猫語り

気ままに猫について語ったりします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二人の距離

2010年09月11日 | Weblog

じ~~


ちょっと仲良さげ
このあと、風雅がりんちゃんにとびかかって、喧嘩になった^^;

まだまだ仲良くなれない2匹です。
お互い、相手のことは気になっているんですけどね。
風雅はりんちゃんが大好きで、りんちゃんを見つけたらすぐに駆け寄って行って、クンクンしたりすりすりしたりするのですが、りんちゃんは風雅が苦手なようで、風雅が来ると猫パンチで追い返します。
それでも風雅はりんちゃんに突っ込んでいくので、見ていてハラハラします。
あとは、お互いしっぽが気になるようで、しっぽを見るとじゃれたくてうずうずしています。
早く仲良くなってくれるといいなあ。

それにしても、風雅は3ヶ月になったばかりなのに、でかい!
前足を見るとわかりますが、風雅は骨格ががっしりしていて、足はりんちゃんより太いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眠たい

2010年09月05日 | Weblog

なんだか眠くなってきた…


ああ、もうだめ。


おやすみなさいzzz

なんでもない日常風景なのですが、そんな姿すら可愛くって幸せになっちゃいます。

拍手ありがとうござました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くつろぎ中

2010年09月01日 | Weblog
かばんの上に乗ってくつろぎ中。


▲少し遠くから
 
なんかかばんにお腹の肉がはさまっているし、足もピーンとなっててプルプルしそうだし、なんでこんな体勢でくつろげるんだろう。
りんちゃんがうっとり幸せ~~って顔をしているからいいのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風雅のこと

2010年08月31日 | Weblog
そうそう、風雅との出合いを書いてなかったですね。
うちの近くに映画館があるのですが、2階が映画館で、1階にゲームセンターや岩盤浴やコーヒーショップが入っているのです。その一角にペットショップが今年オープンしました。
見たい映画があって映画館に行って、ついでにペットショップを覗いたところ、かわいい子猫が7匹もいるじゃないですか。
お互いじゃれあって遊んだり、猫ベッドで寝ていたりと、いつまで見ていても飽きませんでした。
その中にいたのが風雅です。
その日はず~~っとお昼寝していて、全然お顔は見れませんでした。
そのせいで、余計に気になったんでしょうね。
次の週も気になって映画館に行ってしまいました。
「私は映画が見たいの。猫なんてついでよ、ついで。」なーんて、自分に言い訳までして。
1週間たったし、いなくなっているかな~と思ったら、その7匹はそのままペットショップにいました。
その日は風雅も起きていて、かわいいお顔を見せてくれたのですが…
他の猫たちに転がされ、お乳を吸われておりました。
風雅は嫌がって抵抗していたのですが、同じくらいの体格の猫2匹に付きまとわれ、転がされ、なすすべなくお乳を吸われるという、男の子にとって屈辱的な姿をさらしておりました。
しばらく見ていたのですが、2時間くらいずっとそんな状態でした。
映画の時間になったので映画を見に行ったのですが、映画の間も風雅が心配で気になって仕方ありませんでした。
映画が終わって、ペットショップももう閉店になる時間だったのですが、もう一度風雅を見にペットショップへ行きました。
活発的でかわいい風雅。
でも、この中にいたらあんな風に猫たちにお乳を吸われ続けるのかなあと思ったら、家に連れて帰りたい気持ちでいっぱいになってしまいました。
もう、いてもたってもいられなくなって、風雅を抱っこさせてもらったら、ものすごく人懐っこくって、全然嫌がらずに抱っこさせてくれました。すごく甘えてくれて、本当に本当にかわいい!
うちにはりんちゃんもいるし大丈夫かなあ、と不安もありましたが、そのまま風雅を連れて帰ってしまいました。
いきなりりんちゃんと一緒にするとお互いびっくりしちゃうので、今は部屋を別々にして暮らしています。
風雅はお部屋自体はすぐに気に入ってくれたらしく、連れて帰ったその日から楽しそうに遊んでくれました。ご飯もいっぱい食べたし、膝の上に自分から乗ってきて甘えるしで、幸せでした^^
なんだか、最初からうちの子になる運命だったのかなあと思うくらい、自然にうちになじんでくれました。

りんちゃんはというと、風雅を連れて帰ってしばらくは私に近寄らなくなってしまいましたが(風雅のにおいがするみたいで…泣)、最近は普段の甘えん坊に戻っています。
朝おなかの上に乗ってきて甘えたり、今までしなかったような甘え方もするようになってきました。かわいい!
風雅とも少しずつ打ち解けているみたいです。

りんちゃんだけの時も楽しかったけど、猫2匹との生活もかなり楽しいです。
それぞれ個性があるし、見てて飽きない!
風雅を見ているとりんちゃんの小さいころを思い出して、あんな頃もあったなあと懐かしくなったり。
やっぱり、誰が何と言おうと、猫が好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4コマ風

2010年08月30日 | Weblog
猫じゃらしの気持ちは、お友達の六七質さんとrenoさんが考えてくれました。

風雅はとっても元気な男の子です。
猫じゃらし大好きv
大興奮で追いかけて遊んでいます。
最近キャットタワーで遊ぶことも覚えました。
日々成長しています。

りんちゃんとは、今は別のお部屋で暮らしています。
でも、風雅はりんちゃん大好き。
部屋のドアを開けると、すごい勢いで部屋から飛び出し、りんちゃんのところへダッシュします。
んで、くんくんしたり、すりすりしたり、鼻と鼻を合わせてあいさつしたり。
最初はりんちゃんも大人しくしているのですが、風雅がしつこいと、シャーって怒って猫パンチします。
猫パンチ、けっこう痛そうなんですが、それでも風雅は気にしない様子で、りんちゃんを追いかけてます。
見ているほうはけがしないかドッキドキです。
りんちゃんは風雅が好きではないみたいですが、気になってはいるみたいです。
いつも風雅の部屋のドアの前にいるし、ドアを開けようとして、ドアをカリカリしています。
最近、風雅がご飯を食べるのをじ~っとみつめるのが、りんちゃんの日課になりました。
早くなかよくなってくれるといいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです

2010年08月22日 | Weblog
お久しぶりです。
リアルでの生活が忙しく、記事を書いていませんでした。すみません。
記事を書かない間に、いろんなことがありました。

去年の12月、りんちゃんに腫瘍が見つかりました。
背中にできたのですが、最初は背骨かな、と思ったのですが、やっぱり違う。
病院に行ったところ、何かしらの腫瘍の可能性が高いということでした。
サイズも小さいし、悪いものではなさそうということでしたが、残しておくのも嫌なので、手術で取ることになりました。
ところが、手術するまでの間にどんどん腫瘍は大きくなり、最初5mm大だったのが、手術をするころには2cm大になっていました。
12月下旬、手術。
しばらくして病理の結果が返ってきたのですが、病名は「悪性線維性組織球腫」
予防接種に含まれるアジュバント(予防接種の効果を高めるために入っているもの)によって引き起こされる癌で、とても悪性度の高い腫瘍です。
早いと、術後1ヶ月もしないうちに再発するほど凶悪な腫瘍。
足にできた場合、足を切断しないといけなくて、仮に切断してもすぐに再発してしまって亡くなってしまうような腫瘍ということでした。
治療としては手術と放射線療法がメインで、補助的に化学療法(抗がん剤治療)を行うそうです。
ただし、化学療法はあまり効果がないようで、すぐに再発してしまうことが多いみたいです。
りんちゃんの場合は、術後傷がある程度良くなったら化学療法を行う方針になりました。(残念ながらうちの近くには放射線療法ができる施設がないのです。)
ただ、早ければ1ヶ月もしないで再発してしまい、再発したら取れれば手術で取るけれど、正直予後は厳しいといわれました。

結果を聞いて、おかしくなるんじゃないかと思うくらい泣きました。
どうしてりんちゃんに腫瘍ができてしまったんだろう、私が何も考えずに予防接種させていたからかな、私がりんちゃんを大事にしていなかったから罰があたったのかな、りんちゃんが死んでしまったらどうしよう、もっともっとりんちゃんに楽しい思いをさせてあげたかった……
今までの生活を後悔しました。
そんな私に、りんちゃんは一晩中寄り添っていてくれました。
まだ手術したばっかりで傷も癒えていないのに、精一杯私を慰めてくれました。
そんな優しいりんちゃんにまたホロリとなって、涙が止まりませんでした。
こんなにいい子なのに、どうしてりんちゃんが病気になってしまうんだろう。
代われるものなら病気を私が代わってあげたい。
でも私には何もできない。
私は今までずっと何もしてあげられなかったダメな飼い主なんだと、今更になって思い知らされたのです。

1月中旬、抜糸。
この段階ではまだ再発はありませんでした。
りんちゃんの背中には天使の羽根の模様があるのですが、手術でちょうどその場所を剃毛されていて、私は天使の羽をもいでしまったのだと、ぞっとするような気持でりんちゃんの背中を見ていました。
傷自体はとてもきれいで、先生が丁寧に手術をしてくれたんだなあと、うれしくなりました。
すぐに化学療法開始。
本来は3剤併用で行うのですが、りんちゃんは腎臓が小さいため腎臓に負担が掛けられず、1剤のみで化学療法を行いました。
それでも副作用が出やすい体質らしく、嘔吐がひどく、白血球がさがってしまいなかなか次の治療に進めず、脱毛によりひげがなくなってしまうような状態でした。
そんな状態でも、りんちゃんは最後までがんばって治療を受けてくれました。
病院嫌いがさらにひどくなり、最後のほうは先生の顔を見るだけで吐いてしまっていました。

現在術後8ヶ月。今のところ再発もなく、りんちゃんは元気にしています。
先生からは、「正直術後すぐに再発してしまうと思っていた。小さいうちに発見できて手術できたのがよかったんでしょうね」と言われています。
毎日いっぱいなでなでしていて良かった。
すぐに発見できてよかった。
何にもしてあげられない私だけど、まだ一緒にいることが許されるのであれば、ずっとずっと一緒にいたい。
毎日りんちゃんが傍にいてくれることは当たり前なんかじゃなく、とても貴重な時間なんだと気づかされました。
まだまだ安心できるような状態ではないですが、できる限りのことはしてあげたいです。
といいつつ、毎日コスプレ大会をして楽しんでいます。
写真左から、妖精さん、浴衣、ワンピースです。


話変わって。
うちに新しく猫がやってきました。(写真下段)
2ヶ月半のメインクーンの男の子です。
綿毛みたいにふわっふわで、人懐っこく甘えん坊で、耳が大きくってかわいい子です。
名前は「風雅(フーガ)」君。
メインクーンらしく、威風堂々として優雅な子になってほしいものです。
おとなしそうな見かけによらず、やんちゃで怖いもの知らずな性格なので、この先が楽しみです。
風雅のことはまたいずれ日記で紹介しますね。

かなり長々となってしまいました。
なんというか、りんちゃんが病気になってしまった現実が受け入れられなくて書けないでいたのですが、やっとすっきりした気持ちです。

拍手ありがとうございました。
さぼっていてすみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま~

2009年03月10日 | Weblog
ただいま~!
島から帰ってきました、りんたです。
壱岐はお肉もお魚もおいしくて、海も綺麗ですっごくよかったですよ!
はしゃぎすぎて初日に風邪をひいたりしましたが、それもまたいい思い出。
あ、ちゃんと仕事もしましたよ?

絵は前回の魔女っ子です。
妙に気が強そうになっちゃいました。
ゲームのプロフ用に描いたもので、調子に乗ってアイコンも作っちゃった。アイコン楽しいかもしれないvv

ゲームといえば、こっそりゴルロア再開してました。
海賊兄妹とウォルナット家のパン職人を稼動していたのですが、2年半たった頃に海賊妹とパン職人が引退。現在海賊兄が冒険を頑張ってます。
海賊兄は3年以上頑張っているから、すごくうれしい^^巨大ムカデも余裕で討伐しちゃうし。
ある程度依頼が選べるようになったのが、かなり大きいかもしれません。
もっともっと長生きしてね。


[絵描きの創作歴史バトン]
ミサワさん宅から回ってきました。
確かに年齢ばれるけど、このブログ読んでいる人には年齢バレバレなので気にしないよ。
ってなわけで、いってみましょう。

■絵描きの歩み

・保育園
普通の園児でしたよ。お姫様の絵とか、よく描いていた気がします。
でも今その絵を見たら、どう見てもお姫様に見えない色の塊だ^^;
この頃からすでに絵心なるものは崩壊していました。

・小学校
低学年くらいのときに、読書感想画でスイミーの絵を描いたのですが、なぜか海を紫に塗り、先生にものすごく怒られました。
このへんから絵が嫌いになっていきます。
教科書にのっている人物の写真に落書きするのは、好きでしたけどねえ。

・中学校
そろそろ美術の授業とおさらばしたいくらい、絵が嫌いになっている頃です。
漫画や絵は描くものじゃないよ、見るものだよ!っていう時期ですね。
絵がものすっごくへったくそで、授業で描くたび涙目だった記憶が…
創作は好きだったので、小説を書くことにはまっていた頃です。人には見せられない黒歴史が詰まってます。

・高校生
美術との縁が切れ、ちょっと嬉しい時期です。音楽大好き(でも歌は音痴)
ちょこっとだけバンドもやってました。
小説大好きで、読むのも書くのもはまっていた時期ですね。恥ずかしすぎて人には見せられないよ。
絵に関しては、漫画を読むのは大好きだけど…という感じです。
でも、小説のキャラに外見イメージを描いてあげたいと思うようになってました。(周りの文字書きさんはほとんどみなさん絵描きさんで、小説の挿絵を自分で描いたりする人が多かったので、憧れていたのです)

・大学生
顕微鏡のスケッチくらいしか絵を描くことがなかった…はずだったのですが、ネサフ中にお絵描き掲示板なるものを発見。
試しにいじってみたのですが、全くもって絵になりませんでした。(謙遜でもなんでもなく、本当に絵にならなかった)
それが妙に悔しくて、何でもいいから絵っぽいものを描きたい!と、お絵描き掲示板にはまってしまいました。
りんたの絵を描く原点はここですよ。
だいぶ遅いですね。

・いい大人になる
絵を描くのが楽しくて苦しくて辛くて仕方ない、今です。
でもやめられなくなっちゃった。
きっと、自分の絵が嫌いで嫌いで仕方ないから、ちょっとでも好きになれるように描き続けているんだと思います。

■影響を受けた作家や絵師さんはいますか?
今までに出会った全ての絵師さんに影響受けまくりです(笑)
基本的に自分というものを持っていないので。

■今まで描(書)いた中で一番楽しかったものは?
う~ん、何かなあ?
VS板で描いた天使と小悪魔の絵(初めて2人セットで描いた絵)が楽しかった記憶があります。

■作品を描(書)いていて変わった事、嬉しかった事、悩み事
・変わった
絵を描くようになった事自体、自分は変わったなあと思います。

・嬉しかった
いろんな人と、絵を通じて交流できるようになったこと。
その中で、「上達したね」って言ってくれる方が居てくれたこと^^
劣等感の塊なので、その一言が涙出るくらいに嬉しかった。

・悩み
やっぱり絵が下手なこと(笑)
あとは自分の絵柄が嫌い。可愛い絵柄になりたい

■今までの作品の癖みたいなもの
女の子ばっかり。あと、頭でっかち。背景、男、筋肉、メカ描けない。

■アナログとデジタルではどちらが作品を創りやすいですか?
断然デジタル。アナログで描くということがほとんどない。

■作品を描(書)く上での理想と現実
理想:
背景まで描き込んで、自分にしか描けない世界を描きたい。
キャラも世界観も個性的で魅力的な絵が描けるようになりたいんだ。

現実:
んなもん、描ける訳がない。
ちまちま落書きしているだけです。

■作品を描(書)く上で学んだ教訓
自分の頭の中に描きたいものが明確にありすぎると、逆にそのイメージを描けない自分に凹みまくって、結局絵自体描けなくなってしまうことかな。
なんとなくあるイメージを、絵を描きながら膨らませていくと、最後まで絵にできることが多いです。(「塔のある街」の絵がその例)

■これからチャレンジしたい事
今まで描けないものにチャレンジしていきたいです。
というか、そもそも描ける物がないんだけど…^^;

■次に回す歴史が知りたい5人
バトンキャッチしたい方、どうぞ。

長くなったので、拍手お返事は次で!
遅くなってしまい申し訳ないです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきます

2009年02月28日 | Weblog
仕事で壱岐に行ってきます。
1週間島生活ですよ。
楽しみ^^

拍手ありがとうございました。
コメントもありがとうございます^^
ちょっとばたばたなので、お返事は帰ってきてからさせてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコの日

2009年02月22日 | Weblog
ものすごく週記になってますね、ここ。

今日はネコの日ですね。
りんちゃんは今日も可愛かったです。うふふ
年を取るごとにどんどん甘えん坊になって、可愛くなっていっている気がします。
本当に、大好き!!

拍手押してくださった方、ありがとうございました^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世の中はバレンタイン

2009年02月15日 | Weblog
絵はゴスロリチックな魔女っ子。
今まで描いてきた絵をあわせた感じです。(主にアリアとスゥとハニー)
もうちょっと顔を可愛く描いてあげたかった。
お胸は久しぶりにモリモリ描いたので、かなり楽しかったです。
たまには巨乳も大事。

そうそう、世の中はバレンタインだったんですね。
自分は1個もチョコあげてません。乙女失格です。
逆にチョコをたくさんいただいて、おいしく食べてます。
チョコマカロン激うま!ロイズの生チョコもうまうま。
そんな私はダイエット中…

拍手押してくださった方、ありがとうございました!
元気の源です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加