広告する日記

絵本作家・内田麟太郎オフィシャルブログ

絵本「バスてい よいしょ」

2017年07月13日 20時18分38秒 | 日記

   童心社 1300円+税

 日本児童文学者協会と童心社の共同企画絵本テキスト大賞受賞作が絵本になりました。
 テキストは重松彌佐(しげまつみさ)さん、絵は西村繁男さんです。重松さん、おめでとうございます。

 ご覧の通り少年(しんごくん)がバス停留所を移動しようとしています。そこへ、江戸時代の駕篭屋さんがやって来て「なにごとだい ぼうず」「うちの まえまで もっていくんだ」「ぼうずにゃ むり、むり」。
 つぎに深編笠の浪人者が。「ながすぎるで ござるよ。わっはっは」。つぎに、お姫様が。「大きすぎるであろう」。
 さて次なるものは、お殿様の行列(田園調布辺りの町をネ)でありました。「そのほう なにをしておる」。しげるくんはそのわけを話します。これから先は……。お読みください。

 なんともこころぬくもるお話です。でも、こころぬくもるだけならマッタクツマリマセ~ン。それがナンセンスユーモアでふんわりとふくらみ、わたしたちを微笑ませてくれます。クライマックスは文字のない2見開きでしょう。しんごくんが二人で楽しみたい願いが、みんなのいっしょに楽しみたい願いが、画面いっぱいにあふれています。絵本ですねぇ。

 ちなみに、今年の絵本テキスト大賞の応募総数は、1073編。Aは461編、Bは612編。これから第一次選考が始まります。

 わたしは、体のもみもみのち歯医者さん。それから仕事部屋へ。詩誌『0』の推敲をしていましたが、ついに初稿とは全く別世界へたどり着きました。

 下の画像は、次女のイタチが神奈川から家族ツイッターに送って来てくれた画像です。市居みかさんとの絵本『ぼくだってトカゲ』(文研出版)が神奈川県推薦図書になっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有機ユーモア100%含 | トップ | 黄金バットも出て来てね »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
センター (絵本の河)
2017-07-13 21:40:17
「ぼくだってトカゲ」センターポジション実にいいですねぇ~
Unknown ( 内田麟太郎)
2017-07-13 22:20:57
絵本の河さま
 センターポジションとは気がつきませんでした。そういわれればそうですね。書店員さんに感謝しましょう。
一次選考 (ひでちゃん)
2017-07-14 05:39:36
内田麟太郎さま
いよいよ、選考開始ですね。お疲れ様です。
重松さん、よかったですね。楽しみです。北海道で会えますね。
センターポジション、指原莉乃ちゃんといっしょですね。選挙で決まるんですから……。
北海道 ( 内田麟太郎)
2017-07-14 08:23:14
ひでちゃんさま
 重松さんは北海道の方でしたね。わたしはまだお目にかかっていません。……たぶん。
 センターって売れるのかなぁ。(*^_^*)
気持ち (木枯らしモンジャロウ)
2017-07-14 09:14:50
入賞した絵本テキスト面白そうですね。停留所を移動しようという気もちがいいですね。
バス停 (しいこ)
2017-07-14 10:41:00
「バスていよいしょ」楽しそうな絵本ですね!
バス停害どうすると言えば、酔っ払いが運んだなんてことがむかーしあったような。
私じゃないですよ。
いい絵本に ( 内田麟太郎)
2017-07-14 18:55:37
しいこさま
 「バスていよいしょ」は、いい絵本になっていますよ。かなりいくんじゃないでしょうかね。期待しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む