Rinto Label

リント レーベル  
日々のこと
親業のこと

ゴードン博士の言葉

2017年06月30日 | 親業のこと
ゴードン博士の言葉です。

子どもはみなその人生で
落胆、あせり、苦痛などを味わう場面
ー友達、兄弟姉妹、親、教師、周囲の環境、自分自身などの問題ー
に出くわす。

これを解決するのに
他からの助力を得ることができる子どもは、
心理的・精神的にも健康を維持し、
さらに力強く成長して
自信を持ち続ける。

そうでない子どもは
情緒的な障害を示すようになる。




だから、「能動的な聞き方」は、子どもの成長の手助けができるのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の庭に・・・ | トップ | 再会☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

親業のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。