広告する日記

絵本作家・内田麟太郎オフィシャルブログ

高畠純さんの詩の挿絵

2017年09月17日 13時32分38秒 | 日記

 とびら絵 高畠純

 銀の鈴社より詩集『たぬきのたまご』の三稿が届きました。今日、初めて見せていただいた高畠純さんの挿絵に、う~んとなっています。
 詩を深く読みこんでくださり、詩一篇ごとに絵のスタイルを選びながら描いてくださっています。
 また、この詩には絵を付けないがいいなぁと判断されているページも。その呼吸が何ともいえずぴったりで。
 「まくら」という詩の絵は、もうこれはこれ以上にないという傑作で笑いました。
 来月の発売が楽しみです。

 高畠純さん ありがとうございました。

 本日は散髪屋さんと本屋をぶらぶら。
 それから詩集のゲラを読み返していました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銭湯絵師とはなんぞや | トップ | 雲よ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
恩人 (あわのゆりこ)
2017-09-17 14:29:17
以前、ある人に作品に対して心無い言葉を浴びせられ、打ちのめされていたとき、高畠先生がわたしの詩や物語をほめてくださり、書き続けることを強くすすめてくださったことで、創作を続ける勇気がもてました。いつか私も絵を描いていただける様に頑張ることが、恩返しになるような気がしています。詩集楽しみにしています。
父の言葉 ( 内田麟太郎)
2017-09-17 14:36:14
あわのゆりこ様
 詩を書くことは恥をかき続けること。というのが父の遺してくれた言葉です。
 いつか高畠さんに絵を描いていただけるといいですね。高畠さんもお年だから(*^_^*)、あと五年くらいで。300書いて、半分捨てましょう。
ボクの懐はさみしい?! (木枯らしモンジャロウ)
2017-09-17 16:19:03
高畠純さんは、懐の深い方なんですね。そういう方がいらっしゃるだけで、元気が出ます。
小銭だったら ( 内田麟太郎)
2017-09-17 16:28:02
木枯らしモンジャロウさま
 高畠さんは優しい方なんです。大学でも教えておられましたから育て方をご存知なんでしょう。
 珈琲くらいでしたら、ご馳走しますよ。
イベントデビュー (絵本の河)
2017-09-17 20:09:41
私のイベントデビューの絵本は、高畠純さん(絵)の「オレ・ダレ」でした。子どもたちとの掛け合いで大盛り上がりでした。高畠純さんの絵好きです。
その高畠さんの ( 内田麟太郎)
2017-09-17 20:55:13
絵本の河さま
 その高畠さんの絵です。画文一体。楽しみにお待ちください。
いいな、ったら、いいな (しいこ)
2017-09-18 13:29:51
呼吸が合うとすっごく嬉しいですよね!
読み込んで下さってると思うと本当に嬉しくなります。
気持ちがね ( 内田麟太郎)
2017-09-18 15:13:27
しいこさま
 高畠さんのお気持ちがね。こなしじゃなくて「いい詩集にしたい」という思いを担ってくださって。ただただ感謝しています。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事