猫好き勤労学生の気まぐれ日記

普段の生活や猫のことをダラダラと綴っています。

もう二度と恋をしないと誓って生きてきた。君に会うまでは

2017-06-22 18:21:41 | 
ちょっと頭休めに読んだ本。
タイトルは「ナラタージュ」です。

泉は彼が望むなら一緒に死んでもいいと思った。
葉山先生は命懸けで泉を守りたいと思った。
2人はお互いに深く深く愛し合っているのに別れなくてはいけない。
深く深く愛し合っているから別れる必要があった。

深く深く愛すること、深く深く愛されることの喜びと哀しみ。
私は経験したことがないなぁと。
経験してみたいと思います。手遅れかもしれませんが。

それにしても、夫には深く深く愛する人がいるのに奥さんは平気なのでしょうか?
別れずにいるのが一種の復讐なのでしょうか?

一読をオススメします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペルん、私を誘う | トップ | 押尾コータローさまっ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL