風の里  庄兵衛

身近に起こった小さな事の語らい。
趣味の手織り、草木染の事など。

不思議な織機・フラミンゴ

2008-12-12 09:51:46 | 工房便り
我が工房には織機が3台あります。

 クローバー社の卓上 咲き織機

 6本踏み機の本格高機

 不思議な織り機・フラミンゴ

一番最初に取り組んだのはクローバー社の卓上咲き織機です。
勉強中に両親の相次いでの介護で余儀なくなく中断

その後、本格的な高機をいただき、こちらも咲き織機で
お世話になった先生にネット上で教えていただき
何とか動かすことが出来るようになりました

整経、糸掛けに時間がかかり、半日は機にかかりっきり
でも、織り上がった布はすばらしくその苦労はどこかに
吹っ飛んでしまいます。
卓上機では味わえない
満足感とでもいいましょうか
これはこれでいいのですがもう少し・・・何かがほしい

そして運命的な出会いのこの織機・回転式フラミンゴ

糸掛け簡単  織地完璧 そして何より私に合っていたのは
織面が見えることです。

他のものは織り上がった物を巻き取っていくので
織り上がりは機から降ろすまで見られませんが
この織機は織ったものをくるくると裏に回して
行くので織った面を確認することが出来ます

油絵の色を重ねるように織ることが出来、きまま織の
庄兵衛にはぴったりの織機です。

ただ、難点もあります。糸掛けは2メートル。
補助機を使えば40cm延長できますが
織るためにはとにかく2メートル掛けなければなりません

織りたい物によって織機をかえる
こんな幸せに酔っている庄兵衛なのです

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくらの落ち葉の染物 | トップ | 杉の葉染め断念の訳 »
最近の画像もっと見る

工房便り」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL