猫好き勤労学生の気まぐれ日記

普段の生活や猫のことをダラダラと綴っています。

美女と野獣

2017-06-10 18:03:27 | 映画
病院での診察後、少し時間があったので映画を観に行きました。

「美女と野獣」を観よう!
と受付に並ぶと。
「ただ今、満席です」という。
仕方ない。不倫ものを見ようかとした時、神は舞い降りました。
キャンセルが出たとのこと。
美女と野獣を観ることが!

こちらがその半券です。

少し時間があったので、コーヒーでも飲んでと。


この映画はまず、映像がとても綺麗です。
そして、音楽がとてもいい。
音楽だけでも十分に美女と野獣の世界に浸れます。

そしてふと、聖書の「コリント人への第一の手紙 13章」の一部が頭をよぎりました。


愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない。自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。(コリント人への第一の手紙 13章より)


愛する女性が自分の所に戻って来ないかもしれない。もう二度と会えないかもしれない。けれど彼女を自由にするという選択肢を選んだ。
たとえ離れていても心の中には愛する人がいる。それだけで十分。
こういう愛し方を私は出来るのかなと考えさせられた映画でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう少し | トップ | ハルちゃん、病院デビューの巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL