広告する日記

絵本作家・内田麟太郎オフィシャルブログ

かもしれません、よ。

2017年08月05日 22時59分55秒 | 日記

   木村裕一塾の楽しきパーティー

 吉祥寺で高畠那生さんの絵本原画展を見ました。その若い感性にわたしのこころはぽんぽんはねていました。「いいねぇ。いいねぇ」。昨日のピータラビットには古典の深さを。今日の那生さんの絵には“いま”を感じました。「昔の絵はいいねぇ。それにくらべて今頃の絵は」といったら老化の兆しでしょう。こちらもぜひ見てほしい展覧会です。

 その足で、目黒の祐天寺へ。木村裕一塾で木村さんの質問に答えながらおしゃべりさせていただきました。50名ほどのお客さんだったでしょうか。塾は絵本作家や児童文学者を目指す方たちに開かれています。たぶん木村さんは赤字でこそあれ儲けてはおられないでしょう。その心意気に魅かれ多くの講師が参加されています。会場には童話を担当されている敬愛する戸田和代さんのお姿も。ただただ遠くより。といっても一瞬、ハレホレペケタリ~ ポン!

 今朝の朝日新聞に、絵本『うし』(絵・高畠純 アリス館)の広告を出していただきました。さきほどAMAZONを見ましたら、ど~ん! 蔵が建ちそうなランクに。一夜の夢でございましょう。

 その『うし』について聞かせ屋けいたろうさんがAMAZONに。 

2017年8月1日 

 

‪ 『うしうしろをふりかえった‬
‪ うしがいた‬
‪ そのうしろのうしもうしろをふりかえった‬
‪ うしがいた…』‬
‪ と続く麟太郎さんの詩に、純さんが描くとぼけた牛がお似合い。
 そして、オチが最高です。詩でこんなに笑ったのは、初めてです。‬
 保育者研修会でも先生方、大笑い。
 大人も子どもも自然と楽しめる絵本です。
 そして、読み聞かせにバッチリ。
 2017年、今年一番面白い絵本かもしれません。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ため息が出たピーターラビット展 | トップ | 波来亭さんは平和が好き »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
台風に追いかけられ (絵本の河)
2017-08-05 23:28:26
台風に追われる様に鹿児島から夕方帰って参りました。見逃せない麟太郎さんのコメントをみつけましたよ!「そのようなコーナーを設けて明るく旅立ちましょう。」何をおっしゃいます!麟太郎さん私より先に死なないで下さい。親の死に目にも会いたくなくて夜爪を切っていました。麟太郎さんがいない世界は、想像さえしたくないです。絵本がこの世から消えてしまいます。何だか、悲しいです。
世界の中心で叫ぶ! (メグ)
2017-08-06 00:26:52
先生、だから申し上げたでしょう。先生のあの発言で、全国の熱狂乾物的内田同盟の皆さんが、どんなに動揺されているか。先生のご発言は、大変に影響力があるのです。私だって平静では入られません。先生がいらっしゃらない世界などは。先生と先生の作品が大好きと、世界の中心で叫びたい!!!!
内田狸大明神 (メグ)
2017-08-06 00:53:05
先生、こうなったら、宗教法人を立ち上げられたら、いかがでしょうか? 税金も納めなくても良いらしいですから。先生はグルー。もしくは狸大明神。で、毎日、先生の思うところのナンセンスでシュールな詩や、絵本を信徒とともに、朗々と読み上げる。多分、女性の信徒が多いと思いますよ。いやいや、男性も多いでしょうね。先生は、体力保持と寿命を1日、1時間、1分、1秒でも、長くするため毎日、色っぽいお昼寝シスターズのダンスや歌を聴きながら、ヨガをやり、そしてお昼寝をする。もちろん、創作活動は、バンバンやります。横に可愛らしいお昼寝シスターズをはべらせながら。如何でしょう。なかなか良さそうでしょ?
お疲れ様でした。 (ひでちゃん)
2017-08-06 04:48:39
内田麟太郎さま
見たことのある風景、昨日はきむらゆういちさんのところだったんですね。お疲れ様でした。
眠っててさ ( 内田麟太郎)
2017-08-06 10:57:58
ひでちゃんさま
 だから、今朝、目が覚めたら9時間眠ってたさ。(笑)

絵本の河さま
メグさま
 どうってことはありません。もし大牟田市に「ともだちや絵本ミュージアム」が出来たら、わたしの没後にもお客さんに来てもらえるようにと考えたアイデアです。
 HPで、なんだかんだとみなさんが騒いでてくれたら、大牟田のミュージアムも噂になることでしょう。それがリンタロウさんの狙いなんです。ふふふふふ。では。
今日は涼しい (北の町から)
2017-08-06 12:18:03
風が爽やか。
ゆっくりお休みになられたようで良かったです。
眠れるのは若い証拠です。まだまだ大丈夫、安心しています。
涼しいのでこれから歩いてネタ探し。行ってきます!
これもミタイ (ことのん)
2017-08-06 12:22:30
リーゼントのだるまさんにやられました~
こちらもぜひ行ってみたい!

私事ですが、私、祐天寺にある幼稚園に通ってました。
昔の実家の最寄り駅です。
五本木は、世田谷と目黒の境目で、迷うと異世界に入り込みそうな路地がけっこうあるんですよ。


麟太郎さんは、あっちにも会いたい人がたくさん待ってるんだろうな~

次生まれ変わるなら、とりあえず海月がいいね。
ネタ ( 内田麟太郎)
2017-08-06 15:13:40
北の町からさま
 鮨ねた探しに魚市場。 !(^^)!

ことのんさま
 たしかいに迷路の町でした。
 あちらも迷路になっていると楽しそうですね。子どものころに戻りましょう。
麟太郎さま (聞かせ屋。けいたろう)
2017-08-06 23:07:56
こんにちは。
《聞かせ屋。けいたろう》です。
本当に楽しい絵本を、ありがとうございました!
各所で読ませて頂いております。
僕の未熟な紹介文を取り上げて頂いて、ありがとうございました。
とてもとても嬉しかったです。
ちょっとドキドキする程に。

今日は土用の丑の日ですから、鞄に入れて歩きました。
読む機会は、ありませんでした(笑)
美人女子大生 (メグ)
2017-08-07 00:32:16
先生、私は、先生のことをりんたろうさんなどと、決してお呼びできません。敬愛しておりますので。恐れ多くて、とてもじゃありませんが、そんな呼び方はできません。先生は、私にとって人生の道しるべとなる先生なのです。

今日、おはなし屋ことのは鳥の絵本ライブで、先生の伝説の絵本『じてんしゃきこきこ』は、まきこが、そして、私が、『うみへいきたい』を読みました。(女の闘いを回避するためです。)お客様の中で、日大芸術学部に通っている美人の女子大生の方がいらっしゃいました。その方は、受験の面接の時、先生の『ともだちや』が好きと言って、その理由を面接官に説明したところ、見事合格されたそうです。その方は、絵本作家志望だそうです。明るい絵本界の未来がここにも。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事