広告する日記

絵本作家・内田麟太郎オフィシャルブログ

春爛漫 アホふたり

2017年04月25日 17時42分43秒 | 日記

     右・最上一平 左・東千代之助 撮影・関根和美 2017/4/23

 日本児童文学史に残るアホ二人。国立国際子ども図書館で保存決定。

 今日は千々松勲さんに15年ぶり?でお目にかかってきました。「会わない?」「いいですね」。わたしの最初の絵本『さかさまライオン』を出してくださった童心社の編集者です。そして長新太さんと運命の出会いをこしらえてくださった方です。長さんの胸を借りながら、わたしは絵本とは何かを学ばせていただきました。いまから思えば日本一厳しく、そして日本一贅沢な絵本塾でした。
 長新太さんと千々松勲さん。わたしが絵本を一生の仕事にしても悔いはない、と教えてくださった恩人です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アホが書く自由のために | トップ | 黄金週間は大分・湯平温泉へ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハハハハ (北の町から)
2017-04-25 17:31:55
開いたとたん声出して笑った。
さすが東千代介!
之がないんだよね😅
訂正 ( 内田麟太郎)
2017-04-25 17:45:42
北の町からさま
 笑激! ありがとうございます。
 身につかない二枚目。東千代之助と訂正させていただきました。
素敵だ! (しいこ)
2017-04-25 17:56:20
あんら~
なんていいお写真でしょ。
最上さんも、麟太郎さんもとってもいい表情してらっちゃいます♪
何くわえてるのかな? ストローにも見えるけど。
あらすいません (北の町から)
2017-04-25 18:02:21
わざと書いてないと思っていました。
いちかわらいぞう(なんと変換されない!)かっこよかっなあ。
あんら~ ( 内田麟太郎)
2017-04-25 20:07:12
しいこさま
 ストローでございます。
 一平さん、てかりもいいけど、顔色もいいね。

北の町からさま
 雷蔵さんも浮かんだんですが畏れ多くて。ほどよいところで千代之助さんに。
一平さん (絵本の河)
2017-04-25 21:36:19
一平さん、酔ってますね。
ノンアル (うるうる)
2017-04-25 21:56:47
>はむらのノンアルのお二人。写真から。主人公ノンアル君が、一平さんの口もとから流れ、麟太郎さんの袖口へ入って行ったら、楽しいファンタジーが生まれるのではないかなと、そんな奇抜な物語を考えて楽しんでいました。『00のぼうけん』なんちゃって。ホ~~イノ ホイ。
子ども心! (木枯らしモンジャロウ)
2017-04-25 22:17:21
いいですね!こういうことができるのは、子ども心があるからです。きっと、夏目漱石はしなかったでしょうね。
きょうは、秀さんと神楽坂でした。蕁麻疹とのゲリラ戦です。
ハハハハハ (ひでちゃん)
2017-04-26 05:56:44
内田麟太郎さま
アンポンタン、ここにあり!
若くて美人の ( 内田麟太郎)
2017-04-26 07:36:43
絵本の河さま
 ちょっぴりだけですね。帰りは素面と同じでしたから。

うるうるさま
 あきません。それだけは若くて美しい女性でお願いしま~す。

木枯らしモンジャロウさま
 漱石さんのあのお髭げが付け髭だったら面白いですけどね。蕁麻疹。一週間のんびりできたら治るでしょうに。ふけてください。

ひでちゃんさま
 羽村の文化は沈没寸前です。ああ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事