猫好き勤労学生の気まぐれ日記

普段の生活や猫のことをダラダラと綴っています。

至福の時

2017-05-14 20:48:14 | 
テレビがなくても平気だが、本がないと生きていけないほど本が大好きです。

本を読む時のBGMはラジオかクラシックで、音量を小さくして流します。
飲み物は大体、これを用意します。

程よい甘さがいいです。

気になる作家の本を片っ端から読みます。
雑誌を買わない私が珍しく買っているのがこれ。

さだまさし作品が読みたくて買ったのですが、小川洋子や有川浩などの作品もあり毎月、買っています。
最新号はこれ。


BGMが消え、音の全てが読んでいる作品のものになり、現実世界から小説の世界の中にどっぷりハマる感じになります。
まるでドラマを観ているような、または自分自身が小説の中にいて、登場人物と同じ体験をしているかのような感じでしょうか。

小説の世界に入っているので、現実世界の音は全く聞こえなくなります。
なので、電車の中では読めないのです。乗り過ごした経験を何度もしています。

1~2時間後に現実世界に舞い戻るのです。
読み終えた後は余韻に浸ります。

読了した後の寂しさは計り知れません。
お気に入りのドラマが最終回を迎えて、放送が終わった感じでしょうか?余りドラマを観ないので分かりませんが。
そしてすぐに新しい本を買いに本屋へ行きます。

いやー、本ってホントにいいですよ。
また本屋にでも行こうかな!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫の小雪ちゃん(通称ペルる) | トップ | 一日遅れの母の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL