広告する日記

絵本作家・内田麟太郎オフィシャルブログ

絵本「したじきくんとなかまたち」

2017年03月21日 19時18分29秒 | 日記

   作・二宮由紀子 絵・山村浩二 アリス館 1300円+税

 二宮由紀子さんと山村浩二さんのコラボですから、てっきりナンセンス絵本かと思って読んだらマジメな絵本でした。
 でも、もちろん、もちろん、正しいだけのつまらな~い絵本ではありません。
 それどころか新一年生になる子どもたちの背中を、「だいじょうぶ」とやさしく押してくれる作品です。そう、ひとりぼっちの不安を。
 したじきくんは、はじめての学校が不安です。ひとりだと思っていたけしごむにだって、えんぴつたちという仲間がいていっしょに筆箱に。「ぼくも」と一緒の入りたくても大きいくんは……。クレヨンの仲間に入れてもらおうと思っても、クレヨンの箱にも入れません。色鉛筆の箱にも。そこへ。

 午前中は立川でアリス館の末松由さんと、高畠純さんが描いてくださったナンセンス絵本「うし」のラフスケッチをはさみ楽しき雑談を。「高畠さん、挑戦されてますよね」「はい」と末松さんはにこにこ。7月をご期待ください。

 午後からは秋田方面や福岡方面などにお礼状を。それから出版契約書に署名したり捺印したり。

 五月五日は、「西村繁男× 内田麟太郎」へお出かけください。 

5月3日~5日に上野の森・親子フェスタがあります。日本児童文学者協会の担当は5日です。サインセールあり、ワークショップあり、占いあり、読み聞かせ会あり、盛りだくさんです。なお、5日には国際子ども図書館で 内田麟太郎さんと西村繁男さんの対談があります。たくさんのみなさまのお越しをお待ちしております。Blog更新しました。↓ 上野の森 親子フェスタご案内 - 20階...

   Facebook 加藤 純子

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田は北国でした | トップ | 児童文学者と絵本作家は「共... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心の中で! (木枯らしモンジャロウ)
2017-03-21 21:14:11
五月五日の「西村繁男× 内田麟太郎」は、ビッグイベントですね!行きたいのですが、きっと児文協のテントの中ですね。心の中で、対談を聞きたいと思います。
今日の番号は、サイコーです。「皆よい(3741)」でした。
いいですね!船長さんは、順風満帆ですね!!
われ良い ( 内田麟太郎)
2017-03-21 22:27:58
木枯らしモンジャロウさま
 他の人はどうでもいいですよ。モンジャロウさんだけ幸せになってください。 !(^^)!
 そうですね、理事はテントになりますね。五日は持ち場で頑張りましょう。
二宮由紀子さん (ひでちゃん)
2017-03-22 06:22:15
内田麟太郎さま
二宮由紀子さんといえば、「ナンセンス絵本を書く理由」の『日本児童文学3・4月号』ですね。昨日も寂しい数字を見て来ました。「上野の森」が決戦場になりました。
保存版 ( 内田麟太郎)
2017-03-22 06:55:04
ひでちゃんさま
 アリス館では『日本児童文学』の「今号は保存版だ」といっておられるそうですよ。西村さんとの対談でも忘れずにPRしましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む