催いたします。出演は古今亭駒次さんです。終演後は千歳屋さんで懇親会を行います。申込み先は090-2445-4335まで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柳家権太楼・暮れの会

2011-12-26 00:16:04 | 落語会

毎年恒例の 「柳家権太楼 暮れの会其の十」が 用賀にあります真福寺で行われました。

一門総出で とても心のこもった「ファンへの感謝デー」といった落語会です。落語会のはじめにじゃんけんゲームなどで会場が大盛り上がりです。

私は 関西限定の「どん兵衛」をじゃんけんでゲットしました。(関西での落語会の時のおみやげとのこと)

始めて食べた関西風「どん兵衛」の美味しかった事。寒い境内で暖かなおそばが食べられるとは思いもしないプレゼントを頂きました。一足お先の年越しそばです。この日の落語会では「時そば」もかかりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落語と今日の歳時記(61)

2011-12-25 00:34:56 | 落語会

笑いで街づくりを応援いたします NPO法人リールの菊池明美です

12月25日の「落語と今日の歳時記」です。

「クリスマスの日」。。。今日の食卓はチキンとケーキがクリスマスの日の定番です。街かどのお店の前では 真っ赤なサンタの洋服を着た人たちで賑やかな一日です。こんな日ですがやはり寒い日の定番は鍋が日本的なメニューです。野菜は大根が美味しいのです。魚は鰤・鮭・鱈が美味しいです。大根は大根役者のようにどんな素材とも合う名脇役です。鰤大根のように油の乗った魚の旨味を吸って引き立て役です。

落語のネタ。。。「棒鱈」「河豚鍋」「葱鮪の殿さま」「池田の猪買い」「二番煎じ」。。。火の用心の拍子木の音が夜の町中に響くのは今も昔も年の瀬の風物です。

落語の魅力はこうして季節感を感じながら噺の世界が広がってくることではないでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・ツリー

2011-12-24 02:36:30 | 落語会

トレーシングペーパーで作ったツリーの中には 電球を入れてあります.

暗い部屋の中で幻想的です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイブ

2011-12-24 01:39:12 | 落語会

トレーシングぺーパーを使って作る工芸を「パーチメントクラフト」と呼ばれています。この作品のテーマは「クリスマス・イブ」です。

大きなツリーをパーチメントクラフト技法で作りました。ツリーの木の上に雪が積もっているような模様をトレーシングペーパーに入れながら作りました。ツリーの木の下にはアクリル画材などで雪を降らせています

キリスト生誕をイメージして作成しました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落語と今日の歳時記60

2011-12-24 01:25:08 | 落語会

おはようございます 笑いで街づくりを応援いたします NPO法人リールの菊池明美です。

12月24日の「落語と今日の歳時記」

「クリスマスイブの日」。。。クリスマスイブは星の導きより三人の博士がキリストの生誕を祝いにゆく日です。救い主(キリスト)は人間の原罪を償うために生まれたそうです。

落語のネタ・・・宗論(ここ最近で印象に残っています宗論は昨年の12月に聞いた 春風亭正太郎さんの宗論です。讃美歌を嬉しそうに歌っていました)・小言念仏・後生鰻(お説教を取り違えた人のネタです)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久保進展

2011-12-23 00:01:18 | 落語会

12月22日~27日12時~20時 自由が丘・るなん(03-3724-1785)にて 久保進展が開催されています。

木のおもちゃ作家の久保進さんは 今回の個展もユーモアと機知に富んだ作品が展示されています。 大作の木のおもちゃやアクリル画などが出品されています

木のおもちゃは会場で触って遊べます。 来場者は童心に戻って木のおもちゃを楽しんでいます。

会場の壁面にはアクリル画の意欲作品が展示されています。

しばし時を忘れて久保進展を楽しみました

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落語と今日の歳時記59

2011-12-22 23:59:26 | 落語会

文化・芸術活動を応援いたします NPO法人リールの菊池明美です。

12月23日の「落語と今日の歳時記」

「文の日」。。。江戸の織字率は高く手紙のやり取りも多く 洒落も流行りました。

春夏冬で(商いといいます)その答えは秋ない。二升五合(升升 半升(繁盛)でますます繁盛)・一斗二升五合(御商売ますます繁盛」。

お店の中で「春夏冬二升五合」と書かれた張り紙があったら「商い 益々繁盛」という意味です。

このように洒落言葉を「判じ物」と言われていて江戸時代から使われています

おはぎも季節によって呼び名が違います。。。。春は牡丹餅(ぼたもち)・夏は夜船(夜船はいつ ついたかがわからないから)秋はおはぎ(お萩)・冬は北窓(北窓からは つきが見えないから)。。。日本人の粋な言葉遊びを感じます

落語ネタ。。。「鏡屋女房」「洒落小町」「三人無筆」「手紙無筆」

「天麩羅の日」。。。落語ネタ「新聞記事」

写メは 「久保進展」で見た アクリル画のサーカスのゾウです。進氏は絵本の様なイラスト画を沢山書いていますが、その中で私が気にいっています サーカスのイラスト画の中の一枚です。このサーカスの絵を絵本にしてほしいとお願いしたことがありましたが。。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旗揚げ・新春シロー・ランチ寄席

2011-12-22 00:01:14 | 落語会

街の絆を深めるために 落語会が開催されます。木曜日に月2回開催です。

この新しくスタートいたします落語会は 1万人が暮らす多摩川住宅の中にあります洋食家さんで行います。落語会を通してご高齢者の憩いの場を提供する目的です。NPO法人リールは街づくりのお手伝いをいたします。

落語会会場は 狛江・調布からバス7分で 多摩川住宅中央下車です。バス停の前の中央名店街の中に 洋食キッチン「シロー」があります。

キッチン・シローのシェフは東京会館で25年勤めていましたのでランチの味は太鼓判です。

第1回は 新春1月19日「木」午前11時からです。出演は林家たけ平・

第2回は2月9日「木」林家ぼたん

第3回は2月23日「木」柳家右太楼

木戸銭1200円。ランチを食べて落語で笑ってお仲入りにはお楽しみ抽選会があります。

定員先着40名です

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加